シバ山ブログ的・2015年Game of the Year

ボクが2015年にプレイした中から、個人的に印象に残ったタイトルをあげていきます。「Game of the Year」なんていってますが、遊んだゲームも選ぶゲームも独断と偏見なら、「おもしろい」も「つまらない」も主観以外の何物でもありません。そもそも、1人で遊べるゲームの数なんてたかが知れているのだから、あまり気負わず、テキトーに流しましょう。

Game of the Year 2015

今年ボクがプレイした中で、2015年にリリースされたタイトルは30本くらい。去年も同じくらいだったので、消化ペースはあまり変わっていません。クリアするまでは遊ぶスタイルなので、なかなか本数は増えないですね。しかも、今年はモバイル系でクリアのないゲームにいくつか手を出したため、余計に時間がとられてしまった面も。でも結局、本数に変化がないということは、ゲームに費やせる時間は変わっていないということで、世は事もなし、概ね平和な暮らしができているといっていいでしょう。…どうだろう。

ともあれ、2015年のGame of the Year、いってみましょう。

ベストミュージック

Not A Hero

NOT A HERO レビュー記事掲載のお知らせ

一言でいうと、ハイスピードでバイオレンスな「エレベーターアクション」な本作をバックから盛り上げる音楽は、Chiptune系のアーティストを集めたバリバリのChiptuneサウンド。ピクセルアートスタイルのグラフィックや世界観とマッチしているだけでなく、単体として聴いてもめちゃカッコイイので今でもよく聴いています。どうせ買うならサントラ付をオススメ。

【NOT A HERO】カッコイイBGMが最高にクールなので楽曲の提供アーティストをまとめてみた
『NOT A HERO』のBGMはChiptune系を中心に複数のアーティストから楽曲が提供されているのですが、どれもカッコイイのでネットで検索してみたのですよ。そして、たどり着いたSoundCloudで聴き入っているうちに時間が過ぎているという結果に。

ベストRPG

セブンスドラゴン3

セブンスドラゴン3 シリーズの中枢をなすシステム

いわゆるJRPGのド真ん中に気持ちのいいストレートを投げ込んでくれたタイトルで、現代においては稀有な存在です。3人パーティに対してドラゴンは2回行動してくる、というシンプルなメカニズムで意図的に苦戦を演出しているところが特にお気に入り。キャラクターやストーリーなど、シリーズの集大成としての完成度も高いので、RPGらしいRPGをやりたくなったときにオススメの1本。

【セブンスドラゴン3 code:VFD】レビュー 凡庸ならぬスタンダードRPGの集大成
『セブンスドラゴン3 code:VFD』をクリアしたのでレビューなど。本作は完結編としてシリーズの集大成となる内容であり、前作からの直系を感じる内容であるため、初代から前作を振り返りつつ、「セブンスドラゴン」シリーズの総括的な話を交えて紹介していきます。

ベストドッグ

メタルギアソリッド5 ファントムペインのDD

メタルギアソリッド5 ファントムペイン レビュー

ベストキャラクターならぬベストドッグの栄冠はDDに。いやー犬好きなんですよ、ボク。オープンワールドで犬と一緒に走り回れるだけでもたまらないのに(実際、購入の決め手になったのはコレでした)、DDはかわいいだけでなくめちゃくちゃ優秀な相棒でもありました。しかも、キッチリ仕事をした後はよしよししてあげられるし、言うことナシ。えっ?狼だって? いやいや犬ですよ、犬。

【メタルギアソリッド5 ファントムペイン】レビュー プレイヤーに託されたオープンワールドへ自由潜入せよ
オープンワールドになり、広大なフィールドで自由に遊べるようになった「メタルギア」は、プレイヤーに与えられた膨大な選択肢が自由度を跳ね上げたゲームになりました。どんな手段で攻略するかはプレイヤーに委ねられているものの、やはり「メタルギア」といえばステルス潜入。緊張感にあふれたかくれんぼは遊び心満載のオモチャ箱でもあるのです。

好きなモノ作ったで賞

Axiom Verge

AxiomVerge_review

ファミコン風のメトロイドヴァニア…というか、「メトロイド」だこれ!と、思っていたら「アルゴスの戦士」だったり「ヒットラーの復活」だったり。たった1人の開発者によって作られた本作は、懐かしのアクションゲームからのネタが盛り込まれまくっていて「好きなモノを片っ端から詰め込んできたな!」とニヤニヤしながら遊べます。一見すると懐古のようにみえるかもしれませんが、こういうのって、現代だからこそできる楽しさなんですよね。

「もぐらゲームス」にて現代のファミコンのメトロイド風アクション『Axiom Verge』のレビューが掲載されました
またまた寄稿した記事が掲載されました。今回はファミコンのメトロイド風アクションゲーム『Axiom Verge』です。「メトロイド」だけでなく、いろんなファミコンゲームの要素が詰め込まれているので、かつてのファミコン少年たちには胸がワクドキなタイトルとなっております。

「おま国」残念賞

Chroma Squad

Chroma Squad

戦隊ヒーローを愛した人たちが作った戦隊モノのストラテジー。ただ戦隊として悪と戦うだけではなく、戦隊モノのTV番組を作っていく、という一風変わった内容ですが、ストーリーのアツさは折り紙付き。どうして本作が「おま国」でなければならなかったのか。正義は死んだのか。いや、むしろ法という名の正義が生きているからこそ「おま国」なのか。残念ながら国内でのリリースはできていませんが、いつの日か、ちょっと柔軟になった正義が彼らを導いてくれることを信じましょう。

「もぐらゲームス」にて特撮戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』のレビューが掲載されました
ボクの寄稿した記事が掲載されたので、お知らせと宣伝です。特撮の戦隊モノを題材にしたタクティカルなSRPG『Chroma Squad』のレビューを「もぐらゲームス」にて書きました。いつも以上に力を入れて書いたつもりなので、読んでいただけるとうれしいです。

やわらかかったで賞

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

DOA5LR002_R

「やわらかエンジン」、なんと聞こえのいい言葉か。もうね、このネーミングセンスだけでサムズアップせざるをえません。もちろん、名前負けしないクオリティが実現されているのだからすばらしい。マジやわらか。こだわりぬかれた肉体美ばかりに目がいきがちですが、実はゲームの内容も遊びやすい格闘ゲームになっているので、気がついたら普通にコンボ練習をしていたり。来年は「やわらかエンジン2.0」としてビーチに凱旋してくるようなので、期待に胸が膨らみます。

【DEAD OR ALIVE 5 Last Round】格ゲーとしてどんな感じかをやわらかく書いてみる
基本無料でオンライン対戦し放題な3D格闘ゲーム『DOA5LR』がリリースされました。バインバインでたゆんたゆんな女性キャラクターの魅力をさらに研ぎ澄ませた「やわらかエンジン」に目を奪われがちですが、今回は本作の格ゲーとしての部分について書きます。間口広めのいい格ゲーだと思うんですよ。

ベストローグライク

Nuclear Throne

nuclear throne

すみません、実はまだクリアできてません。でも、このゲームを今年の代表作に入れないわけにはいきませんでした。「あれ?今年のゲームだっけ?」と思われる方もいるかもしれませんが、早期アクセスを卒業して正式にリリースされたのはこの12月なのです。で、それから本格的に攻略をはじめたので、年末までに間に合わなかったという。

インディーなゲームでローグライクを名乗るタイトルは数多くありますが、本作もそんな中の1つ。最近の広義でのローグライクは、クリアやゲームオーバーにランダムな要素が大きく影響する、という感じでしょうか。本作においても、武器やスキル、マップや敵の配置と、多くのランダム要素が絡み合うのですが、結局のところプレイヤーがやるべきことは「避けて撃つ」だけ。シンプルだけど奥深く、何よりもムズかしい。長期間にわたって調整されているため、昨今のローグライクゲームの中で抜群のクオリティに仕上がっているのではないかと。

Game of the Year 2015

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ

個人的に今年1番遊んだような気がするゲームはコレでした。正直、2シーズンにわたって放映されたアニメにドハマりしたことや、初めてまともに音ゲーと向き合って上達を実感できたことなど、自分を取り巻く環境による追い風もかなりあると思います。とはいえ、本作のクオリティの高さに疑う余地などないでしょう。

踊っているキャラクターの3Dモデルだけではなく、ロード時間に1コマ劇場なんてものを差し込むほどの作り込みは、尋常ではありません。決して斬新なゲームというわけではないので、クオリティで勝負をするのはわかるのですが、だからといって1コマ劇場や歌に合わせて動く口元、セリフにあわせて変化する表情など、どこをみても舌を巻く作り込みっぷり。スマートフォンという舞台でも、完成度で勝負をする時代が本格化するのだろうか、と思うとゾクゾクさせらます。

【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】低難易度のぬるいプレイスタイルを半月つづけた結果
『デレステ』がリリースされてから半月。音ゲーが得意ではない身でありながらも、ぬるくプレイを継続中です。無理して高難易度に挑む必要はない仕様ではありますが、さすがにボチボチ新たな挑戦が必要なとき。新たな難易度に会いに行こう。

そんなわけで、個人的に今年1番印象に残ったのは『デレステ』でした。今まではスマートフォンのゲームといえばソーシャルゲームという風潮が強かったのですが、だんだんとソーシャル要素が薄まり、ゲームの部分が濃くなってきているように感じます。「ソシャゲ」という言葉があまりにも定着してしまったので、今後も呼び名が変わるとは思えませんが、人とのつながりではなくゲームを求めているボクにとっては歓迎すべき流れでもあります。

さて、来年2016年はどんなゲームが待っているのか。楽しみは尽きませんが、ひとまずは目の前にある『Nuclear Throne』のクリアを目指しつつ、『Fallout4』で犬の散歩をしながら年を越したいと思います。それでは、よいお年を。

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2015-06-29)
売り上げランキング: 7
スポンサーリンク

フォローする