Steam一覧

「もぐらゲームス」にて、ドット絵系メトロイドヴァニア『Momodora: 月下のレクイエム』のレビューが掲載されました

しばらくぶりに寄稿しました。3月にリリースされたタイトルなのでやや時期をはずしている感もありますが、単にSteamのサマーセールで買ったというだけです。2D探索型アクション"メトロイドヴァニア"として非常に優等生な内容なので、このジャンルが好きな人はマストでプレイしておきましょう。

記事を読む

【INSIDE】レビュー 無言のディストピアが描き出す悪夢の物語

『Limbo』を手掛けたPlaydeadの新作『INSIDE』をクリアしたのでレビュー、もちろんネタバレは避ける方向で。カラーなのにモノクロのようなビジュアルと陰鬱とした雰囲気で、セリフもテキストもなく表現された世界観はまさにディストピア。パズル要素の強い2Dアクションな"雰囲気ゲー"といえばインディーゲームにありがちなコンセプトに思えますが、『INSIDE』では群を抜いたクオリティに仕上がっています。

記事を読む

【Mighty No.9】レビュー 加速したロックマンは新たな伝説となるか、ルーザーとなるか

あの「ロックマン」の生みの親の1人が「ロックマン」みたいなゲームを作るということで、Kickstarterに登場したときから大きな話題となった『Mighty No.9』がようやっとリリースされました。多くの資金提供者を集めるとともにストレッチゴールをことごとく達成したため、多機種対応やらオンラインモードやらの実現に向けて延期を重ねていた印象ですが、このたび無事に完成でございます。いやー長かった。

記事を読む

【Goat Simulator】DLC第3弾「Waste of Space」レビュー ヤギ宇宙へ

ヤギになってやりたい放題に遊べる『Goat Simulator』、有料DLCの第3弾が配信されました。ゾンビの「GoatZ」、強盗の「PAYDAY」ときて、今回は宇宙。もう来るところまで来た感あります。

記事を読む

「もぐらゲームス」にて、吐血しながら進むアクションRPG『Hyper Light Drifter』のレビューが掲載されました

寄稿した記事が掲載されました。レビューしたのは、見下ろし型のアクションRPG『Hyper Light Drifter』です。グラフィックと音楽が描き出す世界観、開発者の意図が滲み出るゲームシステムと難易度、どちらも高い完成度で仕上がっていて、めちゃオススメのタイトルとなっております。印象的なビジュアルなので、「どこかで見たことある」って人も多いのではないでしょうか。

記事を読む

【Enter the Gungeon】1stインプレッション ローグライク全方位シューティングの円熟を感じる仕上がりに死にまくり中

『Enter the Gungeon』、はじめました。ローグライクと全方位シューティングの相性の良さは『The Binding of Isaac』や『Nuclear Throne』などで証明済みですが、本作はそこに「弾幕」を取り入れ、よりエキサイティングなゲームに仕上げられている印象です。確立されたジャンルにおいてこの完成度は、もはや円熟期に入ったといえるのかもしれません。

記事を読む

【The Bug Butcher】レビュー 完成度の高いエキサイティングな現代版『SUPER PANG』

『The Bug Butcher』は、跳ねているエイリアンを撃てば撃つほど分裂して小さくなっていくアクションシューティング。どこかで見たことがあるような?と思った人がご明察、『SUPER PANG』に影響を受けたとのこと。元ネタと同じく、撃たなきゃクリアできないけど撃てば撃つほどリスクは増大していく基礎メカニズムで完成度は高く、さらに今風の要素で味付けしてエキサイティングに仕上げた現代版となっています。

記事を読む

【Goat Simulator: PAYDAY】レビュー 強盗とコラボした4人のヤギ(?)による悪行三昧

言わずと知れた「ヤギシミュ」こと『Goat Simulator』、この間は食パンとコラボしてたと思ったら、今度は『PAYDAY』とコラボしてます。強盗よりも遥かに破壊的な暴れっぷりをみせていたヤギですが、これ以上、何をしようというのでしょうか。さっそくプレイして確かめてみました。

記事を読む

【Fallout 4】レビュー 武器も家もガラクタを集めりゃ作れる~サバイバルな要素が追加された世紀末RPG

核戦争後の荒廃した世界を旅するRPG『Fallout4』をようやくクリアできました。といっても、分岐するシナリオの1つを最後まで見たにすぎず、プレイ時間も"まだ"40時間程度。すべてを遊び尽すのが不可能と思えるほどのボリュームと自由度に流されてひたすら遊んでしまいそうなのですが、ここらで1つ区切りをつけようじゃないか、とレビューを書いてみます。

記事を読む

【Intergalactic Race Warriors】ハイテンションな2D横スクロールのバトルレーシングがGreenlightに登場

SteamのGreenlightでよさげなゲームを見つけたのでご紹介。『Intergalactic Race Warriors』は2D横スクロールでレースというちょっと変わったジャンルですが、ブーストによるスピード感や武器による攻撃もあって、非常にハイテンションな内容がうかがえます。

記事を読む

【Shantae and the Pirate's Curse】レビュー ぐりぐり動きまくるドット絵が楽しい探索型2Dアクション

『Shantae and the Pirate's Curse』は「シャンティ」シリーズの3作目。といっても、前作、前々作は日本では未発売のため、馴染みのない人も多いかもしれません。かわいらしいキャラクターによく動くドット絵で探索型2Dアクションと、日本でもウケそうな要素が盛り込まれているものの、国内ではリリースされていませんでした。しかし、3作目となる今回は3DSにて日本語版のパッケージ版とダウンロード版が登場。やっと「シャンティ」が海を渡ってきたのです。

記事を読む

【Goat Simulator】【I am Bread】コラボのプレイレポート ヤギと食パンが出会うとき、世界は破壊される

今やバカゲーの代名詞となった「ヤギシミュ」こと『Goat Simulator』が食パンになってトースターを目指すゲーム『I am Bread』とまさかのコラボレーション。ヤギの世界に食パンが徘徊し、食パンの部屋にヤギがやってくる、というワケのわからなさ。ですが、お互いの特質を活かした実に真っ当なコラボレーションでもあります。

記事を読む

【Shovel Knight: Plague of Shadows】レビュー かつてのボスキャラクターが主人公の錬金術師アクション

『Plague of Shadows』は、ファミコン風のアクションゲーム『Shovel Knight』の拡張コンテンツ。本編のボスキャラクターだったPlague Knightを主役に据えたスピンオフとなっています。ステージは同じですが、ショベルを怪しい化学ボムに持ち替えたことでまったく違ったゲームに変化しているため、クリア済みの人もぜひプレイしておきましょう。しかも、このボリュームがなんと無料。

記事を読む

スポンサーリンク