【Transistor】1stインプレッション 美しいグラフィックと音楽と作り込まれたシステムと大量の英文と

「Bastion」開発者が送る新作アクションRPG『Transistor』をはじめました。SFな世界観で美しいグラフィックと音楽に酔いしれつつ、複雑なアップグレードシステムに右往左往しながら進めています。

Transistor 1stインプレッション

『Transistor』はじめました。最初に見たときからグラフィックと音楽にビビっとくるものがあったので、日本語化していないにも関わらず突撃してしまいました。

実際にプレイしてみると、予想していた以上にグラフィックがキレイ。音楽はすでにサントラが公開されているので全曲聴いていましたが、やはりゲームで流れてこそ本領を発揮しますね。ちなみに今回はサントラとセット購入してます。単体で聴いてもすごくいい曲が揃っているので。

参考:【Transistor】ステキなサウンドトラックがBandCampとYouTubeで公開

グラフィックはこんな感じでとっても美麗。どこを切り取っても絵になる美しさです。公開されているトレイラーでわかっていることでしたが、やはり大画面で表示すると印象が変わりますね。だってこんな光景がずっと続くんですよ?

Transistor 美しいグラフィック

練り込まれていそうなバトルルシステム

ゲームの内容については、すでに海外レビューでいわれているとおり、複雑なアップグレードシステムに戦略性の高いバトルがかなり練り込まれている印象。難易度もなかなかの高さで、ザコ敵との通常戦闘でもまったく油断できない感じですね。

Transistor バトルの難易度はなかなかの高さ

本作はリアルタイムなアクションRPGですが、時間を止め、指定したアクションを一気に行うシステムがあります。停止中に移動も攻撃も指定できますが、スキルにはそれぞれコストが設定されているので、強力なスキルを連発はできません。ここはなんとなく「FF13」のバトルを彷彿とさせるかも。

強力な時間停止ですが、時間停止能力を使った後はしばらく攻撃ができなくなります。強力な分、リスクもちゃんとあるわけです。時間停止だけではさばききれないので、手動のアクションも合わせて使う必要があり、この使い分けが攻略のポイントになっている感じですね。雑な戦い方をしているとあっという間に体力を削られるので1戦1戦キッチリやっていかないと厳しいです。

Transistor ザコ戦でも油断できないバトル

セーブポイントはザコ戦1戦ごとに設けられているようなので、難易度は高いけど親切設計といった感じ。体力がゼロになっても即ゲームオーバーではなく、セットしていたスキル1つがしばらく使用不可になる、というペナルティを受けるようになっています。

量で攻めてくる英文という強敵

ただ、もっとも厳しい強敵は英語。Steamの説明は日本語で書かれていますが、ゲーム本編は日本語に対応していません。ボクは英語に自信がないのでストーリーはわからなくても仕方ない、という覚悟の上だったのですが、複雑なアップグレードシステムのため、スキル説明を満足に読めないのは厳しい。

各スキルにこんな感じでバックグラウンドストーリーがあったりします。

Transistor スキルのバックグラウンドを解説する大量の英文

時間をかければ読めるはずなのですが、実際に試してみればいいや、って感じで試行錯誤しながら進めているので余計に時間がかかっている可能性も。いやー説明書読む前にスイッチ入れちゃう系の人間はいけませんね。

他にもマップに点在する端末からさまざまな情報が得られます。こんな感じですさまじいテキスト量。RPGなのでテキスト量があるのは当然かもしれませんが、背景を補足するような情報が散りばめられているので、想像していた以上の量です。

Transistor 点在する端末にも情報がいっぱい

といってもいまのところゲームの進行で困ることはないので、なんとかなるんじゃないかなと。ストーリーがぼんやりとしか理解できていないのが悲しいところですけど…。

前情報どおりの複雑なアップグレードシステム

複雑なアップグレードシステムはこんな感じ。4つのボタンにそれぞれスキルを割り当てるのですが、それらのスキルに別のスキルを組み合わせることで効果が変わってきます。たとえば、通常攻撃に爆発スキルを組み合わせて範囲攻撃にするとか、範囲攻撃のスパークに魅了効果を合わせて複数の敵を同時に魅了するとか。

Transistor 複雑なアップグレードシステム

スキルは威力や範囲、射程だけでなく、連打できる速度とか時間停止時のコストなんかもあるので、カスタマイズは非常に戦略性に富んでいる印象ですね。上の画面でサブスキルとして組み合わせているスキルをメインスキルとして運用することもできるので、組み合わせのパターンはめっちゃ多いです。

攻撃するスキルだけでなく、壁を抜けて瞬間移動できるスキルや、犬を召喚するスキルなど、バリエーションも豊富。もちろん、そういったスキルも他のスキルと組み合わせが可能なわけです。さらにスキルにはパッシブな効果もあったり、ボーナス効果っぽいリミッターもあったりと、本当に複雑。

とはいえ、前述のとおりバトルはザコ戦でもそれなりに辛い調整なので、スキルカスタマイズをおろそかにするわけにもいきません。いろいろとスキルの組み合わせを試行錯誤しながら1戦1戦じっくり進めていく感じで、これはかなり練り込まれているのではないかと。

Transistor Redさんかわいい

そんなわけで『Transistor』をプレイ中です。RedさんかわいいよRedさん。

※2014/5/29追記
2周クリアしたのでレビュー記事を書きました。
【Transistor】レビュー 美しいグラフィックと音楽に自由度の高さが魅力のアクションRPG

Supergiant Games | Official Web site for the creators of Bastion and Transistor.
Steam:Transistor

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] 【Transistor】1stインプレッション 美しいグラフィックと音楽と作り込まれたシステムと大量の英文と […]