【オクトパストラベラー】辿り着いたたった1つの真実に屈した週刊ゲーム日記

まだまだ『オクトパストラベラー』をプレイ中です。ついに全員の4章をクリアし、全キャラクターのメインストーリーは終わりました。一見バラバラで無関係に見えたストーリーでしたが、それぞれの結末の中で強大で邪悪な存在をほのめかす描写があり、何やらパズルのピースが集まってきた予感。さぁ、残すは真のラスボスのみ!…といったところで問題が発生。真ボスどこやねん。

記事を読む

【オクトパストラベラー】剛剣の騎士が唸りまくった週刊ゲーム日記

今週もまだまだ『オクトパストラベラー』をやっています。現在は全員の3章が終わって4章を進めているところです。だんだん終わりが見えてきましたね。でもここへきてまたしても戦いに変化がありました。2章から3章に入ったあたりではサイラス先生の大魔法でドッカンドッカンするばかりの頭の悪い戦い方に明け暮れていたボクでしたが、3章を進めている途中あたりから奥義を軸にしたスマートな戦いにシフトしています。奥義は奥義というだけあって威力も抜群。今度はコイツでドッカンドッカンです。…スマートとは。

記事を読む

【オクトパストラベラー】先生お願いします作戦で戦いを切り抜けた週刊ゲーム日記

今週も引き続き『オクトパストラベラー』をプレイ中です。進行状況は全員の2章が終わって3章をぼちぼち進めているあたり。あんまり進んでいないのは寄り道のせいもありますが、猛暑に身体がやられているせいです。といっても熱中症というわけではなく、突然の暑さに身体がついていけてないといいますか、季節の変わり目に毎度起こるやつです。それでも『オクトパストラベラー』のあまりのおもしろさが体調が良くなる…なんてこともなく、現実は甘くありません。ともあれ、とても楽しんでおります。

記事を読む

【オクトパストラベラー】加入した仲間たちが全員強キャラに見えてしまった週刊ゲーム日記

『オクトパストラベラー』をプレイ中です。これを書いている現在はまだメインキャラクター8人が揃ったところで、2章の推奨レベルの跳ね上がり様に恐れおののいている次第であります。たぶん多少のレベル差は大丈夫なんでしょうけども。なんにせよ、体験版での感触は製品版でもそのままで、かなり楽しませてもらっております。

記事を読む

【The Division】でエージェントとしての記憶を呼び覚ました週刊ゲーム日記

今週はSteamのサマーセールで買った『The Division』を遊んでいました。過去にXbox one版を散々やったはずなのに、8割引きになっているのを目にしてなんとなくやりたくなったので買っちゃいました。当時はバリエーション豊かなグリッチと開発側の意図をわかりたくないような調整の数々で悪態をつきながらプレイしていたような気がするのですが、今になってまた最初から遊ぶとずいぶんと違った景色がみえてきたように思います。もちろん、環境自体が大きく変わっているわけですけれども。

記事を読む

映画『ブリグズビー・ベア』感想 大切なことはすべてクマから教わったジェームスが教えてくれる

みなさんは子供の頃から大好きでめちゃくちゃオススメしたくなる作品ってありますか? ボクの場合は「ドラえもん」になるでしょうか。ありがたいことに、「ドラえもん」は原作者がいなくなってしまった後も新作が作られ続けています。しかし、大好きな作品の続きがある日突然作られなくなってしまったら? 毎週楽しみにしていた作品の続きが永遠に見られなくなってしまうとしたら? だったら自分で続きを作ってしまおう!というのがこの『ブリグズビー・ベア』の物語です。

記事を読む

【グランブルーファンタジー】「ペルソナ5」コラボで久々にお空へ舞い戻った週刊ゲーム日記

Steamサマーセールの真っ只中ですが、今週は「グラブル」をやっていました。というのも、「ペルソナ5」コラボイベントが始まったからです。いい加減いろんなものとコラボしすぎてよくわかんないことになっている「グラブル」ですから、今をときめく「P5」とコラボしたくらいではもう驚きはしませんけれども、それはそれとして大好きな作品とコラボするのは非常に嬉しい。そんなわけでジョーカーと共にお空でハッスルです。

記事を読む

【オクトパストラベラー】体験版で3時間走り続けた週刊ゲーム日記

今週はE3で新作がわんさか発表されたことで心が未来に飛ばされてしまった感があります。そんな中、『オクトパストラベラー』の新しい体験版が配信されました。発売まであと1ヵ月ってところですからもうちょっと待てばいいだけなんですが、未来に飢えた今の心には最高のオードブルです。そんなわけで3時間制限の未来を体験してきました。

記事を読む

【Moonlighter】商人はショップ経営のためにダンジョンへ挑む アクションと経営のハイブリッドRPG

『Moonlighter』をクリアしたのでレビュー。本作は商人としてダンジョンに挑み、拾ったアイテムの自分の店で売りさばいていくという、アクションとショップ経営を組み合わせたハイブリッドなゲームです。パッと見た印象のとおり、細やかに動きまくるドット絵が抜群に美しく、シームレスに変化するBGMも大変素晴らしい…のですが、肝心のゲームはというと、アクションもショップ経営も残念ながら今一歩といった印象。なんといいますか、非常に惜しい一本となっております。

記事を読む

【Moonlighter】ダンジョンから持ち帰ったアイテムで商売に明け暮れた週刊ゲーム日記

先週は魔法使いとしてダンジョンを飛び回っておりましたが、今週は商人としてダンジョンでアイテムを拾っております。『Moonlighter』はダンジョンの入り口付近の集落で商店を営む男の物語で、自らダンジョンへ赴いてモンスターを狩っては収集品を持ち帰り、自分の店で売りさばく、というゲームになっております。商人なので魔法なんて使えません。けれども剣も盾も弓矢も使いこなせるし、何より前転に無敵がある! …この商人、ある意味では魔法使いより強いかも。

記事を読む

【Wizard of Legend】レビュー ハイスピードな魔法のコンボで挑むダンジョン探索アクション

ランダムなダンジョンを魔法で戦いながら進むアクションゲーム『Wizard of Legend』をクリアしたのでレビューなど。本作の特徴は、魔法で戦うということ。それから、魔法バトルはめちゃくちゃスピードがあるということです。また、スタート時点で魔法やアイテムを選んでダンジョンに持ち込めるのも大きな特徴でしょう。ハッキリ言ってかなりムズかしいゲームなのですが、プレイすればするほどカスタマイズの幅が拡がっていくため、何度死んでも新たな魔法を試したくてついついダンジョンに赴いてしまう”魔力”があります。

記事を読む

【Wizard of Legend】で魔法使いの試練を脳筋スタイルで突破した週刊ゲーム日記

先週から引き続き、今週も『Wizard of Legend』をプレイしていました。途中で『Bloodstained: Curse of the Moon』で悪魔の城にカチ込んだりもしていましたが、メインはこっち。いろんなビルドを試しては死んで拠点に戻る繰り返しで「これはもうクリアできないかもしれぬ…」と半ば諦めかけていたのですが、なんとかクリアすることができました。なんとかなることもあるものです。不思議なもので、1度クリアできるとその後は何度でもクリアできるようになっていたんですよね。慣れってすごい。

記事を読む

【Bloodstained: Curse of the Moon】レビュー ファミコンスタイルで幕を開けた新たな悪魔城の伝説

『Bloodstained: Curse of the Moon』をクリアしたのでレビューなど。クリア、というのはノーマルモードクリア後に解放されるナイトメアモードもクリアしてのことです。「あれ?『Bloodstained』ってもっと現代風のHDなグラフィックじゃなかった?」って思われるかもしれませんが、今回レビューする『Curse of the Moon』は本編『Ritual of the Night』に先駆けてリリースされたスピンオフとなっております。となると今度は「本編よりも先に外伝?」と思われるかもしれません。でもクラウドファンディングのストレッチゴール達成報酬ってそういうものなんでしょう、たぶん。

記事を読む

スポンサーリンク