【セブンスドラゴン2020-Ⅱ】プレイ日記 13班進攻中~最終回 裏ダンジョン踏破完了!

クリア後に解放される隠しダンジョンを進む13班。最後に待ち受けていたのは、またあの人。

130426-211421-720x480i-000304_R.jpg

セブンスドラゴン2020-II 公式サイト

クリア後に解放された裏ダンジョン。挑まないわけにはいきませんよね。

ラスボスを倒した13班は意気揚々と足を踏み入れたのですが、割と地獄が待っていました…。

前回のプレイ日記は以下からどうぞ。
【セブンスドラゴン2020-Ⅱ】プレイ日記 13班進攻中~終章クリア ついに最終決戦!

本気で殺しにきてる裏ダンジョンのドラゴンたち

裏ダンジョンは、ここまでに進んできたダンジョンを切り貼りしたような内容。前作と同じ、ドラクエ5形式といえばイメージしやすいでしょうか?

スタートは国会議事堂から。待っていたのは初代から皆勤賞のアイテルさん。

130424-191257-720x480i-002116_compressed.jpg

国会議事堂のエントランスでは、これまで散っていったNPCたちが待っています。ここでは敵とのエンカウントもなく、静かなスタート。ダイゴのように「やっぱり生きてた」ってわけではないので、死者の言葉がとてもつらい。

130424-231811-720x480i-002116_compressed.jpg

この奥のフロアからは敵が出現します。

フロア内をうろつくドラゴンとは別に、通常エンカウントする敵もすべてドラゴンになっており、しかも複数同時に出現するとか、殺す気満々です。

130424-234556-720x480i-002116_compressed.jpg

ちょっと待てや!という状況。最初のフロアからこんなんです。1体につき2回行動してくるドラゴンが多数でやってくるので、帝竜なんかよりよほど厳しいです。

しかも、経験値の稼ぎもおいしいわけでもなんでもなく、本当にただキツイだけの戦闘になってしまっています…。正直に戦う価値がないので、「ステルス」でエンカウントを抑えて、ドラゴンを避けながら進むという、ちょっと違ったゲームになってます。

このダンジョンで徘徊しているドラゴンは、倒しても一旦ダンジョンから引き上げると復活してしまいます。壁になっているドラゴンは倒せば復活しないものの、倒さなければ進めない場所が多数。しかも、壁の後ろに他のドラゴンがセットされていたり…。

130425-043828-720x480i-000114_compressed.jpg

徘徊するドラゴンは、倒せば各職業の最強武器を落とすこともあるようです。サムライの刀だけはゲットできました。前作の最強武器と同じですね。

130426-194057-720x480i-002958_compressed.jpg

すべての帝竜と再戦 そして懐かしい顔ぶれも

各フロアの最後にはこれまで倒してきた帝竜が待ち構えています。大幅に強化されているとはいえ、攻撃パターンは同じなので、同じ対策で容易に突破できました。

130425-184156-720x480i-002827_compressed.jpg

こちらのスキルも充実しているので、まったく同じ戦い方にはなりません。炎と氷が両方備わり最強にみえるサイキックの「フロストバーン」などはその典型で、もはや弱点を突く必要などありません。威力もそうですが、追加効果の状態異常も強烈で、麻痺で動けなくなる帝竜もちらほら。

130425-031022-720x480i-000117_compressed.jpg

ただ1体、インソムニアにだけはちょっと苦戦させられてしまいました。本編よりも即死の成功率が上がっていて、ほぼ確実に死ぬため、即死対策のアクセサリが必須なのですが、1人分足りずに転がりまくり。戻って買ってくればよかったのですが、面倒くさがってそのまま強行したのが失敗だったかも。

130425-175048-720x480i-000236_compressed.jpg

各フロアで少しずつ語ってくれるアイテルさんと???さん。初代『セブンスドラゴン』と直接的に繋がっているのは裏ダンジョンだけでしょうか。

130425-184116-720x480i-002116_compressed.jpg

すべての帝竜を倒した先、待ち構えているのがショウジ。前回戦ったとき、イズミを先に倒した場合に見せるパワーアップ状態で戦闘開始になるので、火力がめっちゃ高い。

他のボスは、ボス前に回復ポイントがあるのですが、この人だけは完全に不意打ちでやってきます。直前に門番ドラゴンと戦っているので、消耗した状態になってしまうのも厳しいポイント。

130426-150122-720x480i-002116_compressed.jpg

とにかく火力が高いので、簡単に犠牲者が出てしまい、立て直すのも苦労させられました。全体攻撃の「ワイドショット」の命中率が低いので、アイドルの「スルーリアクト」をかみ合わせることで攻略。この兄妹は戦闘民族すぎる。

そして、その先で待ち構えていたのが、なんと前作のラスボス、ニアラさん。チョリーッス、お久しぶりッス。

130426-151954-720x480i-061320_compressed.jpg

さよならッス。

どうしたんですかニアラさん。これといって苦戦することもなく、注意すべき点もなく、ラクラク撃破。本当に何をしに来たんでしょう。

もちろん、これで終わるわけもなく、最後の最後で待っていたのは、前作と同じく人類戦士タケハヤ。

130426-152905-720x480i-010922_compressed.jpg

やってくることもほとんど前作と同じですね。攻撃回数の多い「SKY」でボコボコにされ、実質即死攻撃の「超高速スピン」と、相変わらずキツイ相手です。「サンダーブレス」の威力と麻痺効果も厄介。

130426-212405-720x480i-021806_compressed.jpg

前作で戦ったときは、「ドラゴン幼体」をガツガツ使って奥義を連発して倒したのですが、今回はもうちょっとディフェンシブに耐える戦いを仕掛けました。「丹田法の訓」で体力を高めつつ、回復はアイテムをどんどん投入していくスタイル。「プレリザレクション」も全員にかけて「超高速スピン」に備えます。

攻撃の主砲はアイドルの「シャッフルV」。タケハヤは飛行系なので、空中特効のスキルが通ります。奥義でスーパースターになってからの「シャッフルV」連発が本当に強い。300以上のダメージを3~6回なので、チャージから奥義よりも手軽で強い攻撃になっている上に、EXゲージの溜まりも早いオマケつき。さすが新職業といったところでしょうか。

130426-212405-720x480i-002526_compressed.jpg

終わってみれば「ドラゴン幼体」を1つも消費せずに撃破。といっても、初見では倒せず、前作同様「ドラゴン幼体」をドカ食いする作戦も試したのですが、結局はスーパースターに頼るのが1番ラクだったかも。回避を高める装備構成にしておけば、「ドライアイス」と合わせてかなり避けるのも強み。

130426-212405-720x480i-045037_compressed.jpg

少々レベル上げもやったので、最終的にはLv95になっていました。ここまで上げなくても倒せると思いますが、レベルを上げたところで、スキルがうまくかみ合わないと倒せないので、レベルよりもスキルと、その使い方、作戦次第ですね。

裏ボスも前作と同じ、ということで、ちょっとガッカリ感もあったのですが、前作のように奥義でゴリ押しして無理矢理倒したのではなく、キッチリ倒した感があって、ちょっぴり達成感を味わえました。

そんなわけで戦いは終了です。今度こそ本当にお疲れさま13班。

130426-212905-720x480i-001743_compressed.jpg

クリア後のレビューは以下の記事でどうぞ。
【セブンスドラゴン2020-Ⅱ】クリア後レビュー スタンダードなRPGの完成形がここに

セブンスドラゴン2020-II
セブンスドラゴン2020-II
posted with amazlet at 13.04.26
セガ (2013-04-18)
売り上げランキング: 34
スポンサーリンク

フォローする