週刊ゲーム日記一覧

【アサシンクリード オデッセイ】シャッターチャンスを求めて戦場を荒らした週刊ゲーム日記

今週もまだまだ『アサシンクリード オデッセイ』で古代ギリシアを散策中です。もう60時間を超えているのですがまだまだ終わりが見えない…いや、ちょっとだけ見えてきた感じかも。古代ギリシアへ来たばかりの頃は見るものすべてが珍しく、なんでもかんでもパシャパシャと撮影していたのですが、だんだん慣れてくると汎用オブジェクトの存在に気づいてどこもかしこも似たような景色に思えてきたりもしたものです。それでも写真を撮る楽しさは変わらず、最近ではもっぱら戦闘中にシャッターチャンスを求めるようになってしまいました。命のやり取りの最中に何を考えているのでしょう。

記事を読む

【アサシンクリード オデッセイ】写真の腕を上げるアビリティが欲しかった週刊ゲーム日記

今週も引き続き『アサシンクリード オデッセイ』で古代ギリシアをエンジョイしています。田舎の島から飛び出した傭兵は都会のデカい建物に圧倒され、ただ観光地で写真を撮るばかり。…だったのですが、古代ギリシアでの生活もすでに1週間。さすがに環境にも慣れてくるわけで、当初のテンションもやや落ち着き、ゆったりと観光を楽しめるようになってきました。あ、傭兵としての仕事もちゃんとやってますよ。出張先でちょっと舞い上がってるだけです。野営地を見つけたらスパルタだろうとアテナイだろうと構わず潰してますから、ね

記事を読む

【アサシンクリード オデッセイ】カメラ片手に古代ギリシアを観光した週刊ゲーム日記

今週から『アサシンクリード オデッセイ』で古代ギリシアへ旅行中です。一言で古代ギリシアといっても長い歴史があるわけですが、本作は紀元前431年、ペロポネソス戦争の開戦あたりから始まります。といっても、ゲーム開始してまず最初に目にするのはそれよりもさらに前の時代、レオニダス(CV中田譲治)率いるスパルタ軍とペルシア軍の戦いで、エキサイティングな大規模バトルを体験することになります。いきなり『300』ですよ、『300』。This is Sparta! かつてこれほどゴージャスなチュートリアルがあったでしょうか。

記事を読む

【ドラガリアロスト】ずきゅん!と竜化した週刊ゲーム日記

今週は任天堂とCygamesという最強タッグの生み出した『ドラガリアロスト』がリリースされたのでさっそくプレイしていました。斬新さや目新しさではなく、完成度と安定感で勝負しているような内容から実にCygamesっぽさが感じられます。一方、任天堂っぽい部分としてはやはり手触りの良いアクションパートだと思うのですが、ガチャの仕様と確率やキャラクターの調整などからもそれっぽさを感じられたり、いろんな意味で両社が混じり合っているなという印象であります。それがボクらのネットワーク。

記事を読む

【ベルトアクションコレクション】で懐かしさに包まれた週刊ゲーム日記

今週は『ベルトアクションコレクション』をプレイしていました。往年のカプコン製ベルトスクロールアクションがいっぱい詰まった1本で個人的にめちゃくちゃ嬉しい内容になっています。移植はあっても"おま国"だったり中古価格が高騰していたり、なかなか遊べなかったタイトルもオンライン込みで遊べるのが非常にありがたいところです。何より今回が初移植となる『パワードギア』と『バトルサーキット』が目玉。ああ、生きててよかった…!

記事を読む

【Destiny2】公開イベントぶらり1人旅を満喫した週刊ゲーム日記

今週は『Destiny2』をプレイしていました。といっても追加された「孤独と影」ではなく無印の本編にあたる部分をやっています。PS Plusのフリープレイにあったから、というだけの理由です、ハイ。メインクエストという名のチュートリアルを終え、その後に追加されるアドベンチャーやクエストもだいたい終わったので、日刊挑戦を消化しながらフィールドをぶらつく日々を送っています。ストライクでガッチリ協力プレイもいいのですが、公開イベントにふらりと参加するのが気楽でいいですね。スパローで駆けつけてドッカンドッカンしたら報酬拾ってサラダバー。そんなんでいいのか太陽系最後の希望。

記事を読む

【Marvel's SPIDER-MAN】ニューヨークをウェブスイングで気持ちよく飛び回った週刊ゲーム日記

今週はスパイダーマンとしてニューヨークを守っていました。過去にDivisionエージェントとしても散々歩き回ったマンハッタンですから楽勝だろう…、と思っていたのですが、地面を歩くのとビルの間を飛び回るのでは文字通り天と地の差がありまして、まったく違ったニューヨークを体感しております。そもそも全然違うゲームなのだから当たり前なのですけれども。

記事を読む

【The Messenger】忍者なら足場など不要ってわけでもないと思った週刊ゲーム日記

今週は『The Messenger』をプレイしていました。どうみても「忍者龍剣伝」みたいな印象を受けるこのゲーム、実際かなりの影響を受けているようです。パッと見はファミコン風のレトロスタイルなアクションゲームですが、ゲームを進めていくとスーパーファミコン風になったり、その2つを行き来しながら進めたりするようになります。壁に張り付いてジャンプするリュウ・ハヤブサっぽいアクションももちろん可能で、まっすぐなリスペクトを感じずにはいられません。そんな中、本作独自の特色として存在しているのは、ジャンプ攻撃を当てるともう1回ジャンプできるシステム、です。

記事を読む

【オクトパストラベラー】辿り着いたたった1つの真実に屈した週刊ゲーム日記

まだまだ『オクトパストラベラー』をプレイ中です。ついに全員の4章をクリアし、全キャラクターのメインストーリーは終わりました。一見バラバラで無関係に見えたストーリーでしたが、それぞれの結末の中で強大で邪悪な存在をほのめかす描写があり、何やらパズルのピースが集まってきた予感。さぁ、残すは真のラスボスのみ!…といったところで問題が発生。真ボスどこやねん。

記事を読む

【オクトパストラベラー】剛剣の騎士が唸りまくった週刊ゲーム日記

今週もまだまだ『オクトパストラベラー』をやっています。現在は全員の3章が終わって4章を進めているところです。だんだん終わりが見えてきましたね。でもここへきてまたしても戦いに変化がありました。2章から3章に入ったあたりではサイラス先生の大魔法でドッカンドッカンするばかりの頭の悪い戦い方に明け暮れていたボクでしたが、3章を進めている途中あたりから奥義を軸にしたスマートな戦いにシフトしています。奥義は奥義というだけあって威力も抜群。今度はコイツでドッカンドッカンです。…スマートとは。

記事を読む

【オクトパストラベラー】先生お願いします作戦で戦いを切り抜けた週刊ゲーム日記

今週も引き続き『オクトパストラベラー』をプレイ中です。進行状況は全員の2章が終わって3章をぼちぼち進めているあたり。あんまり進んでいないのは寄り道のせいもありますが、猛暑に身体がやられているせいです。といっても熱中症というわけではなく、突然の暑さに身体がついていけてないといいますか、季節の変わり目に毎度起こるやつです。それでも『オクトパストラベラー』のあまりのおもしろさが体調が良くなる…なんてこともなく、現実は甘くありません。ともあれ、とても楽しんでおります。

記事を読む

【オクトパストラベラー】加入した仲間たちが全員強キャラに見えてしまった週刊ゲーム日記

『オクトパストラベラー』をプレイ中です。これを書いている現在はまだメインキャラクター8人が揃ったところで、2章の推奨レベルの跳ね上がり様に恐れおののいている次第であります。たぶん多少のレベル差は大丈夫なんでしょうけども。なんにせよ、体験版での感触は製品版でもそのままで、かなり楽しませてもらっております。

記事を読む

【The Division】でエージェントとしての記憶を呼び覚ました週刊ゲーム日記

今週はSteamのサマーセールで買った『The Division』を遊んでいました。過去にXbox one版を散々やったはずなのに、8割引きになっているのを目にしてなんとなくやりたくなったので買っちゃいました。当時はバリエーション豊かなグリッチと開発側の意図をわかりたくないような調整の数々で悪態をつきながらプレイしていたような気がするのですが、今になってまた最初から遊ぶとずいぶんと違った景色がみえてきたように思います。もちろん、環境自体が大きく変わっているわけですけれども。

記事を読む

スポンサーリンク