PS4一覧

【アサシンクリード オデッセイ】レビュー 圧倒的なボリュームの古代ギリシアで自由な傭兵生活を謳歌せよ

『アサシンクリード オデッセイ』をクリアしたのでレビュー。前作『オリジンズ』から引き続きオープンワールドのRPGとなった本作、今回は古代ギリシアに舞台を移して神話の時代を体験することができます。古代ギリシアといっても長い歴史がありますが『オデッセイ』は紀元前431年ごろ、ちょうどペロポネソス戦争でスパルタとアテナイが戦っていた時代です。この戦乱の時代にプレイヤーは傭兵として戦いに身を投じることになります。戦うべき相手はスパルタでもアテナイでもあるのですが、真なる敵はその裏で暗躍する組織。こうして歴史の裏側が描かれるストーリーはいかにも『アサシンクリード』らしいですね。

記事を読む

【アサシンクリード オデッセイ】シャッターチャンスを求めて戦場を荒らした週刊ゲーム日記

今週もまだまだ『アサシンクリード オデッセイ』で古代ギリシアを散策中です。もう60時間を超えているのですがまだまだ終わりが見えない…いや、ちょっとだけ見えてきた感じかも。古代ギリシアへ来たばかりの頃は見るものすべてが珍しく、なんでもかんでもパシャパシャと撮影していたのですが、だんだん慣れてくると汎用オブジェクトの存在に気づいてどこもかしこも似たような景色に思えてきたりもしたものです。それでも写真を撮る楽しさは変わらず、最近ではもっぱら戦闘中にシャッターチャンスを求めるようになってしまいました。命のやり取りの最中に何を考えているのでしょう。

記事を読む

【アサシンクリード オデッセイ】写真の腕を上げるアビリティが欲しかった週刊ゲーム日記

今週も引き続き『アサシンクリード オデッセイ』で古代ギリシアをエンジョイしています。田舎の島から飛び出した傭兵は都会のデカい建物に圧倒され、ただ観光地で写真を撮るばかり。…だったのですが、古代ギリシアでの生活もすでに1週間。さすがに環境にも慣れてくるわけで、当初のテンションもやや落ち着き、ゆったりと観光を楽しめるようになってきました。あ、傭兵としての仕事もちゃんとやってますよ。出張先でちょっと舞い上がってるだけです。野営地を見つけたらスパルタだろうとアテナイだろうと構わず潰してますから、ね

記事を読む

【アサシンクリード オデッセイ】カメラ片手に古代ギリシアを観光した週刊ゲーム日記

今週から『アサシンクリード オデッセイ』で古代ギリシアへ旅行中です。一言で古代ギリシアといっても長い歴史があるわけですが、本作は紀元前431年、ペロポネソス戦争の開戦あたりから始まります。といっても、ゲーム開始してまず最初に目にするのはそれよりもさらに前の時代、レオニダス(CV中田譲治)率いるスパルタ軍とペルシア軍の戦いで、エキサイティングな大規模バトルを体験することになります。いきなり『300』ですよ、『300』。This is Sparta! かつてこれほどゴージャスなチュートリアルがあったでしょうか。

記事を読む

【ベルトアクションコレクション】で懐かしさに包まれた週刊ゲーム日記

今週は『ベルトアクションコレクション』をプレイしていました。往年のカプコン製ベルトスクロールアクションがいっぱい詰まった1本で個人的にめちゃくちゃ嬉しい内容になっています。移植はあっても"おま国"だったり中古価格が高騰していたり、なかなか遊べなかったタイトルもオンライン込みで遊べるのが非常にありがたいところです。何より今回が初移植となる『パワードギア』と『バトルサーキット』が目玉。ああ、生きててよかった…!

記事を読む

【Destiny2】公開イベントぶらり1人旅を満喫した週刊ゲーム日記

今週は『Destiny2』をプレイしていました。といっても追加された「孤独と影」ではなく無印の本編にあたる部分をやっています。PS Plusのフリープレイにあったから、というだけの理由です、ハイ。メインクエストという名のチュートリアルを終え、その後に追加されるアドベンチャーやクエストもだいたい終わったので、日刊挑戦を消化しながらフィールドをぶらつく日々を送っています。ストライクでガッチリ協力プレイもいいのですが、公開イベントにふらりと参加するのが気楽でいいですね。スパローで駆けつけてドッカンドッカンしたら報酬拾ってサラダバー。そんなんでいいのか太陽系最後の希望。

記事を読む

【Marvel's SPIDER-MAN】レビュー スパイダーマンにできることならなんでもできる至高のスーパーヒーロー体験

『Marvel's SPIDER-MAN』をクリアしたのでレビューなど。本作はスパイダーマンを主人公としたオープンワールドのアクションゲームで、精巧に作られたニューヨークを飛び回りながらヴィラン達と戦う内容です。最大の特徴は「主人公がスパイダーマンである」ということ。ウェブスイングを使ったダイナミックな移動やスパイダーセンスやガジェットを駆使したバトルなど、すべてがスパイディならではのアクションになっています。

記事を読む

【Marvel's SPIDER-MAN】ニューヨークをウェブスイングで気持ちよく飛び回った週刊ゲーム日記

今週はスパイダーマンとしてニューヨークを守っていました。過去にDivisionエージェントとしても散々歩き回ったマンハッタンですから楽勝だろう…、と思っていたのですが、地面を歩くのとビルの間を飛び回るのでは文字通り天と地の差がありまして、まったく違ったニューヨークを体感しております。そもそも全然違うゲームなのだから当たり前なのですけれども。

記事を読む

【Wizard of Legend】レビュー ハイスピードな魔法のコンボで挑むダンジョン探索アクション

ランダムなダンジョンを魔法で戦いながら進むアクションゲーム『Wizard of Legend』をクリアしたのでレビューなど。本作の特徴は、魔法で戦うということ。それから、魔法バトルはめちゃくちゃスピードがあるということです。また、スタート時点で魔法やアイテムを選んでダンジョンに持ち込めるのも大きな特徴でしょう。ハッキリ言ってかなりムズかしいゲームなのですが、プレイすればするほどカスタマイズの幅が拡がっていくため、何度死んでも新たな魔法を試したくてついついダンジョンに赴いてしまう”魔力”があります。

記事を読む

【Wizard of Legend】で魔法使いの試練を脳筋スタイルで突破した週刊ゲーム日記

先週から引き続き、今週も『Wizard of Legend』をプレイしていました。途中で『Bloodstained: Curse of the Moon』で悪魔の城にカチ込んだりもしていましたが、メインはこっち。いろんなビルドを試しては死んで拠点に戻る繰り返しで「これはもうクリアできないかもしれぬ…」と半ば諦めかけていたのですが、なんとかクリアすることができました。なんとかなることもあるものです。不思議なもので、1度クリアできるとその後は何度でもクリアできるようになっていたんですよね。慣れってすごい。

記事を読む

【Bloodstained: Curse of the Moon】レビュー ファミコンスタイルで幕を開けた新たな悪魔城の伝説

『Bloodstained: Curse of the Moon』をクリアしたのでレビューなど。クリア、というのはノーマルモードクリア後に解放されるナイトメアモードもクリアしてのことです。「あれ?『Bloodstained』ってもっと現代風のHDなグラフィックじゃなかった?」って思われるかもしれませんが、今回レビューする『Curse of the Moon』は本編『Ritual of the Night』に先駆けてリリースされたスピンオフとなっております。となると今度は「本編よりも先に外伝?」と思われるかもしれません。でもクラウドファンディングのストレッチゴール達成報酬ってそういうものなんでしょう、たぶん。

記事を読む

【Wizard of Legend】で新しい魔法の組み合わせを試し撃ちしまくった週刊ゲーム日記

今週は『Wizard of Legend』をプレイしていました。魔法使いを題材にしたローグライクアクションです。「The Binding of Isaac」や「Nuclear Throne」、「Enter the Gungeon」といったタイプのゲームで、特徴は魔法を使ったスピーディなアクション。自分も敵も速いのでなかなか忙しくてムズかしいです。けれども、魔法の組み合わせを試すのが楽しくて何度もダンジョンに挑んでしまうのですよね。

記事を読む

【ブレイブルークロスタッグバトル】β版のシンプル操作でそれっぽいコンボを堪能した週刊ゲーム日記

買うかどうか迷っていた『ブレイブルークロスタッグバトル』のβ版が期間限定で実施されているのでプレイしてみました。予約購入者は数日前からプレイできていたようですが、そうでない人も昨日から解放されております。つまり無料。迷うくらいならやって確かめましょう。

記事を読む

スポンサーリンク