『キングスグレイブ FF15』感想 映画からゲームが未来を受け継ぐ物語

前々から気になってはいたのだけれど、観ていなかったので今更ながら視聴。というのも、ゲーム本編の序盤を遊べる体験版が配信されたので、プレイ前に観ておこうと思ったからです。で、観ておいて大正解。映画が公開されてからしばらくの間、観た人のTLでの感想が概ね好評だったので期待はしていたのですが、予想外に楽しめました。これ、「FF」ファンだろうとなかろうと、『FF15』をやる予定があろうとなかろうと、普通に楽しめるんじゃないかと。

前日譚のようで前日譚でない、ちょっと前日譚

『キングスグレイブ FF15』はゲーム本編に先立って公開された映画版で、内容はゲームの前日譚のようなもの。"ようなもの"というのは、厳密には前日譚ではないからです。ゲームは主人公・ノクティス王子が母国を旅立つところからはじまりますが、この映画ではその直前からしばらく後の時系列となっています。なので、ゲーム序盤に王子がいないところで起こっていた出来事なので、過去編ではないわけです。

で、映画の内容なんですが、2時間近くあるうちの半分以上がバトルシーンだった印象です。最低限の世界観を説明したらまずは派手なバトルシーンを見せて、そこから人やら国やらがあれこれやってるパートを挟んで、戦いがはじまったら最後までずっとバトル。この構成自体は珍しくもなんともありませんが、後半のバトル展開が1時間くらいある。まるで「ガルパン」みたいな構成。もちろんいろいろ挟むけども、もうガンガンバトる。バトり続ける。でも退屈しない。すごい。

バトルはCGだからこそのダイナミックなカメラワークで展開するのでかなり派手。ところどころ目が追いつかないくらい、目まぐるしく動く。特に、武器を放り投げた先にワープする「シフト」というゲーム本編のアクションをバリバリ使うのが目まぐるしさに拍車をかけてます。でもカッコイイんだよね、これが。高速移動系の能力は男の子味だと思うわけですよ。

CGなんですよ

そういや言い忘れてましたが、これフルCG映画なんですよね。観ていればCGだとはわかるんだけど、顔の表情なんかは自然すぎてちょくちょくCGであることを忘れるレベル。"不気味の谷"と言われたら映画「ファイナルファンタジー」が真っ先に話題にあがっていたのですが、本作はその谷を超えてしまった印象。『キングスグレイブ FF15』が不気味の谷にかけた橋はもう叩いても割れそうにない。

特にレギス王。吹き替えだと磯部勉ボイスなこともあってハリソン・フォードにしか見えなくなって困ります。もうハリソン・フォードでよくね? しかも側近が銀河万丈なんだぜ? 将軍なんてグラディエイターだぜ?

ただ、この凄まじいCGのクオリティに負けてしまってるのがヒロインの声。主人公とヒロインの声はどちらも声優ではありません。主人公の方はたまに微妙なところがなくはないのだけど、悪くはない…というか、本職声優ではないのにこれなら全然イケるのに対し、ヒロインは正直厳しい。声優以外をキャスティングしたのが悪い方向に出ちゃうヤツだなぁと。ちなみにこのヒロイン、ゲーム本編でもヒロインとして登場するはずだろうから、ちょっと心配。(※追記 ゲーム版のヒロインの声は別の人が担当しているので杞憂でした。)

映画がゲームに未来を託す時

それはさておき、『キングスグレイブ FF15』では未来をかけて戦った主人公たちがその未来をゲーム版の主人公たちに託すことで終わります。これってかなりアツくないですか。そりゃゲームに先立って公開された映画なのだから、これは当然の帰結のように思えるかもしれません。でもこれ「FF」なんですよ。かつてはゲームとして映画的なおもしろさを目指し、その後自身も映画になった「FF」なんですよ。その「FF」の映画が、今度はゲーム本編に未来を託す。アツいじゃないですか。

物語が終わり、スタッフロールの後半に現れる『FF15』のタイトルロゴ。そして流れ出すめちゃカッコイイ音楽。あの曲のタイトルは「APOCALYPSIS NOCTIS」で、その前に流れている曲は「NYX」なので、ニックスからノクティスへ、映画からゲームへのバトンタッチになってるわけです。アツい。アツすぎる。

でもね、このアツいバトンを受け取る4人組のラストシーンね。なんなの。たぶんスタッフロールの後にゲーム本編に繋げるためのシーンがあるだろうとは予想してましたけどね。あまりの温度差に「それいるぅ?」ってなってしまいました。いや、いるんだけどさ。あの壮絶なバトルを経てスタッフロールでカッコイイ音楽を浴びせられてからの"スタンドバイミー"数分前の映像は脳が処理しきれませんよ。なんなの。

にしても、よくよく考えたら王子たちがスタンドバイミーしてる頃は調印式よりも前だろうから、時系列的にはちょっと巻き戻ってるんですよね。映画での出来事がゲーム版ではどのように描かれるのか、楽しみなところであります。おそらく詳細な描写はないでしょうから、『FF15』をプレイ予定の方は今のうちに映画を視聴しておきましょう。体験版ですら印象が大きく変わるはず。

ちなみにボクはGoogle Playで見ました。レンタル半額クーポンを配っていたので。

スポンサーリンク

フォローする