「 PapersPlease 」一覧

ジョージ・オーウェルの『1984年』と『Papers, Please』

ジョージ・オーウェルの『1984年』と『Papers, Please』

『Papers, Please』は共産圏っぽい国で入国審査官として労働する一風変わったゲーム。 1980年代の共産主義国家の空気はジョージ・オーウェルの『1984年』の影響も見られます。 『1984年』を読んでみると、世界観以外にも共通する点が見つかって興味深いです。

記事を読む

【Papers, Please】完全攻略用 全エンディングと全実績解除のためのイベント日程表

【Papers, Please】完全攻略用 全エンディングと全実績解除のためのイベント日程表

20種類のエンディングと13の実績のある本作。 31日間の労働において発生するイベントを日ごとに並べてまとめてみました。 アルストツカに栄光あれ。

記事を読む

【Papers, Please】レビュー 退屈な労働の日々がプレイヤーの心に葛藤を呼び起こす入国審査ゲーム

【Papers, Please】レビュー 退屈な労働の日々がプレイヤーの心に葛藤を呼び起こす入国審査ゲーム

国境検問所の入国審査官としてひたすら仕事に勤しむ『Papers, Please』。書類に目を通してビザにスタンプを押す、淡々とした進行はゲームというかもはや労働。規則に従う退屈な日々を過ごすのか、良心に従って規則を破るのか、選択はプレイヤー次第。

記事を読む

【Papers, Please】異色の入国審査ゲームが日本語に対応 20%オフセールも

【Papers, Please】異色の入国審査ゲームが日本語に対応 20%オフセールも

『Papers, Please』は入国審査官となり入国審査を行うという一風変わったゲームです。 実は、評価もかなり高いのですが、英語だとハードルが高かったのも事実。 しかし、日本語に対応してくれたおかげで、そんなハードルは過去のものとなりました。 アルストツカに栄光あれ。

記事を読む

スポンサーリンク