【Anthem】ジャベリンで自由に空を飛び回った週刊ゲーム日記

シェアする

今週は一足お先に『Anthem』をプレイしています。なんとOrigin Accessのプレミアに登録するだけで遊べちゃうんですよ。別に製品版を購入する必要もないのでめちゃ安です。もちろん、プレイできるのはプレミアに登録している期間だけですけど。ちなみに、この手のサービスはどれもそうですが自動更新で料金が引き落とされていくシステムなのでこれから契約する人はご注意を。解約しても支払った期間は有効なので自動更新が嫌なら即解約しちゃいましょう。我ながら貧乏くさいなと思わなくもないのですが、1ヶ月後にはエージェントとしてワシントンに召集される予定なので…。

さて、『Anthem』の話をしましょう。『Anthem』はTPSとRPGを融合したタイプのゲームです。オンラインにも対応しており、4人で協力してミッションに挑むことも可能。このあたりはもう珍しくもないですね。で、本作の最大の特徴はといえば、「飛べる」ってことです。プレイヤーはジャベリンと呼ばれるカッチョイイスーツを身にまとっており、まるでアイアンマンのように空を飛ぶことができるのです。これが楽しい。

空を自由に飛びたいな、ハイ!ジャベリン!

空を飛ぶ楽しさをフルに味わえるのはフリープレイモードが解禁されてから。これはフィールドを自由に探索できるゲームモードですね。ミッションは順路に従って進むだけなので空を飛べるといっても解放感はあまりなかったのですが、フリープレイなら好き勝手に飛び回れるんですよ。ひゃっほう。序盤のミッションをやっているときは「楽しいけどまぁ普通かなー」くらいだったんですけれども、フリープレイモードができるようになってからは印象が一変しました。自由に飛べるっていいですね。

あと『Anthem』でここがいいなと思ったのはオンラインでしょうか。ミッション開始時にマッチングして終了したら解散という流れなのでかなり気楽。現状はほとんどのプレイヤーが序盤ということもあってかマッチングも早くて快適です。一応プライベート設定にすればソロでも遊べるのですが、今のところソロで遊ぶ理由はないですね。敵の数や強さが変わっても4人で戦った方が圧倒的に楽だし報酬もおいしいので。

ちなみに戦闘中もホバリングでだいたい飛んでます

気になったのは読み込み時間でしょうか。拠点から出撃するときとミッションを終えて拠点に戻るときに長めの読み込みが発生します。SSDにインストールしてはいるのですけれども、それでもちょっと長いかなと感じるくらいの時間です。1つ1つのミッションはそんなに長くないので読み込みの頻度も高め。SSD搭載のPC環境でこれなら、HDDの家庭用機だとどうなってしまうのか、ちょっと心配です。もしかしたらどちらでも大差ないのかもしれませんけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク