【Xbox One ヘッドセットアダプター】レビュー コントローラーからゲーム音とボイスチャットが聞ける快適なアイテム

Xbox Oneの購入と同時に買ったヘッドセットアダプターが非常に快適です。アダプターを使ってヘッドセットをコントローラに挿すだけで、ゲーム音とボイスチャットの声を両方聞けるため、モニター側から伸びるケーブルから解放されて使い勝手がよいです。手元でボリューム調整ができる操作性もグッド。

Xbox one ヘッドセットアダプター レビュー

Xbox 360からXbox Oneへ移行するにあたり、気がかりだったのがヘッドセット。Xbox 360用に購入していた「TRITTON トリガー ステレオヘッドセット」はお払い箱なのかと心配だったのですが、調べてみるとどうやら互換性がある模様。Xbox Oneで使うためには別売りのアダプターが必要とのことですが、新たにヘッドセットを導入するよりは格段に安く済むので本体と同時購入しました。

公式の製品紹介はこちら。

参考:Xbox One ヘッドセット アダプター

元々Xbox 360で「TRITTON トリガー」を使っていたのは、ゲーム音とボイスチャットの声を一緒に両耳で聞きたかったからです。「TRITTON トリガー」は公式ライセンス製品でしたが、Xbox OneではMicrosoft謹製の「Xbox One ステレオヘッドセット」なるものが発売されています。が、これ以上ヘッドセットで部屋を埋め尽くしたくないので、ヘッドセットアダプターを導入して「TRITTON トリガー」を使いまわすことを選択したわけです。

以前Xbox 360で使っていたときに書いたレビューはこちら。
参考:【TRITTON トリガー ステレオヘッドセット for Xbox 360】使用感とかレビューとか

ちなみに、Xbox 360用のヘッドセットはいろいろと発売されていますが、Xbox Oneとの互換性については製品によって異なるようです。ボクの使っていた「TRITTON トリガー」は互換性があるようでしたが、そうではないものもあるので注意。公式サイトで詳しく説明されていますのでよく読んでおきましょう。

参考:互換性のあるヘッドセットを接続する | Xbox One

で、この「Xbox One ヘッドセットアダプター」を導入したら予想以上に快適。コントローラーから音が拾えてパッド上でマイクとボリューム操作ができるだけでこんなにも快適になるとは本当に予想外でした。

外箱とか同梱品とか

まず外箱から。中身取り出しちゃった後で撮影してますけど。

Xbox one ヘッドセットアダプター 外箱

※コントローラーは同梱されておりません。別売りです。

Xboxのイメージカラーである緑の箱に入っています。Xbox 360の周辺機器はめちゃくちゃ開けづらいブリスターケースで開けるだけで指を血で染めかねないデンジャーな代物でしたが、その反省からかXbox Oneでは普通の紙箱に変更されています。非常に開けやすい。いや、褒めるとこなんでしょうかこれ。

同梱品はこちら。

Xbox one ヘッドセットアダプター 外箱 同梱品

オーディオジャックの変換ケーブルとUSBケーブルが同梱されています。オーディオジャックの変換ケーブルは2.5mmのオーディオジャックを3.5mmに変換するための短いケーブルです。USBケーブルはコントローラーをアップデートするためにXbox One本体と接続するために同梱されています。説明書に従ってアップデートしておきましょう。

ヘッドセットアダプター本体とか

ヘッドセットアダプターはコントローラー下部に挿して使います。

Xbox one ヘッドセットアダプター 接続状態

コントローラーを手に持ったとき、持ち手には触れないのでまったく邪魔にならない感じですね。重さも特に感じません。

ヘッドセットアダプターについているボタンはこんな感じ。

Xbox one ヘッドセットアダプター 操作ボタン

中央にマイクのOn/Offボタン。左にゲーム音とボイスチャットのボリュームバランスの調整ボタン、右側はボリュームのUp/Downになっています。

中央のマイクのOn/OffボタンはOffにしているとき、マイクマークの射線部分がオレンジに点灯するようになっています。なので、マイクが入っているのかどうかがひと目でわかります。

実際に使ってみた

「TRITTON トリガー」を挿してみるとこんな感じになります。

Xbox one ヘッドセットアダプターとTRITTON trigger

ケーブルが短いのでスッキリします。Xbox 360で「TRITTON トリガー」を使うには、本体からUSBケーブルで繋いだり、音声ケーブルから引っ張ってきたりと配線がごちゃごちゃになっていたのですが、Xbox Oneではたったこれだけ。無線のコントローラーからゲームの音も拾えるので、ゲーム機やディスプレイなどと手元を繋ぐものは何もありません。マジスッキリ。

手元でボリュームやボイスチャットの音量調整ができるのも快適。従来ではヘッドセットから伸びたケーブルの途中にボリュームスイッチがあり、ケーブルをたぐり寄せたり服にクリップでつけたりする必要がありましたが、こちらはコントローラー上にボタンがあるので親指を伸ばすだけです。これは本当に楽チン。

ものすごく快適なヘッドセットアダプターなのですが、コントローラーの電池の消耗が早くなっているように感じます。コントローラーから音を出しているのだから当然ですけども。強いてデメリットをあげるのならそれくらい。

PS4でもコントローラーにイヤホンジャックがついていてゲーム音を拾えるそうですが、コントローラーからゲーム音を流せるだけでこんなにも快適になるとは驚きです。ケーブル類は増えれば増えるほどなぜか絡まっていくので、減らせるものはどんどん減らしたいところ。特に、手元で絡まるようなケーブルはストレスしか生まないですし。

そんなわけで「Xbox one ヘッドセットアダプター」、とっても快適なのでオススメです。アダプターに挿すヘッドセットがないのなら、Microsoft謹製のヘッドセットを導入するのもいいかもしれません。無線のコントローラーからゲーム音が聞けるだけでこんなにも快適になるなんて「どうして今までこれがなかったんだ」と思ってしまいますが、今はあるので思う存分使いましょう。

Xbox One ヘッドセット アダプター
日本マイクロソフト (2014-09-04)
売り上げランキング: 727
スポンサーリンク

フォローする