【Mercenary Kings】Steamで正式リリース スコピル風ドット絵のメタスラ系2Dアクション

2013年7月から早期アクセスが実施されていましたが、正式リリースとなりました。
『Mercenary Kings』は「メタルスラッグ」を彷彿とさせる繊細なドット絵の2Dアクション。
豊富なミッションとカスタマイズ要素もあるようです。
Mercenary_Kings01_R
Mercenary Kings
Steam:Mercenary Kings

『Mercenary Kings』はジャンプ&ショットの「メタスラ」系2Dアクション。
よく動くドット絵、という意味でも「メタスラ」を彷彿とさせますね。

グラフィックは「Scott Pilgrim vs. The World game」のPaul Robertson氏なので、見覚えのある人もいるんじゃないでしょうか。他にも「スコピル」のスタッフが開発チームに参加しています。

100以上のミッションに300種類以上の武器カスタムパーツとのことで、なかなかボリュームもありそうです。

Mercenary Kings – Launch Trailer (Steam) – YouTube


本作はKickStarter発で、Steamの早期アクセスを経て今回正式リリースになりました。
KickStarterのストレッチゴールではオンラインCOOPモードの実装まで金額が届いてなかったように思うのですが、結局オンラインCOOPモードが実装されているみたいですね。

参考:【Mercenary Kings】メタスラを彷彿させるドット絵な横スクロールアクション
Mercenary_Kings02_R
Steam版はWindowsとMacに対応。PS4向けにも4月1日に配信予定とか。
対応言語のところ、インターフェースのみ日本語サポートにチェックが入ってますね。

お値段は$19.99ですが、現在は25%オフの$14.99になっています。セールは4月2日まで。
Steam で 25% オフ:Mercenary Kings

スポンサーリンク

フォローする