【新・世界樹の迷宮】体験版にそなえてゲームシステムや内容をひとまとめ

6月27日発売予定の『新・世界樹の迷宮』は、19日に体験版が配信されます。一足先にゲームの内容を確認しておきましょう。

2013-06-17_2119_R.jpg

新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女

「世界樹の迷宮」シリーズの新作『新・世界樹の迷宮』の発売まであとわずか。6月27日の発売に先駆けて、19日に体験版が配信されます。

「世界樹」シリーズは1~4までリリースされていますが、今回はナンバリングではない「新」世界樹。いつもの「世界樹」とはちょっぴり違ったところもあるようなので、ここまでに公開されている情報についてまとめてみました。

体験版のセーブデータは製品版に引き継げる

6月19日に配信予定の体験版は、セーブデータを製品版に引き継げるとのことです。たしか『世界樹4』のときもそうでしたね。

引き継げるということは、ゲームの序盤をそのまま体験できそうです。『新・世界樹』ならではの新要素も一通り確認できるようになっていると期待したいところ。

2013-06-17_2104_R.jpg

従来の「世界樹」シリーズでは、キャラクターを自由に作成して育成するゲームでしたが、今回はキャラクターが固定ということで、パッと見はいつもの「世界樹」っぽいですが、方向性は大きく違っています。このあたりは、開発者ブログでも語られています。

TRPGの観念ですが、これまでの世界樹は「キャラクターメイキング型」であり、新・世界樹は「プレロールドキャラクター型」であると。

新・世界樹の迷宮ブログ | 【小森D】第1回:開発者ブログ、スタートです。

ゲームシステムやバランス調整など、「世界樹」的な”ノリ”は引き継がれていると思いますが、固定キャラクターとなることで、どのくらいプレイ感に変化が生まれるのかがポイントになりそうです。これは体験版で実際に触ってみて確認するしかありませんね。

また、『新・世界樹』で新しくなったのは固定キャラクターだけではありません。システム面でもいろいろと追加、変更があるようなので、確認しておきましょう。

システム関連は以下のシステムPVを見れば早いかも。

『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』システムPV – YouTube

新システム「グリモア」

「グリモア」はスキルを石にしたもので、装備することで他キャラのスキルが使えるようになるシステムのようです。

2013-06-17_2142_R.jpg

他キャラのスキルだけでなく、敵のスキルも使えるようになるようで、その数200種類以上とか。

キャラクターが固定メンバーになる分、自由度が下がると思いきや、これまで以上に自由度が高まるかもしれないシステムですね。サブクラスよりも選択の幅が広くなりそうです。

「あっ、このスキルはこっちのキャラに使わせたほうが強いじゃん!」ってことで、いらない子が出てきてしまう、なんてことあるわけないじゃないですか。フレドリカちゃんに限ってそんなことはない…と思う、たぶん。

新システム「ギルドハウス」

新しく追加される街の施設が「ギルドハウス」。前述の「グリモア」の管理などを主に引き受けているようです。

2013-06-17_2144_R.jpg

公式のスクリーンショットなんかを見てる感じでは、料理を食べてパワーアップとか、「グリモア」の合成なんかもできるようですね。

訪れる頻度がなかなか高そうな施設のようですね。今回は固定メンバーなので、冒険者ギルドに変わる施設ということなんでしょう。

また、ギルドハウスの管理人と仲良くなることでプレゼントがもらえたりするみたいです。ギルドハウス担当のNPCがかわいい子で本当によかった。(おっさんからは目をそらしつつ)

その他 便利そうなオプションとか

『新・世界樹』では、これまで以上に快適で遊びやすくするための作りこみがされているようです。

2013-06-17_2145_R.jpg

まず、移動やバトルの高速化ができるようです。プレイヤーにとってこれほどありがたい機能はありませんね。移動は倍速、バトルは倍速どころじゃないくらい速い感じ。

次に、オートマッピング機能の搭載。「世界樹」といえば方眼紙にマッピングしていく感じが特徴的でしたが、今回は歩いたところを自動でマッピングできるオプションがあるようです。

オプションには、上記の高速化やマッピング以外にも、キャラクターの立ち絵やボイスを閲覧できるギャラリーとか、BGMを生演奏と昔のゲーム機風で切り替えできたりと、かなり充実してそうです。

難易度は3段階に設定可能。ピクニック、スタンダード、エキスパートの3つから選べるようです。ゲーム中のいつでも変更可能っぽいですね。

初代「世界樹」リメイクとなるクラシックモード

これは体験版に収録されているかどうかわかりませんが、『新・世界樹』には、初代『世界樹の迷宮』が遊べるクラシックモードが搭載されています。

2013-06-17_2213_R.jpg

クラシックモードは初代『世界樹』をリメイクしたもの。グラフィックやUIは最新のもので、初代が遊べる感じっぽいですね。

1本で2度遊べるとはお得感バリバリですね。ゲームバランスの再調整なども気になるところですし、じっくり長く遊べるタイトルになりそうです。とかいいつつ倍速でかっ飛ばしてそうですが。

先着購入特典はサントラ

「ここでしか聞けない曲を収録したサントラ」ってやつに弱いので即予約完了したわけですが、「世界樹」の特典サントラといえば、音楽以上に中身のイラストが気になるところです。

img_cd_R.jpg

キャライラストの日向氏が毎回、中にとっても愉快な漫画が描かれているので楽しみの1つになっています。

あー、またししょーが新キャラで1番目立ってるフレドリカちゃんを叩いたりするんだろうなー、なんて考えるとしんぼうたまりません。むしろこっちを体験させてください。いややっぱ嘘です。

そんなわけで体験版は6月19日配信、製品版発売は6月27日です。正座待機しましょう。

『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』オープニングアニメ – YouTube

スポンサーリンク

フォローする