Microsoft Wedge Mobile Keyboard (U6R-00022) レビュー

最近モバイル機器用のBluetoothキーボードを買い替えました。以前使っていたものも悪くはなかったのですが、今度のキーボードは打鍵感が段違い。モバイル用のコンパクトなキーボードでもこんなに快適にタイプできるようになっていることに感動しつつレビューです。

Microsoft Wedge Mobile Keyboard レビュー

Microsoft Wedge Mobile Keyboard (ウェッジ モバイル キーボード) | Microsoft Hardware

出先でスマートフォン+Bluetoothキーボードでポチポチしていることも結構あるのですが、長らく使っていたELECOM製キーボード(コレ)からMicrosoftの「Wedge Mobile Keyboard」へ乗り換えてみました。

結果的にこれが大正解。実はキーボードやマウスといったハードウェアに定評のあるMicrosoft製、さすがといったところでしょうか。もともと使っていたモノも悪いわけじゃないのですが、モバイル用キーボードの出始めの製品だったので、進化を続けた最近の製品にはかないません。最近といっても発売1年以上前ですけど、その分お手頃なお値段に下がってきてくれています。実売価格は5000円以下で、この価格帯のキーボードではダントツの高品質なのではないでしょうか。

Wedge Mobile Keyboardの仕様とか

Microsoft Wedge Mobile Keyboard

外箱はこんな感じで、中身はキーボード本体とキーボードカバー、単4電池2本が入っています。

電池はキーボードの裏側のスタンド部に収納します。電池ケースはプッシュオープン式。反対側はBluetoothのペアリング用のボタンになっています。

Microsoft Wedge Mobile Keyboard

キーボードのサイズは10.1 x 25.7 x 2.1cmで持ち運べる大きさでも打ちやすいスペースが確保できている感じ。折りたたんだりはできませんが、薄いのでカバンの中で邪魔になりません。見た目はスッキリしていてかなりカッコイイ。重さはキーボードだけなら約236g、カバーが約207gとなっています。両方含めると400g以上なのでちょっと重いかも。

Microsoft Wedge Mobile Keyboard

キーボードカバーはゴムっぽい材質でマットな手触り。キーボード表面をすっぽり覆ってくれます。このカバーを外すと自動的にキーボードの電源がオンになり、カバーを装着するとオフになる、という仕組みになっています。便利なのですが、電源のオンオフに重たいカバーが必須ということに。どうしてもカバーを持ち歩きたくない場合は、電池を外してしまえばいいのかも。

Microsoft Wedge Mobile Keyboard

とはいえ、このカバーは中央で折り曲げてタブレットやスマートフォンを置くスタンドとしても使えるようになっているので、やっぱり持ち歩いた方がいいかと。スマートフォンを置くにはちょっと厳しいかもしれませんが、Nexus5を縦置きすればギリギリ許容範囲って感じなので、参考までに。

こちらはカバー裏に貼ってある使い方の説明シール。カバーの材質上、ホコリが付きやすいです。

Microsoft Wedge Mobile Keyboard

Bluetoothのペアリングは1台まで。なので、別の機器で使いたい場合はその都度ペアリングする必要があります。複数のデバイスで使いまわす用途には向かないかもしれません。

実際に使ってみた感想とか

実際の使用感ですが、やはり打鍵感の良さですね。これに尽きます。これまで、モバイル用キーボードはコンパクトになっているのだから打鍵感が犠牲になるのは仕方のないことだ、と思っていましたが、このキーボードはそんなことを感じさせません。かなり薄いキーで浅いストローク、かつキーとキーの隙間のないレイアウトですが、打ち心地はすごくいいです。

Microsoft Wedge Mobile Keyboard

ちょっと気になったのはキーのレイアウトで、十字キーの上下がかなり小さいのでタイプミスをしやすいことでしょうか。といっても、これは慣れでカバーできそう。

これまでは「モバイル用キーボードだから多少打ちづらくても仕方ない」と諦めていたのですが、いやーモノが違えばこんなに打ちやすくなるものなんですね。ガマンしていたことを激しく後悔…、もっと早く買い替えておけばよかった。

PCでもキーボードはケチってはいけない部分だと認識していますが、モバイル向けでもそれは変わらないようです。といっても、「Wedge Mobile Keyboard」は実売5000円以下くらいまで値下がってきています。低価格帯に片足突っ込んでる値段でこの品質は抜群のコストパフォーマンスではないかと。

そんなわけで、「モバイル用キーボードが欲しいけどそこまでバリバリ使う機会もないので安く抑えたい…でもちゃんと打ちやすいものが欲しい」なんていうワガママな需要にマッチする製品かと。これよりさらに安価なキーボードもいろいろありますけど、安物買いの銭失いになるくらいならもうちょっとだけ予算を上乗せして「Wedge Mobile Keyboard」にしましょう。本当に打ちやすいのでオススメ。

マイクロソフト ブルートゥース キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022
マイクロソフト (2012-09-07)
売り上げランキング: 1,220
スポンサーリンク

フォローする