【DUELYST】KickStarterで出資額$110,000を突破し日本語を含む多言語へのローカライズが決定 対戦の動画も公開

『DUELYST』は「Diablo 3」や「ROGUE LEGACY」のスタッフが手掛ける競技性重視のストラテジー。KickStarterでの資金募集期間あと5日のところで多言語対応のストレッチゴールを達成しています。祝・日本語化!

Duelyst
DUELYST by Counterplay Games — Kickstarter

『DUELYST』は「Diablo3」や「World of Warcraft」、「Rogue Legacy」などに関わっていたスタッフが開発中のターンベースのストラテジーゲーム。1回の対戦にかかる時間は30分程度と短めで、競技性を重視した内容が予定されています。

Blizzardでコンペティティブと聞いて期待の声も大きかったためか、KickStarterでプロジェクト開始から1週間程度で目標金額を達成していましたが、今回はさらにそこから金額を伸ばして3つ目のストレッチゴールを達成しました。

参考:【DUELYST】Diablo3やRogue Legacyスタッフの手掛ける競技性の高いストラテジーがKickstarterで早くも目標金額達成

3つ目のストレッチゴールは多言語への対応。
フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、日本語、韓国語、中国語が含まれます。
はい、日本語もあります、やったぜ。
Duelyst_stretchgoal
順調に資金を集めている『DUELYST』ですが、プロジェクトの期間は残り5日。
KickStarterはプロジェクトの最初と最後に大きく伸びる傾向にあるので、最後の5日間でどこまで伸びるか期待しましょう。

1on1の対戦プレイの動画も公開されています。
3分50秒ほどの動画ですが、対戦が開始されてから決着までが収まっています。
1戦の時間は短くなっているところはコンセプトどおりですね。
DUELYST – First Gameplay Preview – 1v1 Match Playthrough – YouTube

ユニットを召喚して、さまざまなスキルを駆使して対戦しているようすがわかりますね。

『DUELYST』はすでにSteamのGreenlightも通過済み。
2014年内にリリース予定となっていますが、多言語への対応は英語版リリースよりも後になるかもしれませんね。

Duelyst
DUELYST by Counterplay Games — Kickstarter
Steam Greenlight :: DUELYST

スポンサーリンク

フォローする