【Logicool G430】レビュー コストパフォーマンスに優れたゲーム用ヘッドセット

ゲーム用に調整されたヘッドセット『Logicool G430』を買ったのでレビュー。値段の割に7.1chサラウンド、デジタルUSB接続、ノイズキャンセリングマイクと必要な機能が揃っているのでコストパフォーマンスがいい感じ。外観と仕様、それに実際に使った感触など。

logicool Gaming headset G430 レビュー

PCでSkypeに使っていたマイクが寿命のためか調子が悪くなったので新しいマイクを、ということでLogicoolの『G430』を購入。『G430』に決めた理由は、安物は避けたいけどそんなに高級な音質を求めているわけでもない…というボクの要望にフィットする仕様と値段のバランスだったからです。

Logicoolのゲーム用ヘッドセットは『G430』の他にもワンランク下の『G230』とワンランク上の『G35』がリリースされていますが、今回は中間のモノを選択。『G230』との違いは7.1chサラウンドの有無とデジタルUSB対応、『G35』との違いは専用のキーがついているなど色々です。中間の『G430』を選んだのは、『G230』と値段の差はそれほど大きくないのでサラウンド機能くらいはいただきたい、ってことと、『G35』に追加されている機能は特に必要ない、ってことです。

参考:ゲーミングヘッドセット- Logicool

今回は『G430』の外観と主な仕様、それに実際に使ってみたところの使用感などを書いていきます。

外観とか仕様とか

パッケージはこんな感じ。黒と青で清涼感あふれるカラーリングになっています。

logicool Gaming headset G430 パッケージ外観

取り出すと中身はこんな感じ。パッケージと同じ青いカラーリングが目を引きます。イヤーパッドだけでなく、ケーブルも青いので非常に目立ちますが、いろんなケーブルが混在していると判別しやすくなります。ヘッドセットの他にデジタルUSB変換ケーブルが付属しています。

logicool Gaming headset G430 本体と付属品

左側についているマイク部分は折りたたみ方式。折りたためばミュートになるという機能はありません。柔らかい素材になっているのでフレキシブルに左右へ曲げられます。

logicool Gaming headset G430 マイク部分

ケーブルの中間についているボリュームとマイクのスイッチ。手元でマイクのミュート操作ができます。裏側はクリップ状になっています。

logicool Gaming headset G430 ボリュームスイッチ

とっても青いイヤーパッド。青い、マジ青い。目に悪いくらいの青さですが耳につけるので問題ないかと。イヤーパッドは通気性のよさそうな布製。取り外して水洗いすることもできます。かなり大きめなので耳がすっぽり入る感じになります。

logicool Gaming headset G430 イヤーパッド

ヘッドセット上部はこんな感じでサイズ調整できます。上部の内側にもイヤーパッドと同じ素材のクッションがついています。実際に装着していても特に感触などはないのですが、髪の毛が押されて髪型が崩れるので注意。イヤーパッド部分は90度回転します。

logicool Gaming headset G430 ヘッドセット上部

付属品のデジタルUSB変換ケーブル。ヘッドセットのヘッドフォンとマイクの端子を差し込んでPCのUSBに繋ぐ感じになります。こっちで接続した方が音質がいいらしいです。ケーブルは短いですが、ヘッドセット本体のケーブルが長いので特に問題ありません。

logicool Gaming headset G430 デジタルUSB変換ケーブル

7.1chサラウンドなのですが、サラウンド機能を有効にするためには専用のソフトが必要になります。ソフトのディスクなどは付属していないため、公式サイトからダウンロードします。このソフトを起動しっぱなしになるわけですが、タスクマネージャから使用中のメモリを見た感じ、Skypeよりも軽いくらいでした。

Support + Downloads: G430 Surround Sound Gaming Headset - Logicool

専用ソフトのサラウンド設定画面はこんな感じ。ここで設定を有効にしておかないと7.1chではないので注意。

logicool Gaming headset G430-7 サラウンド設定画面

専用ソフトではイコライザーの設定もできます。こだわりたい人向けの設定かと。

logicool Gaming headset G430 イコライザー設定

実際に使ってみた使用感とか

まず、装着感ですが「軽い」という印象。耳をすっぽり覆うほどの大きさなのですが、頭につけてみると重さを感じません。モノがでかいだけに、余計に軽さに驚きます。ゲーム用として長時間使うことを想定されているでしょうから、装着時の軽さにはこだわりを感じます。

耳がすっぽり入るので圧迫感は控えめ。キツイと感じるかどうかは個人差もあると思いますけど。また、通気性のよさそうなイヤーパッドなのですが、装着していても暑くないかといわれたら、さすがにそんなことはないです。といっても、他のヘッドセットに比べたらかなりマシとは思います。密閉型ですが、通気性のよさから音漏れは結構している感じで、外の音も聞こえないほどではありませんね。

音質に関しては「世界が変わった!」というような劇的な変化はありませんが、この価格帯ではかなりよいのではないでしょうか。ちゃんと7.1chサラウンドですし。よくゲーム用ヘッドセットの売り文句にされる「敵の足音が聞きとりやすい」かどうかは現在そういうゲームをやっていないのでなんともいえませんが、なんとなく高音域が聞きとりやすい感じがします。

マイクの音質に関しても、世界が変わったりはしませんが、十分な音質を備えていると思います。手元にミュートスイッチがあるのは使い勝手がよく便利。

総評として、『G430』はどのへんがゲーム用なのか?というと、やはり装着感の軽さになるのではないかと。長時間使用することを想定されているのが伝わってきます。音質については値段分かそれ以上だと思うので、そこそこの値段でそこそこのモノが欲しい場合にはちょうどいい選択肢になるんじゃないかと。

LOGICOOL サラウンドサウンド ゲーミングヘッドセット G430
ロジクール (2013-08-23)
売り上げランキング: 280
スポンサーリンク

フォローする