【Titan Souls】1本の矢だけで戦う即死のフリーゲーム PCやPS4、PS Vitaへの展開も

ドット絵でトップダウンなビジュアルはかわいらしく見えますが、中身は非情な即死ゲー。敵に触れるだけで即死の主人公に対して敵も一撃で即死。でも攻撃手段の矢は1本のみ、というアクションです。ブラウザで動くフリーゲームですが、PC版やPS4、PS Vita向けの開発も進んでいるようです。

TitanSouls 1本の矢だけで戦うフリーゲーム

一撃で倒せるからといって矢を1本しか持っていかないのは準備不足なのではないでしょうか。

『Titan Souls』はブラウザで動作するフリーのショートゲームです。タイトルのとおり、何度も死にながら”巨人”を倒す、という「ワンダと巨像」と「ダークソウル」を組み合わせた内容になっています。以下のURLから遊べます。

TITAN SOULS by ClawMark

操作は方向キーまたはWASDキーで移動、[Z]キーで前転、[X]キーで矢を撃ちます。前転は歩くよりも高速で移動できますが、無敵はないっぽいです。

本作で独特なのが1本しかない矢。矢を撃った後、もう1度[X]キーを押すことでゆっくりと矢を引き寄せます。矢はこの1本しかないので、拾って何度も使うわけです。落ちている矢に触れられれば引き寄せなくても拾えるので、状況に応じて使い分けることになります。

TitanSouls

矢を撃って拾うのを繰り返すなんて面倒、と思われるかもしれませんが、敵の巨人たちも大体一撃で死ぬのでうまく当てればいいのです。もちろん、そうカンタンにはいかないわけですが。こちらも即死ですからね。

スタート地点から3方向に配置された巨人たちをすべて倒すことで、最後の神殿の扉が開き、その中でちょっとしたイベントがありゲームは終了。即死ゲーなのでなかなか大変ですが、短時間でクリアできるでしょう。

TitanSouls

ところで、この『Titan Souls』をパワーアップさせたバージョンが開発進行中のようです。ブラウザゲームではなく、PC、PS4、PS Vita向けになるそうで、先のE3 2014でも展示されていたとのこと。

変更点はまず巨人の数が増えていること。その数なんと20体とか。もちろん種類も増えているので1体1体死にまくりながら攻略することになるでしょう。1本の矢だけでやりくりする点は変わらないようですし。グラフィックもブラウザ版から引き続きのドット絵ですが、より繊細な描画になっていますね。

E3 2014でのプレイ動画を含む開発者インタビューはこちら。

TITAN SOULS Interview – E3 2014 – YouTube

情報元:Titan Souls makes you feel tiny as you take on the biggest bosses – Destructoid
Titan Souls gameplay video and interview, E3 2014 | Polygon

スポンサーリンク

フォローする