【DUELYST】競技性の高いターンベースなストラテジーがKickstarterとSteam Greenlightに登場

ワンプレイは短く、シンプルだが奥深い、そんな対戦型シミュレーションのようです。
100以上のユニットから構成した部隊での1on1対戦がメイン。
開発チームには「Diablo3」や「Rouge Legacy」に関わったベテランたちの姿も。
duelyst02_R
Duelyst

DUELYST by Counterplay Games — Kickstarter
Steam Greenlight :: DUELYST

『DUELYST』はチェス盤のようなマップにユニットを配置した対戦型ストラテジー。
シンプルですが、奥深く、競技性の高いゲームを目指しているようです。

開発チームにはBlizzardで「Diablo3」や「World of Warcraft」、SCEAで「Resistance」や「ラチェット&クランク」に関わっていた人や、「Rogue Legacy」や「Chasm」に関わった人など、実力者が集まっているようです。Blizzardでコンペティティブなんて聞くと、それだけでテンションの上がっちゃう人も多いのではないでしょうか。

さまざまなスキルやアビリティを備えた100を超えるユニットから部隊を構成ができるようで、かなりのバリエーションになりそう。

プレイヤー1対1の対戦がメインであり、もちろんオンラインにも対応予定。
duelyst03_R
ゲームモードは、あらかじめ用意された部隊で対戦する「Ranked Draft」、自分で作った部隊で対戦する「Ranked Normal」、ランクマッチではないカジュアルな対戦ができる「Practice Casual」、そしてAIと練習できる「Single Player」が用意されるようです。

1回の対戦は30分くらいの短時間に収まるように考えられているようです。
たとえば、ランクマッチでは1ターンの持ち時間が90秒に制限されているなど、テンポよく対戦が進みそうな感じですね。
Duelyst Trailer – YouTube

ビジネスモデルとしては「this is NOT pay-to-win!」ということで、お金で勝利を買うタイプではないことを強調されています。

PCとMac向け、それからChromeやFirefoxといったブラウザ上での動作も予定しているとか。
PS4やXbox One、PS Vita向けのバージョンは今後ストレッチゴールに追加されるとのこと。
iOSやAndroidなどモバイル向けも同じく資金次第で展開されるかも?という感じですね。

本作はもともとは非電源系のボードゲームとして生まれたそうですが、それをデジタルでオンライン化してみようということで企画が進行したそうです。
duelyst04_R
KickstarterのFAQでも、この非電源のバージョンを望む声もあり、開発チームとしても資金があればやりたい的なことが書いてあるような。

リリース時期は2014年Q4ということで、年内の配信を目標にしているようです。
Kickstarterページでは、ストレッチゴールなどがまだこれから更新されていくようですが、すでに目標金額の半分くらいを集めており、期待度の高さがうかがえますね。

参考:
Duelyst: a squad-based strategy game from former Diablo 3 developers | Polygon
シンプルな新作ストラテジー『DUELYST』のKickstarterが開始、開発陣には『Diablo III』などのスタッフも | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

スポンサーリンク

フォローする