【ガンダムビルドファイターズ】1話の感想とか おいしい世界設定と構成の上手さに今後も期待

公式な「ガンダム」作品でありつつ、「ガンプラ」でバトルするという一風変わった世界設定ではじまった『ガンダムビルドファイターズ』。世界設定と主人公のおかれた状況、行動目的を1話に上手く詰め込んでいました。

91QM2UxfZhL._AA1500__R.jpg

ガンダムビルドファイターズ

みなさん、今期視聴するアニメはお決まりでしょうか。ボクは決まりました。

「ガンプラ」でバトルするアニメが公式で作られるということで、いろんな意味で注目をしていたのですが、1話を視聴して大変満足しています。滑り出しは上々というか、すごーく上手に作られているんじゃないでしょうか。

※以下ネタバレあり
未視聴の人は上記のURLから視聴してきましょう。TV放送後1週間は見られるようです。

第1話は、バトルに負け続けている主人公が頼りになる相棒と出会う、という要旨なわけです。言ってしまえば確かにそれだけなんですが、話の流れの中で、世界設定の説明とか、主人公のおかれている状況の説明、主人公の行動する理由が全部入っているんです。

世界設定の説明

世界設定は「ガンプラ」でバトルができる世界、というもの。「プラモ狂四郎」を彷彿とさせる設定で、世代のおっさん的には目がキラキラしてしまいます。実際、『ビルドファイターズ』におけるバトルは「プラモ狂四郎」とかなり近いんじゃないでしょうか。バトルに敗北するとプラモも壊れてしまうシーンでは、「えっ!壊れちゃうの!?」という反応もけっこう見かけたのですが、「プラモ狂四郎」でもそうでしたよね。

他にも、「ガンプラ」のバトルは世界大会が開かれるくらいの規模を誇っていることや、「ガンプラ」の出来のよさが性能を決めるということなど、話の流れの中で説明されています。露骨な説明シーンはなく、自然と飲み込めていく感じですね。

ちなみに、「ガンプラ」の出来のよさが性能を決めるってかなりおいしい設定じゃないかと。ガンダム作品内での性能は関係ないので、かなり無茶なマッチメイクもできそうです。すでに1話の中でもウィングガンダムとギャンが戦うなんてことになっているわけですし。あと、ここでウィングガンダムを出してくるキャスティングもお見事。派手に壊されてしまっても、シリーズのファンの心が痛まないどころか、むしろ喜ぶまでありそう。

今後も夢のマッチアップが期待されるところではありますが、公式サイトの紹介だと、主要キャラクターの操る機体はカスタマイズしたオリジナル機体なんですよね。無改造の機体はやられ役ばかりになってしまうのかも。

主人公のおかれている状況

主人公のおかれている状況は、個人経営の模型店の息子として生活しているということ。自身もガンプラ作成を手がけており、その模型作成能力は非常に高いこともわかります。

現実にはめっきり見かけなくなってしまった個人の模型店ですが、作中でも中学生の息子が経営状況を心配しているくらいなので、あまり景気はよくないのでしょうか。大通りでも商店街でもない場所、とはいっても、自分の行動範囲に存在してるっていうのは子供にとっては重要です。しかし経営する大人にとっては…。

ガンプラバトルでダメージを受けた場合、現実のガンプラも壊れてしまうという設定なので、商品の回転率は意外といいのかもしれませんけど。でもそうなると子供の資金力では厳しそうです。実はミニ四駆みたいに父ちゃんたちの戦いになっているのかもしれません。あの世界の子供たちは「パテなどで」修理できてしまう高等スキルを身につけているのかもしれませんけど。

パイロットは相棒がやることになりそうですが、そうすると主人公はメカニックのポジションになるわけで、これはかなり変化球かも。後々には主人公が自力で操作することになるのかもしれませんけど、あくまで「ガンプラ」モノですから、ガンプラを弄る方が主役に適しているのかも。「狂四郎」は両方やりますけどね。

主人公の行動する理由

息子が不安を感じる経営状況なのに店を留守にしている父ちゃん。でも、世界大会で準優勝を果たした父ちゃんは主人公にとって憧れであり、目指すべき目標でもあるのです。これが主人公の行動する理由ですね。父ちゃんすごい、すごいけど今はいない、っていうのは同じホビーモノだと「ダッシュ四駆郎」を思い起こさせます。

といっても、なぜ父親のようになりたいのか?というところまでは語られていません。そのへんは今後の展開に期待したいところ。でも、ガンプラバトルのある世界で、ガンプラが好きで作るのも上手なら、バトルで勝ちたいと思うのはごくごく自然なことですよね。

「父ちゃんみたいに強くなりたい!」と思っていたのに、ニュータイプな相棒の登場に「これで勝つる!!」となってるあたり、勝てればなんでもいいのでしょうか。いいと思います。

こんな感じで、1話30分の間に世界設定の説明、主人公のおかれている状況、主人公の行動する理由が全部詰まっています。実にお見事な構成ではないでしょうか。

そんなわけで次回以降の展開にも期待したいと思います。あとヒロインのメガネっ娘の出番はもっと増やせないのでしょうか。増えてくれると視聴意欲も倍増するのですけど。

MG 1/100 YMS-15 ギャン (機動戦士ガンダム)
バンダイ (2006-06-01)
売り上げランキング: 7,206
ガンダムブレイカー
ガンダムブレイカー
posted with amazlet at 13.10.07
バンダイナムコゲームス (2013-06-27)
売り上げランキング: 386
スポンサーリンク

フォローする