シバ山ブログ的Game of the Year 2016

Game of the Year 2016

2016年も年末。ということで今年リリースされたゲームでボクがプレイしたゲームの中から個人的に印象深いものを挙げていこうと思います。言うまでもないことですが、完全に独断と偏見によるもので個人の感想です。念のため。

ベストグラフィック
Hyper Light Drifter

hyper light drifter レビュー記事掲載のおしらせ

もっとも印象に残ったグラフィックはコレ。ジブリアニメの影響を受けた終末的な世界を独特な色彩によるピクセルアートで描き出しており、歩き回るだけでゾクゾクできます。アクションRPGとして難易度のやや高い内容ではあるものの、プレイするならぜひとも最後まで見届けていただきたい1本。縮地ダッシュでシュンシュンしてるだけでも気持ちいいのでぜひ。

ベストリメイク
オーディンスフィア レイヴスラシル

オーディンスフィア レイヴスラシル 本作の名物ポエマー・オズワルド

過去の名作がキレイになって再登場することがすっかり珍しくなくなったご時勢ですが、そんなリメイク作品の中で強烈なインパクトを残したのが本作。HD画質に合わせてキレイになっているとか細かな改善とかではなく、ガッツリと変更がなされて別のゲームとして生まれ変わりをみせております。リメイクってレベルじゃねえぞ。すげえ。

【オーディンスフィア レイヴスラシル】レビュー あのころ夢見た理想の姿で生まれ変わった終焉の物語
『オーディンスフィア レイヴスラシル』をクリアできたのでレビューなど。今回プレイしたのはPS4版。2007年に発売されたPS2版のリメイクとなる本作ですが、現代の画質に合わせたHD版、というだけでなく、ゲームシステムを大幅に改善しており、もはや別物といっても過言ではない内容に生まれ変わっています。8年前、「何か思ってたのと違う…」と嘆いていたアナタ、あのとき想像していた理想の『オーディンスフィア』...

ベストFPS
Titanfall2

titanfall2 信じて!

初代である前作ほどのインパクトはないものの、確実に完成度を高めた続編になってくれた本作。テックテストの段階では不安を感じる調整方針だったのですが、フタを開いてみれば間違いなく遊べるゲームになっておりました。待望のシングルキャンペーンも追加され、その内容もロボットとのバディものとして最高級の出来。信じて! にしても、今年は大作FPSの発売時期があまりに集中しすぎじゃありませんこと?

【Titanfall2】シングルキャンペーン感想 タイタンはサムズアップしても沈まない
『Titanfall2』では前作にはなかった待望のシングルキャンペーンモードが追加!ということでマルチプレイを差し置いて早速プレイしました。序盤は「なるほど、あのタイタンフォールにシングルモードがつくとこんな感じかー」くらいの無難な感触だったのですが、中盤以降の展開はストーリーとゲームの両方から一気に引き込まれました。BTいいよね。

ベストメトロイドヴァニア
Momodora: 月下のレクイエム

Momodora:月下のレクイエム

メトロイドヴァニアというか「キャッスルヴァニア」フォロワーとして至高の1品。歯応えはあるけどムズかしすぎない難易度にするために、敵の攻撃1発1発を重たくする、という方針が採用されているのが特徴です。つまり、初見では「1発で7割持っていかれた!?痛ってぇ!」となるのですが、わかってしまえば全ボスノーダメージも夢じゃない。繰り返しプレイすることまでキッチリ考慮された良作かと。あとカホちゃんかわいい。

ベスト対戦格闘ゲーム
BLAZBLUE CENTRALFICTION

BBCF

“歪み”を感じるほど激しい攻めが展開できる「ブレイブルー」シリーズの最新作にして完結作。今回は新システム「エクシードアクセル」によって誰でも1回は切り返せるようになったのがデカイ。「アクティブフロウ」の追加でコンボ判断がより重要になったように感じますが、コンボ判断で差をつけよう、というコンセプトは現代の格ゲー全般の流行にも思えますね。ちなみに、ボクはヒビキを使っていたのですが、コンボがカンタンでやれることも多く、極端な苦手もなくそこそこ強い、という絶妙な立ち位置だったことでずいぶん楽しく遊ばせていただきました。あっ、楽しく対戦ばかりしていたので記事1本も書いてないや…。

残念賞
The Division

the division ダークゾーンのヘリポートは楽しい場所

友人とCOOPしながらクリアを目指すだけならオススメできるがクリア後のやり込み要素をやるならばオススメしかねる本作。ネットゲームなんだから初期はボロボロでもアップデートが続けばいつかは良作に…という期待もあったのですが、「下方修正はしないよ!上方修正ばっかりだよ!」と散々強調した翌週には下方修正のパッチノートを出してくる運営スタイルには閉口。別にバランス調整のために下方修正するのは別段かまわないのですが、なんでウソつくの? あまりに不誠実な運営によってボクのエージェントの未来は閉ざされました。素材は最高なだけに、本当に惜しい1本。

【The Division】「ファルコンロスト」というエンドコンテンツの消失
ウィルステロにより崩壊したマンハッタンでエージェントとして戦う世界観、そしてTPSとRPGを見事に融合させたゲームプレイ。『The Division』は逸材なタイトルとして順調な滑り出しを見せていたかに思えたが、ここへきて風向きが変わりつつある。発売から1ヵ月の今、大型パッチでエンドゲームコンテンツを謳う「Incursion」を配信したUBIソフトだったが、その内容、運営方針ともに非常にマ...

Game of the Year 2016
ペルソナ5

ペルソナ5 弱点を突いて再行動は変わらず

圧倒的でした。洗練されたグラフィック、オサレな音楽、魅力あふれるキャラクターと世相を反映したテーマにキャッチーなストーリー。前作「ペルソナ4」という自社の作り上げた最高のハードルを悠々と超えていってくれました。メニュー画面1つとっても驚きにあふれ、冒頭の「この物語はフィクションです」という当たり前の定型文でさえも驚きで満たしてくれる。これらは”当たり前”を徹底的に疑った結果なのでしょう。超優良な前作を持ちつつ、その上に胡坐をかくことなく先へ進もうとする製作者魂には感服。

【ペルソナ5】レビュー 「心の怪盗団」は時間だけじゃなく心も盗んでいくトリックスターだった
奴はとんでもないものを盗んでいきました。私の時間です。というか、現在進行形で盗まれ続けております。クリアまで86時間もかかったというのにそのまま2周目をはじめてしまったところ、プレイ時間が100時間を突破。Take your timeってレベルじゃない。しかしまだまだ飽きる様子はなく、むしろ3度の飯も忘れてずっとプレイしていたいくらいであります。とはいえ、いい加減どこかで区切りをつけなけれ...

そんなわけで2016年も終わり。今年プレイしたゲームをリストアップしてみたところ、去年よりも本数が減っていたのですが、1本あたりのプレイ時間は延びた気がします。別にそういう傾向があるという話ではなく、単に今年ボクが選んだゲームがそういうタイプのゲームだったというだけですけど。ちなみに、『デレステ』をはじめスマートフォンのゲームにもモリモリ時間を持っていかれているのですが、揃いも揃って去年から継続しているヤツばかりなので当記事には入っていないという。アンキモ!アンキモ! それではSteamのセールでも眺めつつ、よいお年を。

スポンサーリンク

フォローする