シバ山一覧

【Anthem】ジャベリンで自由に空を飛び回った週刊ゲーム日記

今週は一足お先に『Anthem』をプレイしています。なんとOrigin Accessのプレミアに登録するだけで遊べちゃうんですよ。別に製品版を購入する必要もないのでめちゃ安です。もちろん、プレイできるのはプレミアに登録している期間だけですけど。ちなみに、この手のサービスはどれもそうですが自動更新で料金が引き落とされていくシステムなのでこれから契約する人はご注意を。解約しても支払った期間は有効なので自動更新が嫌なら即解約しちゃいましょう。我ながら貧乏くさいなと思わなくもないのですが、1ヶ月後にはエージェントとしてワシントンに召集される予定なので…。

記事を読む

【The Division2】プライベートβプレイレポート いろいろと改善されまくって正統進化した続編だった

『The Division2』の予約購入者限定で実施されたプライベートβに参加してきました。極寒のマンハッタンから灼熱のワシントンD.C.へと舞台を移して雰囲気も一変していますが、内容は前作からの正統進化といった印象です。なので、マンハッタンを戦い抜いたエージェント諸氏はすんなり入っていけるでしょう。とはいえ、いろいろと変わっている部分も多いので変更点を中心にレポートしていくことにします。

記事を読む

【Dragon Marked For Death】レビュー 粗削りだけどマルチプレイは確かに楽しいハクスラ系2DアクションRPG

『Dragon Marked For Death』はオンライン共闘に対応したアクションRPGです。ドット絵の2Dアクションにハック&スラッシュ要素、さらにマルチプレイもあり。最高じゃないですか。開発は2Dアクションに定評のあるインティクリエイツ、となれば期待が高まるというもの。実際、プレイ感は同社製のアクションらしさがあってかなり良い感じ。ですが一方で、RPGやハクスラ要素その他もろもろの細かいところに問題も散見されます。アップデートも予定されているとはいえ、発売直後の現状では粗削りな印象かも。

記事を読む

【Dragon Marked For Death】頼もしい仲間たちと高速で周回した週刊ゲーム日記

今週は『Dragon Marked For Death』をプレイ中です。なんだか呼びにくいタイトルですけど省略もしにくい…。公式では「ドラゴンMFD」と略しているようですが、どうにもピンときません。世の中ドラゴン多すぎ問題でしょうか。ともあれ、本作はインティクリエイツ製の2Dアクションで、オンライン共闘もできるハクスラ系のゲームとなっております。同社製のゲームらしく難易度は高めではあるものの、仲間と協力すればなんとかなったりします。ならなかったりする。

記事を読む

【ドールズフロントライン】雪山の厳しさに震えた週刊ゲーム日記

今週は『ドールズフロントライン』で始まった新たなイベント「低体温症」をやっています。雪山で輸送機を落とされてしまったのでさぁ大変、補給もロクに受けられない極寒の中を歩いて帰らなければなりません。まさに帰宅難民。前回のエルフェルト参戦イベントでは大苦戦を強いられたボクでしたが、今回は正月からこれまでボチボチ育成を進めていたので戦力もそれなりに十分、それなりに…。しかし、雪山の厳しさはそんなものではありませんでした。

記事を読む

【エースコンバット7】"未知なる空"は知っているけど新しい空だった週刊ゲーム日記

今週は『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』をプレイ中です。空へ上がるのは何年振りでしょうか。けれども身体は覚えているようで、エキスパート設定の操作が馴染む馴染む。まさに実家のような安心感。そうだ、ボクはメビウス1でありブレイズでありサイファーであり南十字星であり天使とダンスもしていたんだ。エースとして敵味方の無線が飛び交う混乱した戦場で一人気を吐き、敵に畏れられては味方に褒めちぎられる。そう、これが「エースコンバット」ですよ

記事を読む

【モンスターハンター:ワールド】はじめてのモンハンで狩猟に明け暮れた週刊ゲーム日記

年末年始はSteamのセールで買った『モンスターハンター:ワールド』をプレイしていました。実はボクにとって「モンハン」をまともに遊ぶのははじめてだったりします。ゲームに限ったことではありませんが「えっ?アレやってないの?or 見てないの?or 読んでないのetc.」ってやつですね。ボクの場合は「モンハン」だったわけです。もちろん他にもいろいろありますけれども、セールだし年末年始だし、いっちょやってみっか!って感じで始めてみました。

記事を読む

シバ山ブログ的Game of the Year 2018

2018年も年の瀬ということで個人的なGame of the Yearを勝手に開催したいと思います。選考の基準は、今年リリースされたタイトルでボクがプレイしたものの中から特に印象に残ったゲームを独断と偏見で選ぶ、という感じです。あくまでも"個人の感想です"ってやつです。これを参考に年末年始に遊ぶゲームを考えてみるなどしていただければ幸い。

記事を読む

『ゾンビランドサガ』感想 ゾンビアイドルが突き進んだ道はまさに王道だった

『ゾンビランドサガ』は最先端のアイドルアニメだ。生前にさまざまな"伝説"を残してこの世を去った女の子たちがゾンビとして蘇り、佐賀のご当地アイドルとして活動していく、という物語である。この時点でもう何を言っているのかわからないが、そういう話なのだから仕方ない。ゾンビがアイドルというだけでもワケがわからないのにご当地要素まで加わって、手垢の付きまくったジャンルの三段重ねになってしまっている。そんな題材で大丈夫か?

記事を読む

【ドールズフロントライン】エルフェルトを目指して走り続けた週刊ゲーム日記

今週…というか先週あたりから『ドールズフロントライン』をプレイしています。実は配信直後に少しだけ触ってはいたのですが、他のゲームやらなにやらであんまりやれてなかったんですよね。正直に言うと放置どころかアンインストールしてました。しかしこの度「ブレイブルー」のノエルと「ギルティギア」のエルフェルトがコラボレーションしたと言うではありませんか。実銃をモチーフとした"人形"たちが戦う世界として実にナイスなキャスティング。というわけでホイホイ再開したわけでございます。

記事を読む

【Metro 2033 Redux】ロシアの地下鉄で弾薬を漁った週刊ゲーム日記

今週はSteamのオータムセールで買った『Metro 2033 Redux』をプレイしていました。どうせ1ヵ月後にはホリデーセールが待ち構えているわけですが、今やりたかったので購入即プレイ。もたもたしているとホリデーセールが来てしまいますからね。さて、本作は今時めずらしいシングル専用のFPSで、核戦争後の荒廃したロシアで汚染された地上を終われた人々が地下鉄に寄り添って暮らしている、というステキなポストアポカリプス。そこへミュータントやらファシストやらがやってきてさぁ大変。銃でバンバンしようねぇ、うんうん。

記事を読む

【ASTRONEER】久々に宇宙探索したら想像以上の躍進に驚かされた週刊ゲーム日記

早期アクセスで開発が続いていた宇宙探索サンドボックス『ASTRONEER』ですが、この度めでたく正式リリースの時期が決定したそうです。そういえば長らく遊んでいなかったなと久々に戻ってみたところ、いろいろと変わっていて進歩に驚かされるばかり。とはいえ、テザーを立てながら探索範囲を拡げたり地面を掘ったり埋めたりするベースの部分は変わっていないため、以前と変わらない楽しさがあります。いいですよね、宇宙探索。

記事を読む

【アサシンクリード オデッセイ】レビュー 圧倒的なボリュームの古代ギリシアで自由な傭兵生活を謳歌せよ

『アサシンクリード オデッセイ』をクリアしたのでレビュー。前作『オリジンズ』から引き続きオープンワールドのRPGとなった本作、今回は古代ギリシアに舞台を移して神話の時代を体験することができます。古代ギリシアといっても長い歴史がありますが『オデッセイ』は紀元前431年ごろ、ちょうどペロポネソス戦争でスパルタとアテナイが戦っていた時代です。この戦乱の時代にプレイヤーは傭兵として戦いに身を投じることになります。戦うべき相手はスパルタでもアテナイでもあるのですが、真なる敵はその裏で暗躍する組織。こうして歴史の裏側が描かれるストーリーはいかにも『アサシンクリード』らしいですね。

記事を読む

スポンサーリンク