XboxOne一覧

【コードヴェイン】レビュー "相棒"と共に進むソウルライクなアクションRPG

勢いあまって3周クリアした『コードヴェイン』をレビュー。本作はいわゆる"ソウルライク"なアクションRPGとなっています。内容もかなりソウルシリーズに寄せてあるのですが、独自要素のおかげでキッチリ差別化できている印象です。難易度はソウルシリーズに比べるとやや控えめなので「死にゲー」というほどではありませんが、死ぬときはあっさり死ねるので決してカンタンというわけでもありません。ボクにとってはちょうどよい難易度だったので心地よく遊び続けてしまったのですが、ソウルライクであるということと独自要素の数々がやや人を選ぶんじゃないかなという気はします。個人的にはかなり好き。

記事を読む

【コードヴェイン】救援を呼んだり呼ばれたりしながら3周目を進めた週刊ゲーム日記

今週も『コードヴェイン』をプレイしていました。難易度を上げての3周目はこれまであまり使っていなかったマルチプレイを活用しながら進めています。救援として他の人の元へ飛ぼうとしてもなかなかマッチングしないケースも珍しくないのですが、自分の元へ救援を呼ぶとわりかしすぐに誰かしら駆けつけてくれるので、需要と供給が合っていないのかなーという印象。実際、"ソウルライク"なゲームとしても難易度はやや控えめで、且つ優秀なNPCを同行させることができるとなると、わざわざ救援を呼ぼうとしなくなるのもわからないでもない。とはいえ、誰かと一緒に遊ぶ楽しさは何物にも代えがたいので、どんどん呼んじゃっていいんじゃないでしょうか

記事を読む

【コードヴェイン】魔法剣士スタイルで2周目を進めた週刊ゲーム日記

今週も『コードヴェイン』をプレイしていました。クリアはしたのですがどうやらノーマルエンドっぽい終わり方だったのでトゥルーエンドを求めて2周目をやっています。いろいろ引き継がれるので探索しきってからにしようとも思ったのですが、どうせ全部探索しなおすんなら2周目でやればいいか、と即2周目へ。しかしこの判断が間違いだったかも。というのも序盤の取り逃しはあまりなく、後半まで進めないといけないというのに中盤の大聖堂が立ちはだかるからです。あそこだけボリュームが突出してるのはなんなのでしょうか。アウロラさんのせい?

記事を読む

【コードヴェイン】頼れる相棒の背中を見守った週刊ゲーム日記

今週は『コードヴェイン』のプレイを開始しました。一言でいうとアニメ調にした「ダークソウル」です。内容はソウルライクというにはあまりにも寄せすぎなんじゃないかと思うくらいには「ダークソウル」風ですね。難易度はやや控えめだと言われていますが比較対象が「ソウル」シリーズなのだからそりゃあそうだとしか。なので死ぬときは死ぬし曲がり角の死角には気を付けなければいけません。とはいえ、確かに難易度は控えめかも。その要因としてもっとも顕著なのは「バディ」の存在。そう、ボクは1人じゃない。

記事を読む

【River City Girls】レビュー キュートでポップな現代版「くにおくん」は"かわいい"の暴力だった

『River City Girls』を2周して裏ボスまで倒したのでレビュー。本作は「くにおくん」シリーズのスピンオフとして、きょうことみさこを主人公に据えたゲームとなっております。内容はベルトスクロールアクションを基本としたセミ・オープンワールドでレベルアップなどの成長要素もあり、ファミコンの『ダウンタウン熱血物語』の現代版といえばわかりやすいでしょうか。もちろん現代風にいろいろと刷新されているのですが、そこかしこに「くにおくん」の空気が漂っているため、実際にプレイすると「ああ、くにおくんだなぁ」と感じられます。しかも女の子がかわいい。最高では。

記事を読む

【River City Girls】和洋折衷の「くにおくん」でドット絵を堪能した週刊ゲーム日記

今週は『River City Girls』をプレイ。本作は「くにおくん」のスピンオフで、くにおとりきのガールフレンドの2人を主人公に据えたゲームとなっています。開発は「シャンティ」シリーズを手掛けるWayForwardで、ぬるぬる動く上にめちゃくちゃキュートなドット絵が最高です。これだけ見た目が違うのにプレイしてみるとなかなかどうして「くにおくん」。ゴミ箱や人間を持ち上げてブンブン振り回していると「くにおくん」だなぁと思えます。

記事を読む

【Blazing Chrome】レビュー 「魂斗羅」みたいなラン&ガン2Dアクションはだいたい「魂斗羅」だった

「魂斗羅」好きな人が作った「魂斗羅」みたいなゲームはだいたい「魂斗羅」でした。『Blazing Chrome』は銃を撃ちまくりながら敵の押し寄せてくる戦場を駆け抜けるラン&ガンの2Dアクションです。上下左右とそれからナナメに撃ち分け、飛んだり伏せたりしながら敵の弾を避け、避けられなければ一発で即死。まさに「魂斗羅」です。16bit風のビジュアルとイカしたサウンドもかなりそれっぽい。ただ、現代風の調整やアレンジはあまり施されていないため、良くも悪くもレトロなアクションとなっている印象。あの時代らしいアクションを楽しみたい人は派手に出迎えてやりましょう。

記事を読む

【The Division2】PTSで新たなロケーションを探索した週刊ゲーム日記

今週は『The Division2』のパブリックテストサーバー(PTS)で新要素に触れていました。次回のタイトルアップデートで実装予定のコンテンツが数日ペースで追加されていくスケジュールになっていたため、数日おきにワシントンへ出戻ることに。目玉はなんといっても新ミッション。新たなロケーションが複数追加されているので新鮮な気持ちで戦いに挑めるかも。といっても、出てくる敵は大体いつものヤツらなんですけれど。

記事を読む

【Bloodstained: Ritual of the Night】レビュー 新たな悪魔の城は本家本元の"悪魔城"だった

ついにリリースされた『Bloodstained: Ritual of the Night』をレビュー。本作は探索型の2Dアクションで、いわゆる"メトロイドヴァニア"と呼ばれているジャンルのゲームです。といいますか、「悪魔城ドラキュラ」シリーズの本家本元である"IGA"こと五十嵐孝司氏が手掛けているので、キャッスルヴァニア直系の新作と考えるべきでしょう。実際、新作なのにどこかで見たことあるようなヤツらと見覚えのあるアクションで戦うことになります。これがデジャヴュ…!

記事を読む

【The Division2】ひと足お先にミニガンを構えてみた週刊ゲーム日記

今週は『The Division2』のパブリックテストサーバー(PTS)にてテスト中のタイトルアップデート4を体験しておりました。目玉はなんといっても新スペシャリゼーションのガンナー。本来はシーズンパスを買うか、解放用のミッションをクリアしなければ使えないのですが、テストサーバーなので関係なく使えます。ありがたや。

記事を読む

【The Division2】タイトルアップデート後の世界でヘリを見上げた週刊ゲーム日記

今週は待ちに待ったタイトルアップデートがやってきた『The Division2』をプレイしておりました。そうでなくてもプレイしてそうですけど。前もって発表されていた調整内容を見たときは下方修正が多めかなーとテンション下がり気味だったのですが、実際にやってみると案外そうでもないかなと。確かにボクの愛用している忍耐力+セーフガードの自動回復セットはやや弱くなってしまったものの、補助バッテリーの登場でスキルが運用しやすくなったため、結果的に難易度チャレンジのミッションは楽になった印象です。欲しい補助バッテリーが拾えないのが泣き所ですけども。

記事を読む

【The Division2】トレンドの移り変わりを感じた週刊ゲーム日記

他のゲームもやってないわけではありませんが、気がつけばワシントンD.C.に戻っています。もう第nの故郷と言ってもいいんじゃないでしょうか。今後の調整がテストされるパブリックテストサーバーの存在がボクをPC版へと引っ越しさせたのですけれども、通常サーバーで通常プレイに明け暮れております。最近はもっぱらランダムマッチングでミッションをプレイしているのですが、エージェントたちの変化を感じずにはいられません。

記事を読む

【The Division2】あんまりシャープじゃないシューターとして支援気分を味わった週刊ゲーム日記

まだワシントンD.C.で戦っています。他にも気になるゲームがいろいろとリリースされているのですが、どれにしようか迷った挙句、気がついたら『The Division2』を起動している…、そんな毎日が続いております。グレネードランチャーを背負ってドッカンドッカンしていた先週とは一転、今週は対物ライフルを背負ってみました。シャープにキメてやるぜ!と意気込んではみたもののそんなカンタンにいくはずもなく、背中のアクセサリと化してしまいましたとさ。

記事を読む

スポンサーリンク