【The Division2】ひと足お先にミニガンを構えてみた週刊ゲーム日記

シェアする

今週は『The Division2』のパブリックテストサーバー(PTS)にてテスト中のタイトルアップデート4を体験しておりました。目玉はなんといっても新スペシャリゼーションのガンナー。本来はシーズンパスを買うか、解放用のミッションをクリアしなければ使えないのですが、テストサーバーなので関係なく使えます。ありがたや。

しかし待てよ。ということは、このやったら面倒くさそうな解放用のミッション、誰もテストしないのでは…?

ともあれ、新たなシグネチャーウェポン・ミニガンです。デフォルトではダメージ20.9k、RPM1.0k、装弾数150発となっており、レートと弾数に優れたLMGといったところ。使用感は反動の強い設置機銃って感じでしょうか。みんなで揃ってワーッと撃てば楽しそうです。

タレントとして、シグネチャー弾薬ごとに最大50%のボーナスアーマーかつ1発当てるごとに1%のアーマー修復、という性能が付与されておりなかなか強そう。しかし、装備中はカバーもダッシュも乗り越えもできないため、諸刃の剣といった印象もあります。

生身でミニガンを構えるのはロマン。なので性能もややロマンティックに?

で、射撃場で試射してから実際に敵を相手に撃ってみようと思ったのですが…、なぜか弾薬が拾えず。ドロップはするのですが拾えないんですよね。いろいろ試してみたんですがどうやってもダメでした。シーズンパスもなく解放用のミッションもやらないエージェントはここまでということなのでしょうか。無念。

拾えないミニガン弾薬。まさに絵に描いた餅。

ガンナー追加に合わせて他のスペシャリゼーションのスキルツリーにも手が入っています。具体的にはどのスペシャリゼーションでも全種別の武器のダメージアップが選べるようになりました。今まではシャープシューターだとライフルしかダメージアップがありませんでしたが、これからはアサルトライフルだろうがLMGだろうが選び放題。おかげでビルドの幅がちょっと拡がりそうです。これなら「LMGだけでコントロールポイントを占拠せよ」みたいな面倒くさそうなガンナー解放ミッションも楽々クリア!とはなりませんか。なりませんね。

左下の武器ゾーンだけでポイント制限があるものの、3種類MAXにできるので問題なし。マークスマンもあるよ!

 

[CAW] M134 ミニガン
[CAW] M134 ミニガン

posted with amazlet at 19.06.09
CAW
売り上げランキング: 663,869
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク