【AGDQ2016】目を閉じたままマイク・タイソンを倒す『パンチアウト!!』が圧倒的だった話

AGDQ2016_punchout

毎年、年始恒例のスピードランのチャリティーイベント「Awesome Game Done Quick」(AGDQ)が今年も開催されました。毎度のごとく、いずれ劣らぬ精鋭たちが繰り広げるスーパープレイの連続なのですが、その中でも個人的に印象に残ったパフォーマンスが『パンチアウト!!』です。

今回の『パンチアウト!!』は、2人のランナーが同時にプレイするレース形式で、どちらが先にクリアできるのかを競いながら行われました。プレイに使用されたのは日本のファミコン版『マイクタイソン・パンチアウト!!』です。(海外版はタイソン不在なので日本版なのです)

で、ここまでは普通なのですが、今回は”Blindfolded”、つまり、目隠しプレイなのです。2人のランナーは目隠しをした状態で『パンチアウト!!』をプレイし、クリアしようというのです。もちろん、AGDQはスピードランの祭典ですから、ただクリアするだけではなく、すごい勢いでクリアを目指すわけです。

「○○なんて、目を瞑っていてもできる」なんて言いまわしがありますけど、目を閉じたままタイソンを倒すなんて無茶苦茶です。鼻からスパゲッティどころではありません。実際にプレイした人ならわかると思いますが、このゲームのタイソンはめっちゃ強いですからね。でも、そんな変態的プレイをやってのけるのだからアメイジング。しかも、2人同時に。もうね、意味がわかりません。わかりませんが、とにかくすごい。

Twitchの録画では、以下のアーカイブの14:16:00あたりから。音のみを頼りにするプレイスタイルになるため、ギャラリーは拍手すらなく静かなものですが、終わった後にはスタンディングオベーションの大歓声。何気にレースとしても僅差の接戦でアツイ。華麗なプレイに目隠ししていることを忘れそうになりますが、目隠ししていてコレですからね。すげぇ。

Watch live video from GamesDoneQuick on www.twitch.tv

スポンサーリンク

フォローする