Read more
  • 2021/08/27

拠を集めていく様はレトロなアドベンチャーゲームといった風ですが、移動がオープンワールドなのでまさに足を使った捜査になっているのが特徴的。とはいえ、肝心のオープンワールド部分がイマイチで推理モノのミステリーとしても反則な部分があるため、特殊な世界設定と相まって人を選ぶ内容となっています。

Read more
  • 2021/08/13

『Death’s Door』をクリアしたのでレビューなど。これは間違いなく名作です。本作はカラスが主人公のアクションRPGで、一言でいうならば「クオータービューにした2D版「ゼルダの伝説」」です。パズル的な謎解きよりもバトル寄りの内容で難易度もやや高め。といってもその調整は絶妙で、隅から隅まで丁寧な作り込みが光るため、万人にオススメしたくなる出来です。特に2D「ゼルダ」が好きな人にはマジでオススメ。名作です。

Read more
  • 2021/08/03

やっぱりサイバーパンクからしか摂取できない栄養ってあると思うんですよね。あー最近なんだか栄養が足りてない気がするな~、と思っていたところにガツンと効くヤツ、あります。『The Ascent』です。本作はド直球真ん中ストレートなサイバーパンク世界を描いたゲームで、そのビジュアルの良さ、グラフィックの描き込みっぷり、お約束を踏襲した設定やストーリーなど、サイバーパンク好きのDNAに素早く届く栄養素満点の内容となっております。ゲームとしてはいろいろ荒削りな部分もあるっちゃあるのですけれども、この見た目に抗えるはずもありません。さぁエッジに齧りつきましょう。

Read more
  • 2021/07/08

『スカーレットネクサス』をクリアしたのでレビュー。本作は超脳力(not超能力)を駆使して戦うスタイリッシュなアクションゲームで、気持ちよく快適に遊べる作りが素晴らしい1本でした。一方、2人の主人公によってそれぞれの視点から繰り広げられるストーリーは”引き”の強さこそ光るものの、全体を俯瞰してみるとややモヤってしまう面も。とはいえ、アクションゲームとしての質は本物なので「あーなんか手軽に気持ちよくなりてぇ…」って人に超絶オススメ。もちろん、なんでもいいから念力でモノを持ち上げて誰かにぶつけたいぞって人にもオススメです。

Read more
  • 2021/06/24

ウマ娘からのUMA娘ですよ。『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』(以下『ゴジラS.P』)がめちゃんこ面白かったので感想をば。『ゴジラS.P』はゴジラ作品として初のTVアニメシリーズであり、脚本にSF作家の円城塔を迎えたことでゴリゴリのSFになっているのが特徴です。ゴリゴリのSFなのでやや難解な部分もあるのですが、そこをアニメーションを活用して見事に説明しつつ、膨大な情報量を洪水のように浴びせかけてくる展開がひたすら続きます。最高です。あ、ちなみにボクはゴジラ作品について特に詳しかったりはしません。以下、そういう人の感想です。