PS4一覧

【FF15】『戦友』DLCで故郷の誇りにオンラインでシフトブレイクしまくった週刊ゲーム日記

今週は『FF15』のDLC「戦友」をプレイしていました。内容を一言でいうなら「『FF15』のバトルシステムでオンライン4人共闘できる狩りゲー」です。本編のようなオープンワールドではなく、クエストごとに決まったエリアで目標の敵を倒すだけになっているのですが、なぜかこれがめっちゃ楽しい。エキサイティングでスピーディな「シフトブレイク」を活用したバトルを4人でやれるんだから、そりゃ楽しいよね。

記事を読む

【Shadow of War】ですべての城を攻め落としたけどまだ終わらなかった週刊ゲーム日記

引き続き『Shadow of War』でオークと戯れています。今作の目玉である攻城戦がストーリーにも大きく絡んでいるため、ずっと砦を攻めまくっていた気がします。敵の幹部を順番に1人ずつ沈めていって、外堀が埋まったところで砦へGO。ザコしか残っていない砦で大暴れしたら本陣でボスに大苦戦、という流れが毎度のパターンとなっております。たった1人で本陣に切り込んでは逃げ回りながら矢を射ているのがうちの大将です。勝てばよかろうなのだ。

記事を読む

【Shadow of War】で洗脳したオークに世話を焼かれた週刊ゲーム日記

先週から引き続き『Shadow of War』をプレイ中です。実はあんまり進んでいません。南極でヒホヒホしていたことが理由なんですが、それはそれとして。タリオンさんがようやくオークを手懐けられるようになったので、見かけたオークは片っ端から洗脳してまわっております。もう戦う必要はありません。話せばわかるのですから。いや、話す必要もなかった。にしても、最初に洗脳したボス格のオークさん、ちょっと世話焼きすぎじゃないですか?

記事を読む

【Shadow of War】でオークと戯れる生活を再開した週刊ゲーム日記

モルドールへ戻ってきました。『Shadow of War』は『Shadow of Mordor』の続編です。やることは前作と大体同じで、オープンワールドに溢れかえったオークたちを相手にステルスと弓と超カッコイイ殺陣で暴れまわるアクションゲームとなっております。主人公のタリオンさんはどんな壁でもよじ登り、どんな高さから落ちてもビクともしない超人なのは前からですが、今回は2段ジャンプや高速ダッシュを追加されたのでさらに快適に駆け回れるようになりました。テキトーに暴れていい世界って本当ステキ。

記事を読む

【RUINER】レビュー サイバーパンクとしては最高だがゲームとしてはなかなかパンク

サイバーパンクな見下ろし型シューター『RUINER』をレビュー。電脳にハッキングに義体にネオンの光が彩る雑踏。サイバーパンク120%のレンゴクシティを舞台に、兄を連れ去ったヤツらを相手に銃とブレードでバイオレンスに立ち回る内容となっております。バリバリ撃ちまくりながらビュンビュン避けていると音楽の効果も相まってトリップするような気持ちよさが体験できるのが本作最大の魅力。…ですが、ゲームとして難点がないわけでもなく、万人にはオススメしづらい感じかも。

記事を読む

【RUINER】でレンゴクシティへトリップした週刊ゲーム日記

インディーゲームのラッシュが続いている昨今、どのゲームから手につけようか?と悩んでいたのですが、『RUINER』に決めました。映画「ブレードランナー2049」の公開も近いことですし、サイバーパンク月間と洒落込もうじゃありませんか。なんて思っていたのですが、レンゴクシティでは電脳ハックが横行しているようで、どちらかといえば「攻殻機動隊」に近い世界なのかもしれません。とはいえ、手を貸してくれるハッカーのお嬢ちゃんはキュートで"ゴリラ"とは程遠いので安心ですね。

記事を読む

【BBCF】猫も歩けばコンボで躓く週刊ゲーム日記

巷では"神々の戦い"の話題で持ち切りですが、ボクは六英雄最強の剣士になるべく野良猫になっていました。家庭用『BBCF』に追加キャラクター「獣兵衛」がやってきたのは今週の出来事ではありませんが、ちびちび練習していたら10日も経っていたということです。

記事を読む

【ドラゴンクエスト11】(PS4)レビュー 「過ぎ去りし時」はやっぱり「ドラクエ」だった

『ドラゴンクエスト11』をクリアしたのでレビューなど。今回プレイしたのはPS4版で、いわゆる真ボス撃破まで達成したところ、プレイ時間は70時間ほど。ガッツリ遊べました。そのうえでのレビューとなりますが、極力ネタバレは避ける方向で書いていきます。とはいえ、未クリアの人はこんなところを見ていないで早くクリアまで進めましょう。クリア後にここへ戻ってきていただければ幸いです。

記事を読む

【ドラゴンクエスト11】で世界の意思に従い両手剣を捨てるハメになった週刊ゲーム日記

今週もまだまだ『ドラクエ11』をプレイ継続中。すでに正真正銘のラスボス手前で終盤戦なのですが、この時期になるとストーリーを止めて探索や育成に奔走してしまう"いつものヤツ"が発症しております。しかし今回は言い訳をさせてください。だってゲームの側が「ラスボス前にしっかり育成しておけよ」とダンジョンやらクエストやらをお出ししてくるんです。そりゃやるでしょ。で、やりはじめたらキリがないボリュームでいつまで経ってもラスボス手前のままでございます。

記事を読む

【ドラゴンクエスト11】のストーリーがおもしろすぎるがネタバレすぎて何も書けない週刊ゲーム日記

『ドラクエ11』を進めてます。ストーリーは後半戦に入り、いよいよ佳境かといったところ。過去作のオマージュを散りばめつつ、いかにも「ドラクエ」っぽい展開かと思いきや良い意味で予想を裏切ってくる展開の連続なのでめちゃくちゃ楽しめています。しかしそれゆえ、何を言ってもネタバレになりそうで書くことがないという。スクリーンショットも同様で「コイツが写ってるだけでネタバレじゃん!」となりかねないのでなんとももどかしい。どうしてくれよう。

記事を読む

【ドラゴンクエスト11】1stインプレッション 過ぎ去りし時のノスタルジーをオマージュにのせて

仲間キャラクターが全員揃った時点でこの記事を書いています。プレイ時間は15時間くらい。プレイした感触を一言でいうなら「あードラクエだわ」って感じ。安心と安定の「ドラクエ」ブランドは2017年でも健在のようです。一方で、斬新で革新的なところはあまり感じられず、そういうものを求める人は肩透かしを食らうかも。それどころか、「過ぎ去りし時を求めて」というサブタイトルのとおり、過去作のオマージュがガンガン飛んでくる内容であるため、ドラクエおじさんたちが歓喜するかたわら、そうでない人たちがどうなのかはわかりかねますが、ボクは大変楽しめております。あ、言い忘れましたがPS4版です。

記事を読む

【FF12 ザ ゾディアック エイジ】レビュー 高速で快適になったHDリマスター版でもガンビットの鮮度は失われず

『FF12 ザ ゾディアック エイジ』(FF12TZA)をクリアしたのでレビューなど。いわゆるHDリマスター版となる本作、グラフィックの品質が向上しているだけでなく、いくつかの改善点のおかげで非常に快適に遊べるようになっています。また、無印版から11年を時を経ても本作最大の特徴であるガンビットシステムは色褪せていないことを再認識。個人的に好きなゲームだった『FF12』を久々に満喫できたのでホクホクであります。

記事を読む

【FF12 ザ ゾディアック エイジ】でクリア直前になって寄り道をはじめた週刊ゲーム日記

先週に引き続き『FF12 ザ ゾディアック エイジ』をプレイ中です。ラスボスの手前まで来たのですが、そこでストーリーの進行が止まってしまう"いつものヤツ"が発症してしまいました。といってもモチベーションが失われたからではなく、「そういえばアレやコレもやってなかったよな」と思い出したかのように数多くの寄り道要素に手を出し始めたからであります。

記事を読む

スポンサーリンク