【Xbox One】情報まとめ ハードの機能からゲームタイトルまで

正式に発表されたxboxの後継機『Xbox One』の情報をまとめました。

2013-05-22_1534_R.jpg

日本時間の深夜2時から3時という時間に眠い目をこすりながら配信を見ていました。新ハードである『Xbox One』のコンセプトや主な機能、開発中のタイトルなど、見どころの多い内容でした。発表された内容について、簡単にまとめてみました。

ストリーミングされた内容は、公式サイトで視聴できるようになってます。配信時とは異なり、日本語の通訳付きになってますね。

Xbox 新たなる世代の幕開け – Xbox.com

発表の配信以降の情報もあわせて、個人的な独断と偏見によるポイントを箇条書きで。

・エンターテイメント全般を統合したコンセプト
・年内発売予定(2013年後半)
・新Kinect標準搭載
・xboxLiveのタグは引継ぎ可能
・フレンド枠の上限が1000人に増加
・Skype標準搭載
・xbox360との下位互換はなし
・コントローラはxbox360に近い形状
・Haloが実写TVシリーズ化
・CoD Ghostのトレイラー公開

『Xbox One』のコンセプトと主な機能

すべてのエンターテイメントを1台に統合、といった感じのコンセプトになっているようです。つまり、ゲームだけでなく、TV、映画、音楽、ネットなど、さまざまな機能が盛り込まれています。

2013-05-22_1530_R.jpg

もともとマイクロソフトは「3スクリーン」戦略を掲げており、「PC」「モバイル」「TV」の3つのスクリーンを勝ち取りに行こうとしているわけですが、そのうち「TV」でできることを全部のせで出してきたような印象でしょうか。

配信では、ゲームからTV、TVから映画、映画から番組表など、別機能への切り替えを音声認識でやってみせ、切り替えの早さやマルチタスクの強化をアピールしてました。ダッシュボードのレイアウトは現在のxbox360のものと似ていますが、タイル上でゲームやTVが動いているのがポイントでしょうか。

2013-05-22_1533_001_R.jpg

以前から噂されていたように、Skypeも標準で搭載されており、映画を再生しながらの通話などもやってのけていました。このあたりもマルチタスクの強化がうかがえます。

スポーツ中継などでTVと連動したデータ配信なども公開されていましたが、このへんの機能は日本国内では…。映画や音楽などは現在のxbox360でも使えますが、コンテンツの状況が海外と日本で温度差があるので、国内向けにどのくらいやってくれるのかがポイントになるでしょうか。

『Halo』の話が出た!と思いきや、実写TVシリーズ化でスピルバーグが製作と、ビックリな発表でしたが、このあたりもTVや映画のコンテンツに力を入れていくアピールなのでしょう。

パワーアップしたKinectが標準搭載

マイクロソフトがずっとプッシュしているけど、ゲーム以外の場所で目立っている印象のKinectですが、『Xbox One』では標準搭載になりようです。

2013-05-22_1531_R.jpg

カメラの解像度は1080pになり、6人まで同時に認識できたり、心拍や表情まで読み取れるなど、大幅にスペックアップしているようです。

標準搭載されているため、接続が必須とはなっているものの、ダッシュボードの形状を見た感じでは、従来どおりコントローラでも操作できそうですね。接続は必須でも使用が必須というわけじゃないだろうと推測してます。

コントローラはxbox360に近いレイアウト

xbox360のコントローラは手に馴染むカタチでしたが、ほぼ同じレイアウトになっているようです。

2013-05-22_1531_001_R.jpg

しいたけボタンがちょっと違ってるくらいで、十字キーはむしろこっちの方が使いやすそう? もともとxbox360のコントローラは好きだったので、これが個人的に1番うれしいポイントでした。

Xbox Live関連は引継ぎ

Xbox Liveのタグはそのまま引継ぎ可能となるようです。フレンドや実績などもそのまま引き継げそうです。

フレンド枠の上限は100人から一気に1000人まで増えるようです。また、実績については、プレイヤーの実績から傾向を分析し、マッチングに影響したりするようなコメントもありました。

あとはクラウド機能の強化。ゲームだけでなくさまざまなコンテンツを内包するので、クラウドでカバーといったところでしょうか。

また、噂されてた「ネットへ常時接続」は必須ではないようです。とはいえ、いまどきのゲーム機ですから、ネット接続自体は必要になるでしょう。

Xbox One Unveil Video – YouTube

発表されたゲームタイトル

やはり1番気になるのはゲームタイトル。なんだかんだいってもゲーム機ですから、どんなゲームで遊べるのかが1番重要です。これまでに発表があったタイトルはこんな感じ。

Forza Motorsport 5
Quantum Break
Call of Duty: Ghosts
Battlefield 4
Destiny
Assassin’s Creed IV: Black Flag
Watch Dogs
Thief
FIFA 14
Madden NFL 25
NBA Live

『Xbox One』だけでなく、xbox360やPS3など、既存ハードでも発売するタイトルが多いように思いますが、ソフトメーカーのリスクやユーザーのメリットを考えると、当然かもしれませんね。ハードメーカーからすれば、新ハードで独占したいところでしょうけど、ソフトメーカーからすれば、そんな危ない橋は渡れないでしょうし。

『Xbox One』発表の配信でも1番扱いがよかったのは『Call of Duty: Ghosts』。やはり現在の稼ぎ頭なのでしょうね。配信中にも流れたトレイラーでは、11月5日の発売になっており、日本でもxbox360とPS3の吹き替え版が11月14日に決定したようです。『Xbox One』の発売時期は年内の後半としか発表されていませんが、CoDの発売時期にあわせたいでしょうから、そのあたりと予想するのが妥当でしょうか?

Official Call of Duty: Ghosts Reveal Trailer – YouTube

スポンサーリンク

フォローする