「 映画 」一覧

映画に関する記事。観た映画の感想など。

映画『アサシンクリード』感想 暗殺されたクライマックス

映画『アサシンクリード』感想 暗殺されたクライマックス

公開初日に映画館で観てきました。個人的にUBIソフトに対する感情は良くも悪くもいろいろあるので、スクリーンにでっかく表示されたUBIロゴを目の当たりにして何ともいえない表情を浮かべていたような気がしますが、映画館から出てくるときにはさらに微妙な表情になっていたと思います。端的にいうと微妙でした。

記事を読む

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』感想 退職した人を無理やり連れ戻して働かせちゃダメ絶対

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』感想 退職した人を無理やり連れ戻して働かせちゃダメ絶対

ようやっと『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』観てきました。本作は「スター・ウォーズ」のスピンオフですが、時系列はEP3とEP4の間で新旧三部作を繋ぐエピソードとなっており、実質EP3.5…いやEP3.9くらいの内容となっています。中間というかEP4の前日譚というのが正しいかも。端的に言えば、EP4冒頭でレイア姫の手にしていたデス・スターの設計図が彼女の手に届くまでを描いた作品で...

記事を読む

『キングスグレイブ FF15』感想 映画からゲームが未来を受け継ぐ物語

『キングスグレイブ FF15』感想 映画からゲームが未来を受け継ぐ物語

前々から気になってはいたのだけれど、観ていなかったので今更ながら視聴。というのも、ゲーム本編の序盤を遊べる体験版が配信されたので、プレイ前に観ておこうと思ったからです。で、観ておいて大正解。映画が公開されてからしばらくの間、観た人のTLでの感想が概ね好評だったので期待はしていたのですが、予想外に楽しめました。これ、「FF」ファンだろうとなかろうと、『FF15』をやる予定があろうとなかろ...

記事を読む

『君の名は。』感想 過去より紐を結んでこなかった者の末路(※ネタバレほぼなし)

『君の名は。』感想 過去より紐を結んでこなかった者の末路(※ネタバレほぼなし)

ちょっと遅ればせながら『君の名は。』、観てきました。公開から数日経っているというのに満席で、客層は10代~20代くらいの若い人が多く、うち7割くらいは女性だったので、ソロのおじさんとしては微妙な居心地の悪さを感じながらも、いざ映画が始まってしまえば何の問題もなく楽しむことができました。

記事を読む

『シン・ゴジラ』感想 「震・ゴジラ」だった(ネタバレあり)

『シン・ゴジラ』感想 「震・ゴジラ」だった(ネタバレあり)

観てきました。正直なところ、公開前はそんなに興味もなかったんだけど、タイムラインの熱量から「あっ、これ絶対アタリのやつだ」と思い、期待に胸ふくらませて劇場へ足を運んだのですが、これは期待以上の大当たり。期待度が低かったから評価が高いんじゃなくて、めちゃ期待していっても大丈夫ですこれ。最高です。

記事を読む

映画【帰ってきたヒトラー】感想 「みんな最初は笑ってた」

映画【帰ってきたヒトラー】感想 「みんな最初は笑ってた」

前々からちょっと気になっていた映画が日本でも公開されたのでさっそく観てきました。『帰ってきたヒトラー』はドイツでベストセラーとなった小説を元にした映画であり、アドルフ・ヒトラーが現代のドイツにタイムスリップしてくる物語となっています。ジャンルはコメディなのですが、本作がコメディであること自体に意味をもたせてあったりします。

記事を読む

ガールズ&パンツァー劇場版BDにもやっぱり人生の大切なことがつまっていた

ガールズ&パンツァー劇場版BDにもやっぱり人生の大切なことがつまっていた

映画館で何度も観たんだからディスク版は買わなくてもいいかな…、なんて思っていたのですけれども、店頭で現物を目にしたらそのまま手にとってレジまでご案内。もちろん、特装限定版の方を。だってさ、パッケージの裏にミカの例のセリフが書かれてるんだぜ? そりゃ買っちゃいますよね。

記事を読む

映画【オデッセイ】感想 火星はいいぞ 科学と人類の勝利だ

映画【オデッセイ】感想 火星はいいぞ 科学と人類の勝利だ

宇宙服に身を包んだマット・デイモンといえば『インターステラー』が記憶に新しく、「マン博士、今度は火星でサバイバルか」などと思いながら劇場へ行ってきたのですが、これがもう期待以上におもしろくて。どのくらいかといえば、帰り道に原作小説を買ってそのまま読んでしまうくらいにはおもしろい。宇宙とか科学とかが好きな人はいますぐ映画館へGO!案件であります。

記事を読む

劇場版ペルソナ3の第4章「Winter of Rebirth」を観てきたので感想とか

劇場版ペルソナ3の第4章「Winter of Rebirth」を観てきたので感想とか

劇場版『ペルソナ3』の第4章、というか最終章の「Winter of Rebirth」を観てきました。サブタイトルが四季になっているので、冬の今回は最終回。ゲーム版の終盤である最後の選択から最終決戦までがアニメ化されています。ゲーム版をやっていれば"あの結末"であることは知っているのですが、それでも観る価値は大いにあるといえます。そのくらい、今回は出来栄えが素晴らしかったわけです。

記事を読む

【スター・ウォーズ/フォースの覚醒】感想 新たな3部作の幕開けは新旧の調和がとれた傑作から

【スター・ウォーズ/フォースの覚醒】感想 新たな3部作の幕開けは新旧の調和がとれた傑作から

最初に言っておくと、ボクは決してディープな「スターウォーズ」ファンというわけではありません。「ライトセーバーかっこいいよね」とか「X-WINGいいよね…」とか「サソリベイダーってなんやねん」とか、そんな程度。コアな話題には付いていけませんが、世代的に「スターウォーズ」関連の作品を触れる機会は多いわけで、知らないわけではないし、嫌う理由なんてありません。新作の公開とあれば、ホイホイ劇場へ足を...

記事を読む

【ガールズ&パンツァー劇場版】感想 2時間みっちりの超高密度な戦車エンターテイメント

【ガールズ&パンツァー劇場版】感想 2時間みっちりの超高密度な戦車エンターテイメント

11月21日より公開の『ガールズ&パンツァー劇場版』を観てきました。ボクにしてはめずらしく初日から映画館へ。実は、劇場版の前にTV版を見直しておいたのですが、これが大正解。TV版を見ていなくても十分楽しめるとは思いますが、見ていれば120%、いや300%楽しめるでしょう。どこを切り取っても楽しいところしかない、そんな映画でした。

記事を読む

映画【キングスマン】感想 最高にカッコよくて笑えて壮快な紳士的スパイアクション

映画【キングスマン】感想 最高にカッコよくて笑えて壮快な紳士的スパイアクション

遅ればせながら『キングスマン』を観てきました。ちらほらとタイトルを見かけたので気になって予告PVを見てみたら、めっちゃおもしろそうだったので劇場へ。で、実際に観てみたら想像以上におもしろかったわけです。この痛快なスパイ映画を見逃すのはもったいなさすぎるので、できるだけネタバレ抜きでご紹介しましょう。

記事を読む

【ピクセル】感想 80年代のビデオゲームで宇宙からの侵略者と戦うおバカ映画

【ピクセル】感想 80年代のビデオゲームで宇宙からの侵略者と戦うおバカ映画

宇宙人がクラシカルなゲームのキャラクターとなって地球を侵略してくる映画『ピクセル』を観てきたので感想など。ハッキリ言ってB級なのですが、予告PVのイメージどおり、軽い気持ちで楽しむには最適なバカ映画でした。宇宙人侵略モノのお約束を踏襲しつつ、80年代の空気を詰め込んだ愛すべきバカ映画です。

記事を読む

スポンサーリンク