「 レビュー 」一覧

【Super Slam Dunk Touchdown】野球選手がサッカーボールをバスケットゴールにダンクする「くにおくん」系スポーツ乱戦ゲーム

【Super Slam Dunk Touchdown】野球選手がサッカーボールをバスケットゴールにダンクする「くにおくん」系スポーツ乱戦ゲーム

一見すると3on3のバスケットボールのようで、サッカーのようでもあるし、ホッケーでもある。野球選手もアメフト選手も一緒になって走り回り、テニスボールからボウリングの球まで奪い合い、シュートしたりダンクしたり。こうして言葉にするとワケがわかりませんが、実際にプレイしてみると、驚くほどワケがわかります。

記事を読む

【Olympia Rising】レビュー ジャンプ斬りで敵を倒せばもう1回ジャンプできる2Dアクションでオリンポス登山

【Olympia Rising】レビュー ジャンプ斬りで敵を倒せばもう1回ジャンプできる2Dアクションでオリンポス登山

『Olympia Rising』はオリンポス山の地下を登っていく2Dアクションゲーム。山登りというだけあって、登っていくステージが中心となっていますが、主人公の機動力が高いので、飛んだり跳ねたりしながら駆け抜けていけます。かわいらしい見た目に反してなかなかの難易度ですが、一気に登り切れる手頃なボリュームとなっています。

記事を読む

【Odallus: The Dark Call】レビュー ストイックな男気あふれるファミコン風の探索型2Dアクション

【Odallus: The Dark Call】レビュー ストイックな男気あふれるファミコン風の探索型2Dアクション

いかにもファミコン風なグラフィックが目を引く『Odallus: The Dark Call』は、見た目も中身もファミコン時代を強く意識した2Dアクションです。オーソドックスなジャンプ&アタックのアクションで、本作ならではの独自要素はほとんどありませんが、ソード1本と腕力ですべてを叩きのめすところに男気を感じずにはいられません。

記事を読む

【Dungeon Souls】早期アクセスのプレイレポート 高難易度なローグライクアクションは見下ろし型の『Risk of Rain』だった

【Dungeon Souls】早期アクセスのプレイレポート 高難易度なローグライクアクションは見下ろし型の『Risk of Rain』だった

早期アクセスで配信が開始された『Dungeon Souls』をプレイしたので内容の紹介など。ドット絵のチビキャラがちまちま動く系のゲームは大好物なので飛びついたわけですが、予想以上の高難易度に圧殺されております。開発者が『Nuclear Throne』や『Risk of Rain』に影響を受けたといっているとおりの内容なので、ピンときた人はやってみましょう。

記事を読む

【アサシンクリード4 ブラックフラッグ】レビュー カリブの海賊の黄金時代を追体験するオープンワールド海賊アクション

【アサシンクリード4 ブラックフラッグ】レビュー カリブの海賊の黄金時代を追体験するオープンワールド海賊アクション

今更ですが『アサシンクリード4 ブラックフラッグ』をやったらめちゃくちゃ楽しめたのでレビューなど。アサシンとしてステルスメインのミッションをこなすオープンワールドであるところは想像どおりでしたが、カリブの海賊として海戦や略奪といった海賊生活を満喫しつつ、18世紀初頭の海賊の黄金時代を舞台に歴史の証人となるストーリーが素晴らしい仕上がりでありました。

記事を読む

【ペルソナ4 ダンシング・オールナイト】レビュー 「ペルソナ」らしい超ハイカラな音ゲーで最後の宴を踊り明かせ!

【ペルソナ4 ダンシング・オールナイト】レビュー 「ペルソナ」らしい超ハイカラな音ゲーで最後の宴を踊り明かせ!

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』のレビューです。「なんで音ゲーやねん」と思うなかれ。キャラゲーに甘えないクオリティと、数多くのシリーズから提供された楽曲によるリズムゲームと、現代のキャッチーな問題にスポットを当てる「ペルソナ」らしいストーリーモードにより、『P4』シリーズの正統な続編としても、集大成としても楽しめる1本なのです。

記事を読む

「もぐらゲームス」にて現代のファミコンのメトロイド風アクション『Axiom Verge』のレビューが掲載されました

「もぐらゲームス」にて現代のファミコンのメトロイド風アクション『Axiom Verge』のレビューが掲載されました

またまた寄稿した記事が掲載されました。今回はファミコンのメトロイド風アクションゲーム『Axiom Verge』です。「メトロイド」だけでなく、いろんなファミコンゲームの要素が詰め込まれているので、かつてのファミコン少年たちには胸がワクドキなタイトルとなっております。

記事を読む

【スプラトゥーン】レビュー インクで世界を塗り替えるイカはコミュニティ作りも上手だった

【スプラトゥーン】レビュー インクで世界を塗り替えるイカはコミュニティ作りも上手だった

世間をにぎわせているイカが水鉄砲でインクを塗りたくる『スプラトゥーン』は任天堂の本気がうかがえる斬新かつ完成度の高いシュータータイトルとなっています。ゲーム内容とビジュアルの一致、遊びやすさとリプレイ性など、クオリティの高さが際立つ本作ですが、注目すべきは任天堂の運営方針かもしれません。

記事を読む

【スプラトゥーン】ヒーローならば多角的にインクを活用せよ シングルモード・レビュー

【スプラトゥーン】ヒーローならば多角的にインクを活用せよ シングルモード・レビュー

発売後からナワバリバトルに身を投じて目の下がクマで真っ黒…まさにイカになってしまった人も多いとは思われますが、シングルキャンペーン「ヒーローモード」も忘れずに遊んでみましょう。陣地のために塗りつぶすだけではない、新しいインクの活用法がアクションに昇華されています。

記事を読む

「もぐらゲームス」にて血と鉛弾の2Dアクションシューター『NOT A HERO』のレビューが掲載されました

「もぐらゲームス」にて血と鉛弾の2Dアクションシューター『NOT A HERO』のレビューが掲載されました

寄稿した記事が掲載されました。前回の正義の戦隊ヒーローとはうってかわって、ギャングたちを血祭りにあげるヒーローではない人々による2Dアクションシューター『NOT A HERO』です。

記事を読む

【Kung Fury: Street Rage】右と左に殴るだけ!でも映画のゲーム化としては正しい…かも

【Kung Fury: Street Rage】右と左に殴るだけ!でも映画のゲーム化としては正しい…かも

むせかえるほどの80年代臭がSteamにやってきた! 『Kung Fury: Street Rage』はアーケードスタイルのベルトアクションみたいな何かなのだけど、映画とセットで堪能すれば最高にクレイジーな気分を満喫できます。映画ってビデオテープだったんだぜ?

記事を読む

【スプラトゥーン】1stインプレッション 今宵ボクはイカになる

【スプラトゥーン】1stインプレッション 今宵ボクはイカになる

時代はイカです。イカとイカがカラフルなインクをドバドバまき散らして街中を自分色に染め上げる任天堂謹製のアクションシューター『スプラトゥーン』がついにリリースされました。発売日前夜に解禁されたダウンロード版にて、一足お先に塗りたくってきたので、ゲームの紹介とプレイ感など。

記事を読む

「もぐらゲームス」にて特撮戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』のレビューが掲載されました

「もぐらゲームス」にて特撮戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』のレビューが掲載されました

ボクの寄稿した記事が掲載されたので、お知らせと宣伝です。特撮の戦隊モノを題材にしたタクティカルなSRPG『Chroma Squad』のレビューを「もぐらゲームス」にて書きました。いつも以上に力を入れて書いたつもりなので、読んでいただけるとうれしいです。

記事を読む

スポンサーリンク