【カルチョビット】ファーストインプレッション サッカー観戦的な楽しさのあるちびちび育成ゲーム

クラブチームの監督として選手を育成していくサッカーゲーム『カルチョビット』。試合を直に動かせない代わりに、観戦しているような楽しさがあります。

20131006_143042_R.jpg

ポケットサッカーリーグ カルチョビット

ニンテンドー3DSの2本買うと1本もらえるキャンペーンでもらった『カルチョビット』を1シーズン遊んでみたところの感想です。キャンペーンについては以下の記事で内容とか手順とか書いてます。

ニンテンドー3DSソフト2本買うと1本もらえるキャンペーンで実際に1本もらってみた

『カルチョビット』はサッカーのクラブチームを監督として運営していくシミュレーションゲーム。サッカーのシミュレーションはいくつかあると思いますが、『カルチョビット』はかなりシンプルでお手軽なシミュレーションではないかと。なので、サッカーに詳しくないボクみたいな人でも楽しめています。

思わず見ちゃうちびキャラの試合

ゲームの流れは、サッカーの試合と選手の育成のサイクルです。試合中にできることも、育成でやるべきことも非常にシンプルになっています。

20131006_144001_R.jpg

試合は練習試合や親善試合、リーグ戦といろいろありますが、プレイヤーは監督なので基本的にやることはありません。スタメンとフォーメーション、大まかな指示を出したら後は選手にまかせるのみ。試合中にできるのは選手交代くらいですね。

20131006_143736_R.jpg

なので、試合中は眺めているだけになるのですが、ちびちび動くドット絵風の小さいキャラクターがとってもかわいい。かわいいだけでなく、けっこうサッカーしている動きなので思わず見入ってしまいます。意外とアクションも豊富。

よーく見ていると、ライン際でペットボトルの水を被ったり、ベンチ付近でウォームアップをはじめていたりします。

20131006_143319_R.jpg

練習試合は45分、それ以外の試合は90分となっており、実時間だと5~10分くらいで終わります。試合中は自動で進むので、極論、放置でもかまいません。ネットを見るなりトイレに行くなり好きに過ごせます。

だというのに、気付いたら試合を見てしまっているのですよね。ちびキャラがかわいいのもありますが、けっこうサッカーの動きをしてくれているので、うまくパスが繋がらなかったり、なかなかシュートが決まらなかったり、サッカー観戦特有の「じれったさ」みたいなものがあると思うのです。決まりそうで決まらないから決まるまで見ちゃう的な。

ちびちび強化が実感できる育成

試合中に監督が「課題」を発見し、指摘することがあります。この課題が選手を特訓をするため育成カードとして入手できます。ようするに、育成するには試合をやるしかない、ということです。

20131006_143705_R.jpg

育成カードを使った特訓により、選手1人1人のパラメータがちょっとずつ伸びていきます。ちょっとずつしか伸びませんが、あまり試合と特訓を重ねすぎると、疲労がたまって怪我をしてしまうこともあるので、悩ましいところです。

少しずつしか伸びないとはいえ、1シーズン終わる頃には強化を実感できる程度には強まっています。育成ゲームで強さを実感できるってのは重要ですよね。試合の結果だけでなく、試合中の動きからも手ごたえを感じられる、ってのはかなりうまくできているのではないでしょうか。だからこそ、やっぱり試合を見ちゃうわけです。

20131006_143902_R.jpg

とはいえ、ゲームスタート時のフレッシュリーグでは強さを実感できたものの、ジャパンカップでいきなり強豪と当たってしまったときは0-7という大差で惨敗。相手チームの選手をみるとパラメータが段違いだったので、先はまだまだ長そうです。

ポケットサッカーリーグ カルチョビット
任天堂 (2012-07-12)
売り上げランキング: 1,041
スポンサーリンク

フォローする