Read more
  • 2019/04/14

今週もまだまだ『The Division2』をプレイしています。といっても、新しい要素は先週のタイダルベイスンで一区切りついた感じで、ぼちぼち安定期に入りつつあるなーという印象。周りのエージェントたちの練度も上がっている様子で、どのミッションもサクサク進むようになりました。(ルーズベルト島除く) ギアスコアも490を超えたのですが装備の更新頻度も下がってきたのでこちらも安定期という感じに。なので新たなビルドを練ったり使っていなかった武器に手を出してみたりと、新しい遊び方を探求するフェーズに移行したように思います。

Read more
  • 2019/04/07

今週もワシントンD.C.でエージェントとして任務に就いておりました。最初の大型アップデートであるタイダルベイスンがついに実装され、いよいよ”始まった”感があります。長期運営されるオンラインゲームにおいて、どんな方向を目指してアップデートが施されていくのかがうかがい知れるため、やはり最初の大型アップデートというのは重要でありますね。今のところ、各種調整にはバフもナーフもあり、不具合を直したと思ったら新たな不具合が出ていたりとなんとも言い難い印象。ちなみにスペシャリゼーションの準備もできたためか、拠点の補給係の口数も減りました。

Read more
  • 2019/03/31

今週も引き続きスペシャリゼーションの準備をしていました。もとい『The Division2』をプレイしていました。無事にワールドクラス4に到達してギアスコアも450を突破。あとは4月5日に解放されるタイダルベイスンを待つばかりです。タイダルベイスンは初の追加コンテンツで最高難易度のミッションとなっているわけですが、今作の出来栄えを鑑みれば、地下室で1ミリも動かない装甲車相手に何度も爆弾を仕掛けにいくようなことにはならないでしょう。いやぁ、根に持ってますねボク。背中がアホみたいになっているんでしょうか。

Read more
  • 2019/03/24

今週も引き続き『The Division2』でエージェント任務にあたっております。前作と比べてフィールドでのイベント密度が高く、ワシントンD.C.を歩けばゴロツキに当たる感じでサブイベントが配置されているわけですが、ヤツらは雨後のタケノコのごとく湧いて出てくるため、さすがに全部やっていてはにっちもさっちもいかず。仕方ないので諦めていい加減メインミッションを進めていくことにしました。

Read more
  • 2019/03/20

小説『The Division Broken Dawn』を読んだので感想など。ボクはエージェントとしてワシントンD.C.へ行く気満々だったので、ゲーム『The Division2』製品版とほぼ同時に発売された小説を読む時間があるかどうか怪しいし、あまり買う気はなかったのですが、書店で手に取って気が変わりました。それは裏表紙に書かれたあらすじに見知った名前を見かけたからです。その名は「エイプリル・ケーラー」、そう、”サバイバルガイド”のあの人です。