未来の遠隔コミュニケーション?KinectとHMDを使ったAR実験

まるでその場に人がいるかのように立体的な映像を投影して会話できる実験をしている動画を紹介します。

2012-11-11_2032_compressed.jpg

Kinectを利用して撮影した映像をHMDを通して見ると、その場にいない人が、まるで同じテーブルに座っているように会話できるようです。人だけではなく、モノや背景の映像も切り替えることができるので、テレプレゼンスの手段として利用できるのかも。

Augmented Reality Telepresence with 3D Scanning and Optical See-Through HMDs – YouTube

2012-11-11_2026_compressed.jpg

自分のいる部屋と相手のいる部屋の映像は、こんな感じで合成されます。人だけを合成したり、部屋も合わせて合成したりできます。

2012-11-11_2026_001_compressed.jpg

テーブルと背景は実際にその場に存在しているもので、向かいに座っている人物はHMDの表示上で合成されたもの。映像はやや荒いのですが、角度をつけても違和感ありません。

2012-11-11_2027_compressed.jpg

テーブルの上に小さなソファがでてきました。こんな風に商品のプレゼンができるというイメージ。

2012-11-11_2027_001_compressed.jpg

背景を相手の部屋の映像に切り替えることも。ここではまだテーブルが見えていますが…

2012-11-11_2028_compressed.jpg

テーブルを消して完全に相手の部屋の映像になってしまいました。実際にはテーブルが目の前にあるけど見えない、という状態。

2012-11-11_2029_compressed.jpg

この実験で使われたHMDはこんな感じ。

2012-11-11_2030_compressed.jpg

相手の部屋を映し出すKinect。豪華にいっぱい使ってます。

遠くの人とARでお話できる時代も、案外遠くないのかもしれません。

情報元:
Augmented Reality World (AR) 拡張現実の世界 Augmented Reality Telepresence with 3D Scanning and Optical See-Through HMDs –

スポンサーリンク

フォローする