【朧村正】DLC第2弾「大根義民一揆」レビュー 3人でやるのが現代版の「いっき」

絵巻物風ビジュアルが特徴的な『朧村正』のDLC第2弾は百姓一揆を題材としたもの。本編のバッタバッタと斬り倒す壮快アクションとは一味違った内容になっていました。よくよく見ていると、あちらこちらに「いっき」との共通点があったり。

amarec(20140116-2018).avi_003609222_R

別売ダウンロードコンテンツ「元禄怪奇譚」第二弾『大根義民一揆』:特集:PS Vita『朧村正』公式サイト

一揆は一人や二人でするものではない? じゃあ3人でやろうぜ!というノリなのかどうかは知りませんが、3人でやります。

ヴァニラウェア製の美しいグラフィックと壮快な剣劇アクションの『朧村正』。PS Vita版では4つのDLCが予定されており、今回の「大根義民一揆」は第2弾です。

DLC第1弾に続いて、今回も新キャラクターと追加シナリオという内容になっています。今回のプレイヤーキャラクターはお百姓さんで、やることは一揆。もちろん、アクションもかなり違ったもので、新たなボス敵も登場します。

amarec(20140116-2130).avi_001489938

追加シナリオは2~3時間程度でクリアできます。DLC第1弾もそのくらいだったので、同じくらいを想像すればちょうどいいかも。

こう聞くとボリュームがないように思われるかもしれませんが、クリア後には本編のボスたちと戦えるようになるのはDLC1弾と同じ。すべてのボスを倒せば、結末が少し変わるというご褒美付きなのも同じです。遊び尽そうとするなら、結構なボリュームになるはず。

DLC第2弾を最後まで遊んだ後の感想はこちら。
【朧村正】DLC第2弾「大根義民一揆」 2つ目の結末まで到達したので感想など(※ややネタバレ含む)

ちなみにDLC第1弾のレビューはこちら。
【朧村正】DLC第1弾「津奈缶猫魔稿」レビュー 新キャラの新アクションで全編遊べる低価格最大ボリュームの追加コンテンツ

3つの武器を使い分けて3人(と1人)で戦う

本編では3本の刀を使い分けていましたが、今回は3種類の武器になっています。

武器は、くわ、竹やり、かま、の3種類。振りは重いが火力のあるくわ、威力は控えめだが使いやすい竹やり、飛び道具だが消耗が激しいかま、といった感じ。

これだけでは妖刀村正や猫又に比べて心もとない戦力に思えるかもしれません。実際、忍者や侍ですら苦戦させられます。こちとら百姓ですから、当たり前なんですけど。

とはいえ、ただの百姓ではありません。これらの武器にも妖刀村正と同じく霊力ゲージが存在します。ゲージが満タンのときに武器を切り替えると、全体攻撃の叫びが発生し、仲間を呼びます。

amarec(20140116-2130).avi_001203185_R

呼び出された仲間は、分身のようにプレイヤーに続いて攻撃してくれます。シューター的にいえばオプション、格ゲー的にいえば幻影陣みたいなイメージでしょうか。

仲間は最大で2人まで呼べるので、最大3人で戦うことになります。たとえ百姓といえども、3人もいれば忍者も侍も相撲取りも倒せるってわけです。

仲間たちはある程度ダメージを受けると帰ってしまうので、いかに3人の状態を維持できるかが攻略のポイントですね。

さらにもう1人、主人公の死んだ妻が幽霊として助けてくれます。彼女はジャンプ中に引っ張ってくれるので、かなり長い時間飛んでいられます。他にも、攻撃スキルや特殊技などでも助けてくれます。

amarec(20140116-2018).avi_002583330_R

こんな感じで、本編ともDLC1弾ともまったく違ったアクションになっています。

さすがに戦闘能力はイメージ通り、あまり高くはなく、本編のようなバッサバッサと斬り捨てる壮快感はありませんが、アクションとしての楽しさが別方向に伸びた感じ。といっても、鍛錬でスキルが増えればコンボも伸ばせますし、百姓のナリで空中コンボとか決めていると、なんだか愉快な絵面が楽しくてたまらなくなってきます。

といっても、このお百姓さんたちは実直で真面目でハートは熱い、という感じで、シナリオでは「やだ、カッコイイ…」と思えます。いやほんとに。

amarec(20140116-2018).avi_004164860_R

あの「いっき」との共通点が…

ゲームで一揆といえば、あの「いっき」を思い浮かべる人も多いと思います。実は、今回の「大根義民一揆」では、「いっき」との共通点がかなり見受けられます。オマージュなのかリスペクトなのか、ともかく意識して作られてるんじゃないかな、と。

まず、こちらの主人公は権兵衛ですが、「いっき」の主人公は権べ。仲間の名前は田吾作ですが、「いっき」の2Pは田吾。もうこれだけでも「あっ」って察せるかもしれませんが、極めつけは見た目。

それではご覧いただきましょう。

amarec(20140116-2018).avi_000686836_R
20140117_033020_R

髪型に鉢巻、赤い鼻にヒゲと特徴はすべて一致。おしくも服の色が違うので、すべて一致、ではなく、大体合ってる、でしょうか。「いっき」では1Pと瓜二つの色違いだった田吾も、ほぼ色違いの田吾作になっています。

武器のかまと竹やり、敵が忍者、女の幽霊と、その他にも探せばまだまだあるのかも。一揆を題材にしているのだから、武器はともかく、忍者と幽霊は関係ないですし。

明らかに異なる点として、2人ではなく3人いる、ということ。この記事の冒頭に書いた「一揆は一人や二人でするものではない」は、みうらじゅん氏が「いっき」をクソゲーと茶化したときの言葉。じゃあ3人ならいいよね、という思いが込められていたりいなかったり、するのかどうかはしりません。

そんなわけで、百姓で大暴れする「大根義民一揆」は現代版「いっき」なのかも。『朧村正』をお持ちなら、500円で悪代官をブッ飛ばしにいってみてはいかがでしょうか。

amarec(20140116-2130).avi_002556220

それにしても、このクオリティであと2つもDLCが待っているだなんて、本当に楽しみですね。

PS Vita『朧村正』DLC第二弾 元禄怪奇譚『一揆-大根義民一揆-』プロモーション映像 – YouTube

朧村正 (特典無し)
朧村正 (特典無し)
posted with amazlet at 14.01.16
マーベラスAQL (2013-03-28)
売り上げランキング: 440
スポンサーリンク

フォローする