「 PS4 」一覧

【BBCF】猫も歩けばコンボで躓く週刊ゲーム日記

【BBCF】猫も歩けばコンボで躓く週刊ゲーム日記

巷では"神々の戦い"の話題で持ち切りですが、ボクは六英雄最強の剣士になるべく野良猫になっていました。家庭用『BBCF』に追加キャラクター「獣兵衛」がやってきたのは今週の出来事ではありませんが、ちびちび練習していたら10日も経っていたということです。

記事を読む

【ドラゴンクエスト11】(PS4)レビュー 「過ぎ去りし時」はやっぱり「ドラクエ」だった

【ドラゴンクエスト11】(PS4)レビュー 「過ぎ去りし時」はやっぱり「ドラクエ」だった

『ドラゴンクエスト11』をクリアしたのでレビューなど。今回プレイしたのはPS4版で、いわゆる真ボス撃破まで達成したところ、プレイ時間は70時間ほど。ガッツリ遊べました。そのうえでのレビューとなりますが、極力ネタバレは避ける方向で書いていきます。とはいえ、未クリアの人はこんなところを見ていないで早くクリアまで進めましょう。クリア後にここへ戻ってきていただければ幸いです。

記事を読む

【ドラゴンクエスト11】で世界の意思に従い両手剣を捨てるハメになった週刊ゲーム日記

【ドラゴンクエスト11】で世界の意思に従い両手剣を捨てるハメになった週刊ゲーム日記

今週もまだまだ『ドラクエ11』をプレイ継続中。すでに正真正銘のラスボス手前で終盤戦なのですが、この時期になるとストーリーを止めて探索や育成に奔走してしまう"いつものヤツ"が発症しております。しかし今回は言い訳をさせてください。だってゲームの側が「ラスボス前にしっかり育成しておけよ」とダンジョンやらクエストやらをお出ししてくるんです。そりゃやるでしょ。で、やりはじめたらキリがないボリュームで...

記事を読む

【ドラゴンクエスト11】のストーリーがおもしろすぎるがネタバレすぎて何も書けない週刊ゲーム日記

【ドラゴンクエスト11】のストーリーがおもしろすぎるがネタバレすぎて何も書けない週刊ゲーム日記

『ドラクエ11』を進めてます。ストーリーは後半戦に入り、いよいよ佳境かといったところ。過去作のオマージュを散りばめつつ、いかにも「ドラクエ」っぽい展開かと思いきや良い意味で予想を裏切ってくる展開の連続なのでめちゃくちゃ楽しめています。しかしそれゆえ、何を言ってもネタバレになりそうで書くことがないという。スクリーンショットも同様で「コイツが写ってるだけでネタバレじゃん!」となりかねないのでな...

記事を読む

【ドラゴンクエスト11】1stインプレッション 過ぎ去りし時のノスタルジーをオマージュにのせて

【ドラゴンクエスト11】1stインプレッション 過ぎ去りし時のノスタルジーをオマージュにのせて

仲間キャラクターが全員揃った時点でこの記事を書いています。プレイ時間は15時間くらい。プレイした感触を一言でいうなら「あードラクエだわ」って感じ。安心と安定の「ドラクエ」ブランドは2017年でも健在のようです。一方で、斬新で革新的なところはあまり感じられず、そういうものを求める人は肩透かしを食らうかも。それどころか、「過ぎ去りし時を求めて」というサブタイトルのとおり、過去作のオマージュがガ...

記事を読む

【FF12 ザ ゾディアック エイジ】レビュー 高速で快適になったHDリマスター版でもガンビットの鮮度は失われず

【FF12 ザ ゾディアック エイジ】レビュー 高速で快適になったHDリマスター版でもガンビットの鮮度は失われず

『FF12 ザ ゾディアック エイジ』(FF12TZA)をクリアしたのでレビューなど。いわゆるHDリマスター版となる本作、グラフィックの品質が向上しているだけでなく、いくつかの改善点のおかげで非常に快適に遊べるようになっています。また、無印版から11年を時を経ても本作最大の特徴であるガンビットシステムは色褪せていないことを再認識。個人的に好きなゲームだった『FF12』を久々に満喫できたので...

記事を読む

【FF12 ザ ゾディアック エイジ】でクリア直前になって寄り道をはじめた週刊ゲーム日記

【FF12 ザ ゾディアック エイジ】でクリア直前になって寄り道をはじめた週刊ゲーム日記

先週に引き続き『FF12 ザ ゾディアック エイジ』をプレイ中です。ラスボスの手前まで来たのですが、そこでストーリーの進行が止まってしまう"いつものヤツ"が発症してしまいました。といってもモチベーションが失われたからではなく、「そういえばアレやコレもやってなかったよな」と思い出したかのように数多くの寄り道要素に手を出し始めたからであります。

記事を読む

【FF12 ザ ゾディアック エイジ】でガンビットシステムの逸材さを再認識した週刊ゲーム日記

【FF12 ザ ゾディアック エイジ】でガンビットシステムの逸材さを再認識した週刊ゲーム日記

『FF12』のHDリマスター版である『ザ ゾディアック エイジ』(以下、TZA)が発売されたので早速プレイ中です。「FF」シリーズのナンバリングタイトルはなんだかんだでやってきた(MMOの2作を除く)ボクですが、そのなかでも『12』は特に好きなんですよね。で、久々にプレイしてみると、あらためて実感できる「ガンビット」システムの逸材さ。ちょっとこれについて語らせていただきたく。

記事を読む

【GGXrd Rev2】で畳を返してドサンピンになった週刊ゲーム日記

【GGXrd Rev2】で畳を返してドサンピンになった週刊ゲーム日記

やる時間が取れなさそうなときはそもそも買わないようにしているのでゲームを積み上げることはまずないのですけど、買わなくとも頭の中の"やりたいことリスト"には書き連ねられていくものです。ゲームに限らず、読みたい本や観たい映画など、なんぼでも増えていく一方であります。魅力的なモノがあふれているご時勢、モノを積まないためには「やりたいモノをやれる時に買う」のが鉄則。値段を理由に買うなどもってのほかです。…...

記事を読む

【Horizon Zero Dawn】レビュー 美しい大自然の中で機械のケモノを狩猟しながら写真を撮影していくオープンワールドアクションRPGの完成度は高かった

【Horizon Zero Dawn】レビュー 美しい大自然の中で機械のケモノを狩猟しながら写真を撮影していくオープンワールドアクションRPGの完成度は高かった

『Horizon Zero Dawn』をクリアできたのでレビューなど。プレイ時間がどのくらいになったのかはわかりませんが、サイドクエストを消化しながら進めていたのでかなりの時間になっているはず。オープンワールドのアクションRPGとして、ゲームを形作るそれぞれの要素は決して珍しくはないのですが、ストーリーや世界設定と絶妙にかみ合わさっており、抜群の完成度を誇る1本となっております。

記事を読む

【Horizon Zero Dawn】で廃墟と大自然を撮影中の週刊ゲーム日記

【Horizon Zero Dawn】で廃墟と大自然を撮影中の週刊ゲーム日記

今週は『Horizon Zero Dawn』をプレイしていました。『NieR Automata』に続いてオープンワールドアクションRPGなのですが、この後には『ゼルダ』もやりたいので同ジャンル3連発になってしまいそう。間に挟んだ『River City Ransom:Underground』もある意味でオープンワールドと言えなくもないので、もしかしたら4連発なのか? どうしてこうなった。

記事を読む

【NieR:Automata】レビュー モノトーンなアンドロイドによるオープンワールドなスタイリッシュアクション

【NieR:Automata】レビュー モノトーンなアンドロイドによるオープンワールドなスタイリッシュアクション

『NieR:Automata』をクリアしたのでレビューなど。クリアというのは1周クリアのことではなく、いわゆる真エンド的なところまで到達してます、念のため。プレイ時間は35時間くらい。なかなかのボリュームでありました。 ちなみに、ボクは前作『NieR Replicant/Gestalt』も「ドラッグオンドラグーン」シリーズも未プレイ。なのにどうして今作をプレイしたのかというと、主人公...

記事を読む

【ドラゴンクエストビルダーズ】にお使いを「やらされてる感」を払拭する冴えたやり方をみた

【ドラゴンクエストビルダーズ】にお使いを「やらされてる感」を払拭する冴えたやり方をみた

発売から1年遅れですがクリアしました。別に積んでいたわけではなく、買ったのも今月です。「なぜ今?」と言われても特に理由はなく、ただなんとなくやりたくなったからです。で、始めてみたらこれがよくできていてめちゃんこ楽しめました。周回遅れの話題なのは十分に承知しておりますが、ちょっと聞いてやってください。すげーいいゲームですよこれ。

記事を読む

スポンサーリンク