【STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム】ネタバレありで感想とか 鈴羽・ミスターブラウン・フェイリス編

ネタバレ全開で感想とか書いていきます。今回は鈴羽・ミスターブラウン・フェイリス編。

130505-222257-1280x720p-004710_R.jpg

STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム

※ネタバレありです。ネタバレを見たくない人は見ないようにお願いします。

『線形拘束のフェノグラム』は、シュタゲの各キャラクター視点で描かれるストーリーです。今回はバイト戦士こと鈴羽編とミスターブラウン編、フェイリス編に触れていきます。ネタバレ全開で言いたいこと言うだけです。

【STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム】ネタバレありで感想とか オカリン・ダル・助手編
【STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム】ネタバレありで感想とか るか・まゆり・萌郁編
【STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム】ネタバレありで感想とか 鳳凰院凶真編と隠しシナリオ

ギャグ展開かと思いきや節々で重いバイト戦士編

のっけからバイト戦士の目の前にバイト戦士が2人、というあまりの超展開にギャグ話を予想させましたが、全然そんなことはなかったです。そんな鈴羽に対して周りの人々ののみ込みが早すぎるというか良すぎるというか、そのくらいでないとラボメンは勤まらないのかもしれませんが。

130506-022738-1280x720p-001428_R.jpg

鈴羽が父親を探した後にタイムマシンで過去に旅立つあたりの話なので、内容的には本編の別視点なのですが、鈴羽が3人という状態なので、本編を横から見ている感じにはなっていないのですよね。過去に旅立ってしまう流れは本編と同じなので、このくらいの超常現象でも世界は変わらないようです。世界ヤバイ。

過去に飛んだ自分が長生きできないことを知った上で過去に飛ばなければならない、と、かなりつらい状況になるバイト戦士なのですが、ダルと楽しいひとときを過ごせたことで、どちらかといえば本編よりも救われているのかも。助手と和解できる場面もあるし。

130506-032744-1280x720p-001428_R.jpg

ミリタリー鈴羽は本編の終盤に登場した鈴羽と近そうですが、メイド鈴羽は初登場かな? 彼女の存在自体が、明るい未来の可能性を示す証拠なので、自分の行動が報われるとわかったことが何よりも大きな救いになっているわけですね。3人の鈴羽という暴投気味の変化球をギリギリストライクゾーンに曲げてきた印象でした。

このシナリオで何よりもグッときたのは、過去へ旅立つ直前のメールを送信する側の視点で見られること。『線形拘束のフェノグラム』のシナリオは一切分岐しないので、フォーントリガーシステムがまったく機能していないのですが、オカリンへの「さよなら」メールだけは、ボタンを押す手にちょっとだけ力が入ってしまいましたね。このへんは他キャラ視点だからこその醍醐味ではないかと。

130506-033940-1280x720p-001428_R.jpg

コミカルだけど心温まるミスターブラウン編

ラボメンではないような気がしますが、ミスターブラウン視点も入ってます。ラウンダーとしての裏の顔が見られるのかと思いきや、世界線変動率が3%台と『比翼連理のだーりん』に近い世界で、ノリもそれっぽくなっていました。

130506-035715-1280x720p-001428_R.jpg

宝くじの賞金で娘のためにあれこれ奔走し、結局ラボメンたちと楽しく過ごせればそれでよかったと気付くオチは、 ようするに「しあわせの青い鳥」なんですけど、うまいことはまってるんじゃないかと思います。ひとしきり笑わせた後、しっとりと落ち着いた着地ができているのではないかと。

過去にオカリンに部屋を貸した経緯や、いっしょに飯を食うシーンなど、本編では描かれていなかった深いつながりが見れていいですね。 『線形拘束のフェノグラム』は全体的にシリアスで暗めの話が多いので、明るめのブラウン編には救われる思いでした。そのためか余計に好印象をもてたのかも。

130507-220834-1280x720p-001428_R.jpg

それにしても、ビルを猫ビルにしてしまったり、母親候補をラボメンから探したりと、ブラウンのセンスがひどい、ひどすぎる…。

130506-050354-1280x720p-001428_R.jpg

フェイリス編だけど活躍してるのはバイト戦士

大人の世界で生きてきた完璧超人フェイリスの弱さを垣間見れる内容でした。助手編でもブラウン編でも登場したフェイリスパパが、フェイリス編では死んでる世界線なので、このあたりでちょっと困惑したりも。

フェイリス編なのにフェイリスよりも目立ってるのがバイト戦士。アキバのヒーローになろうと目指したのが過去に実際にいたヒーローなんだけど、70年代で男をなぎ倒していた人って、どう考えても…。これをどうつなげるのかと思いきや、なんと鈴羽が現代まで生存ルートだったなんて。『線形拘束のフェノグラム』ではバイト戦士が救われまくりかも。

130508-155726-1280x720p-001428_R.jpg

フェイリス編も世界線変動率3%台なので、『比翼連理』に近いノリがあり、キャラの動きはコミカルなのですが、フェイリス自身の内にある黒さと自己嫌悪の描写が多く、そこまで明るい空気にならない感じでした。

130506-180117-1280x720p-001428_R.jpg

無線で、ミスターブラウンがちゃんとフェイリスのことを理解していた、ってことに気付くところはいいシーンでもあり、拾った銃弾をポケットに入れてしまうあたりは、やはり汚い大人を感じさせてもくれます。フェイリスが戦ってきた大人たちは、自身が想像しているよりもいい人たちなのか、それとも想像以上に腹黒いのか。結局どっちが描きたかったのか、正直よくわかりませんでした…。

フェイリスはやはり扱いにくいキャラクターなのかもしれません。つかみ所のない立ち振る舞いと、超人的なスペックで、便利なキャラではあるのでしょうけど、中心におくと動かしにくいというか。

それとは別に、今回多くのシナリオで活躍しまくっているのがバイト戦士。ダル編でも大活躍だし、ブラウン編でもキーパーソンだし。ただ、未来人であることをそんなに簡単に打ち明けちゃっていいの?って気もしましたけど。

130506-172618-1280x720p-001428_R.jpg

【STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム】ネタバレありで感想とか オカリン・ダル・助手編
【STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム】ネタバレありで感想とか るか・まゆり・萌郁編
【STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム】ネタバレありで感想とか 鳳凰院凶真編と隠しシナリオ

【STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム】ファーストインプレッション 極力ネタバレなしの第一印象
【STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム】クリア後レビュー カレーにパインは入っていなかった

STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (通常版)
5pb. (2013-04-25)
売り上げランキング: 92
STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (通常版)
5pb. (2013-04-25)
売り上げランキング: 359
スポンサーリンク

フォローする