【FPS初心者講座】 「うまい人についていけ」はそんなに有効じゃない

FPSで初心者向けのアドバイスでよくみかける「うまい人についていけ」。でも、うまい人についていったところで、上達には繋がらないと思うわけです。

920x515_singapore_compressed.jpg

うまい人についていく」ってことがあまり有効じゃない理由はいくつかある。上達のためにうまい人の動きを参考にする、ってことはどのゲームでもそうだと思う。でも、後ろについていっても、うまい人が何をやっているのかがわかりにくい。なので、うまい人の動きを参考にする、という目的で後ろについていくのはあまり有効ではないと思う。

うまい人の視点では何が起こっているのか

FPSは主観視点なので、他人の視点で起こっていることは見えない。うまい人の後ろについていけば、バッタバッタと敵をなぎ倒していることはわかるけど、どうやって倒しているのかはわからない。

たとえば、どのへんに注意を払いながら歩いているのか。うまい人は、注意を払うべき場所にあらかじめ照準を合わせつつ移動しているのだが、これはその人の画面でないとわからない。後ろについていてわかることは、「何か敵を倒してる」ってことくらい。

すごいってことはわかるけど、どうやっているのかがわからなければ、上達につなげることは難しいだろう。

うまい人の後ろにはペンペン草も残らない

うまい人がクリアリングした後に敵はいない。だから、ついていってもこれといってやることがない。やることがないから上達もしない。

クリアリングした後についていくのだから、敵にやられることも少なくなるだろうけど、それは上達の結果ではないわけだし。

敵がいない場所を歩いていても上達はしないし、何よりおもしろくないだろう。

進攻ルートは参考にできる

後ろについていってわかることは、うまい人の「進攻ルート」。うまい人は自分がいつも走っているルートとは違うルートで移動していたりする。これは「見える」ので大いに参考にしよう。

うまい人は戦況に応じて上手に進攻ルートを選択しているので、以前にうまい人が走ってたルートを走ればいいというものではないので注意。ときにはど真ん中を突っ切ることもあるだろうけど、それは安定した進攻ルートというわけではなく、そのときの状況だからこそ選択したルートなのだ。

リプレイや動画を参考にした方がいいかも

最近ではリプレイ機能やそのアップロード機能のついたゲームもある。リプレイはうまい人の視点を直接見ることができるので、ぜひ参考にしよう。あとは動画や配信なども参考になる。あまりにうますぎる人の動画は参考にならないかもしれないけど。

注意したいのが、スーパープレイをまとめたような動画だ。ああいった動画は、要するにサッカーでいうゴールシーンだけを集めたようなもの。無茶な曲芸プレイを続けて、うまくいったときだけを抜き出して編集しているようなものなので、ゲーム中ずっとスーパープレイを続けているわけではない。動画としてはおもしろいかもしれないけど、上達のための参考にはならないだろう。

スーパープレイ動画に撃たれる側で出演してたって? ボクといっしょに泣きましょう。

スポンサーリンク

フォローする