【真・女神転生4】プレイ日記3 クエストを消化しつつ上野から霞ヶ関へ

上野のターミナルまで到達したサムライ一行。ここからメインとチャレンジのクエストをモリモリ消化していきます。

20130525_170535_R.jpg

真・女神転生4 | シバ山ブログ

イザボーのいうように、この世界の東京は物騒です。そういうレベルじゃない気もしますが。

全滅した場面のことはほとんど触れていませんが、実際にはあっちこっちで死にまくっています。いちいち書いていたらキリがないので割愛しているだけです。といっても、こまめにセーブしておくことでカロンの搾取は拒否っています。

『真4』にはクエストを受注して消化していくシステムがあるのですが、今回はメインとサブの両方のクエストをどんどん消化していってます。

前回のプレイ日記は以下の記事でどうぞ。
【真・女神転生Ⅳ】プレイ日記2 メデューサ攻略から東京の地へ

死の舞踏会クエストで待っていたのは魔人デイビット

まず、東京ではなくミカド国でやり残していたクエストから手をつけました。が、これが大きな間違いでドン詰まりに。『死の舞踏会』クエストは、ナラク3層で目標の敵を倒して周る内容。相手はマカーブルやレギオンの軍勢で、5回倒せばクリアとなっています。

20130524_222806_R.jpg

先制できれば1ターンで倒せるものの、先制できなかった場合や、攻撃にミスが出た場合がかなり危ない。「ベノンザッパー」は高威力で毒付着なのに、連発されるとあっという間に全滅できます。とはいえ、そこはこまめなセーブで乗り切っていたのですが…。

最後の5体目を倒したところで、追加でなんと、魔人デイビットが乱入。

20130524_222855_R.jpg

「マハムド」を使ってくるので、運が悪ければ一瞬で全滅できます。こちらも呪殺耐性の防具を身につけてはいったのですが、それでも即死することが何度もあり、かなりの回数挑むことになりました。

最終的に呪殺無効の仲魔を組み込みつつ、運よく「マハムド」が1度もヒットしない流れで撃破。ここでかなりの時間を食われましたが、無事に魔人デイビットの合体条件が解除されました。

クエストを一旦キャンセルしてもよかったのですが、目標の敵をもう一度4体倒すのは面倒なので、ちょっと意地になってしまったのかも。サブクエスト中はダンジョン内のBGMなんかも変わっちゃうので、「終わらせないと!」って気持ちが強くなってしまう気もします。

ハンター商会のクエストもどんどん消化

20130525_155107_R.jpg

「百人分の卵」クエストは、スカイツリーのメデューサがいたフロアの外周にあった調査ポイントですね。調査すると妖鳥ルフと戦闘になります。

20130525_011935_R.jpg

妖鳥ですが、銃撃反射のため、銃撃は絶対NG。火炎が弱点なのでアギ系を叩き込みます。衝撃系の全体魔法を使ってくるのでパーティの弱点には注意。

不忍沼のピアレイ退治

サブクエストばかりやっていると、なんだかメインのお話を忘れそうになりますが、黒きサムライを追うのが本来の任務。黒きサムライにつながりそうな悪魔討伐隊を調査するため、霞ヶ関を目指します。

20130524_213039_R.jpg

しかし、霞ヶ関へ向かう途中の橋には、悪魔が陣取っていて渡れません。悪魔が要求してくるピアレイの首を求めて上野に戻ります。ハンター商会で情報を聞き、クエストを受注したら、地下街の奥から不忍沼へ。

20130525_153105_R.jpg

中央の建物の上には武器「ホーソンスピア」が落ちていました。槍なので全体対象、1~3回攻撃、睡眠付着となかなか使える武器です。ずっと金欠なので武器はありがたいところ。

ピアレイはボート乗り場にいます。まずモウリョウの軍勢とバトルになり、連戦でピアレイ戦になります。

20130525_160710_R.jpg

ピアレイは「ムド」を連発してくるので、呪殺耐性を高めて挑みたいところ。弱点は火炎属性なので、アギ系を連発していれば沈められるはず。

えらく臭いらしいピアレイの首を手に入れたら、橋をふさいでいた悪魔の元へ急ぎます。

20130525_162905_R.jpg

ピアレイの首を渡したら速攻で食べられてしまいましたが…なんにせよこれで霞ヶ関へ向かうことができます。

ガイア教団の集まる東京駅

川を渡ったらさらに西へ。ガイドの男が案内してくれるとおりに南へ向かいます。

20130525_163219_R.jpg

途中の東京駅にちょっと寄り道。東京駅は敵シンボルもでない平和な場所みたいです。

20130525_163906_R.jpg

どの部屋に入ってもガイア教団の人ばかり。築地がガイア教団の本拠地のようですが、いまのところは教団により道がふさがれており、進むことはできないようです。

20130525_163746_R.jpg

東京は阿修羅会とガイア教団という2つの勢力があるっぽい感じですね。

霞ヶ関で明らかになる過去の東京

いよいよ霞ヶ関に到着。マップは広い道路と地下への入り口のみなので、特に迷うことはなさそうです。

20130525_164203_R.jpg

地下への入り口はどれもセキュリティで閉じられており、入ることができません。1箇所だけ、ようすの違う場所があります。

20130525_170028_R.jpg

立ちふさがるおっちゃん。もとい阿修羅会の男たち。阿修羅会の人はスマホを使って悪魔召喚しているようです。スマホを独占するために秋葉原を爆破したとも噂されており、力を独占しているのかも。

20130525_170506_R.jpg

おっちゃんの召喚したのはツチグモ。「ジオンガ」を撃ってくるので雷撃弱点の仲魔は外しておきましょう。また、物理耐性があるのか、物理攻撃のダメージはあまり通らない感じです。弱点は氷結属性なのでブフ系を連発して一気に決めましょう。

ツチグモを倒して地下へ進むと、最初の部屋にターミナルがあります。が、いつものように番人が待っています。

20130525_171214_R.jpg

番人の男が召喚するのはピクシーとハイピクシーの軍勢。軍勢には全体系の魔法が通りやすいので、それほど苦戦するポイントはないかも。衝撃系の魔法を使ってくるので、パーティの弱点だけには注意を。

阿修羅会の男たちが守っていた霞ヶ関の地下にあったのは、悪魔討伐隊の拠点で、ブリーフィングルームと武器庫があります。武器庫にあったのは…。

20130525_171826_R.jpg

黒きサムライが身につけていたものと同じ、黒いデモニカスーツが大量に保管されていました。もちろん拝借してしまいます。

20130525_171916_R.jpg

もちろん装備もしてしまいます。呪殺耐性で衝撃弱点ですね。また、銃「ロックステアー」も入手。こちらは攻撃力は低めですが、全体効果の銃なので、使い勝手はかなりいい感じです。

どこからどうみてもバケツにしか見えないかもしれませんが、『ストレンジジャーニー』をやっていた人間にとってはカッコイイと思えてしまうのです。

20130525_172114_R.jpg

ブリーフィングルームでミカド国に報告して基地捜索クエストは終了。

20130525_172903_R.jpg

ミカド国の上層部がますます胡散臭くなってきたので、カオスサイドに傾きそうな選択肢を選んでしまう…。

このブリーフィングルームに入りなおすと、バロウズを介して過去の東京のデータを見ることができます。2012年付近に悪魔召喚プログラムが出回り、2013年には政府の呼びかけで悪魔討伐隊が結成された、ということが読み取れます。そして東京に悪魔が現れたのは25年前。あれ?東のミカド国はグレゴリ暦1492年とかいってたから、これは…。

ところで、レベルが上がるたびに「そろそろ変身できそう」といっていたヒーホー君がついに変身できるようになりました。

20130525_172738_R.jpg

さて、どんな悪魔に進化するのかとワクワクしていたら…。

20130525_172806_R.jpg

なんでやねん。ちょっとワイルドすぎるでしょう。

そんなわけで、お気に入りの悪魔がこんなことになってしまい、しょんぼりしつつも荒廃した東京の旅は続きます。

プレイ日記の続きは以下の記事でどうぞ。
【真・女神転生Ⅳ】プレイ日記4 新宿でコープス退治から都庁奪還まで

スポンサーリンク

フォローする