【Star Wars バトルフロント】DLC第1弾「バトルオブジャクー」プレイレポート 新モードはスーパーカジュアルな突撃ゲーム

『Star Wars バトルフロント』の追加コンテンツ「バトルオブジャクー」は12月8日より無料で配信予定ですが、購入特典の先行アクセスコードで12月1日よりプレイ可能となっています。新たなマップだけでなく、新たなゲームモードも追加される太っ腹な内容を、さっそく体験してきました。さて、その内容は。

StarWarsバトルフロント バトルオブジャクーのプレイレポート

『Star Wars バトルフロント』は、いわゆる「旧三部作」(EP4~6)を舞台としていますが、「バトルオブジャクー」はEP6とEP7の間が舞台となっています。つまり、EP6の後、EP7の前。新作「フォースの覚醒」の舞台となる惑星ジャクーの過去が描かれているのです。

新マップ「巨人の墓場」は、見渡す限りの荒野に帝国のウォーカーや反乱軍のX-WINGなどの残骸が転がり、空では艦隊戦が続く中、墜落した巨大なスター・デストロイヤーが印象的。身を隠すための障害物は多いのですが、かなり開けたマップとなっています。もう1つの「ゴアザン荒野」は少人数制のゲームモード用のマップとなっているようですが、こちらはまだ未プレイです…マッチングしなかったので。

「巨人の墓場」が対応しているゲームモードは「ウォーカーアサルト」「スプレマシー」「ファイタースコードロン」などですが、目玉はなんといっても新ゲームモードの「ターニングポイント」でしょう。今回は「ターニングポイント」をプレイした印象を書いていきます。といいますか、DLCを導入した人としていない人でマッチングが分断されているため、既存ゲームモードではマッチが成立しづらくなっていて(Xbox One版)、まだ新マップでプレイできていません…。どうせ無料なんだから一斉配信でよかったのでは?

「ターニングポイント」は非対称な陣取りルール

新ゲームモード「ターニングポイント」は、攻守に分かれた非対称な陣取りルールです。攻撃側の反乱軍は指定された場所を制圧すれば勝利、守備側の帝国軍は制限時間まで守り切れば勝利となります。制圧すべき場所は複数ありますが、どれか1つでも制圧すれば次のフェーズに移行して前線が移動していく仕組みになっているので、「Battlefield」シリーズにおける「ラッシュ」のようなゲームモードになっています。

StarWarsバトルフロント ターニングポイント

開けたマップですが、乗り物は少なめ。反乱軍はエアスピーダー、帝国軍はAT-STのみで、後半フェーズにならないと登場しません。また、舞台がEP6の後であるため、ルークやベイダー卿といったヒーローもいません。(メニューの表示上はヒーローのアイコンも表示されているため、もしかしたら後々EP7のキャラクターが追加されるのかも) 

制圧の進行度は「スプレマシー」と同じように円状のゲージで表示されています。「スプレマシー」と違って、制圧の進行度が戻ることはありません。たとえば、反乱軍に5割まで制圧されると、帝国軍が拠点にいくら入っても進行度が戻ることはなく、5割のままとなります。なので、攻める反乱軍は、とにかく人員をかけて突撃を繰り返すことになります。これが「ターニングポイント」の特徴といえるでしょう。

かつてこれほど命の安いゲームがあっただろうか

陣取りルールではあるものの、エリア制限の厳しさから裏取り要素はほぼなく、ひたすら正面からのぶつかり合いとなっています。第1フェーズでは制圧地点が3か所ありますが、第2、第3フェーズでは2か所になり、最終の第4フェーズでは1か所と減っていきます。どれか1つを制圧すれば次フェーズへ移行するため、どの拠点を取るかの駆け引きはあるものの、最終的には正面からの撃ち合いに。というか、20対20による壮絶な小学生サッカー状態に。

StarWarsバトルフロント ターニングポイント
StarWarsバトルフロント 巨人の墓場

障害物に隠れて拠点を制圧しようとしても、サーマル・インプローダー(大爆発するグレネードで爆風は壁を貫通する!)がマップ上にたくさん落ちているため、隠れることなど許されない状況。なので、1デスと引き換えに制圧ゲージを1ミリ動かそう!というゾンビ戦術になりがち。幸い、デスにペナルティがなく、命の安いゲームですから、安心して突撃できます。突撃して潔く散りましょうぞ~。

そんなわけで「ターニングポイント」は、とにかく正面からぶつかって撃ち合うのみ、という単純明快な内容です。もともとシンプルな作りで、コアゲーマーだけでなく映画ファンを取り込もうとする意図が感じられた本作において、もっともカジュアルなゲームモードなのかも。ただ、裏取りなど対戦の駆け引き要素がほとんどないため、相変わらず底の浅い印象も拭えません。このままではフォースが覚醒する前に暗黒面に堕ちそうですが、大丈夫でしょうか。

Star Warsバトルフロント
Star Warsバトルフロント
posted with amazlet at 15.12.02
エレクトロニック・アーツ (2015-11-19)
売り上げランキング: 15
スポンサーリンク

フォローする