【LUFTRAUSERS】2Dだけど飛んでる感あるフライトシューティングがSteamで予約開始

セピア調の色彩にシンプルなドット絵というビジュアルが印象的な『LUFTRAUSERS』
よくある360度シューティングっぽくみえて、実はバンゲリングベイ的な操作になっています。
なので、結構「飛んでる感」あります。
luftrauser01_R

LUFTRAUSERS
Steam:LUFTRAUSERS

『LUFTRAUSERS』の開発は「Super Crate Box」や「Serious Sam: The Random Encounter」、「Nuclear Throne」などを手掛けているVlambeer。

どれもカラフルでかわいらしいドット絵が目を惹くタイトルだったのですが、今回はセピア調に単色のシルエットとレトロ風味で渋めな路線。カッコイイですね。

Luftrausers – Join the War Effort – YouTube

元々はブラウザゲームだったそうで、Webサイトの下の方で遊べるようになっています。
TRAINING SIMULATORという扱いになっていて、体験版として触れる感じですね。

海外製のゲームによくある360度シューティングに見えますが、実はちょっと違います。
十字キーの上で加速、下で減速、左右で方向転換、というラジコン的操作になっています。

往年のゲーマーなら「バンゲリングベイ」を思い出させるかもしれません。
といっても、見下ろし型ではなく、横スクロール視点ではありますけど。
luftrauser02_R
やってみるとわかるのですが、思い通りに操作するにはちょっと慣れが必要です。
敵と戦うどころか、飛ぶだけでもなかなかに大変です。
しかし、それだけにうまく操作できたときの「飛んでる感」は心地よいものがありますね。

今回Steamでリリースされる本作は、このブラウザゲームからの拡張版という位置づけのようで、機体のカスタマイズや大量のミッションなどが用意されるとのこと。

特にカスタマイズは気になる要素ですね。
武器、ボディ、エンジンの3つを組み合わせて機体をカスタムできるように見えます。
luftrauser03_R
プレイムービーを見た感じ、ショットが5wayになったり、機体の前後から撃っていたりと、カスタム次第でかなり変化しそうですね。

Steam版以外にもPS3にPS Vita版もリリースされるとのことですが、日本では…。
『LUFTRAUSERS』は3月19日に$9.99で配信予定。今なら10%オフになっています。

LUFTRAUSERS
Steam:LUFTRAUSERS

スポンサーリンク

フォローする