ゲームの中でゲームをするゲーム【Atum】を体験してみた

PCの前に座ったプレイヤーとなってゲームをプレイする、という一風変わったインディーズゲーム『Atum』。ブラウザ上で動く体験版が公開されていたので実際にやってみました。

2012-10-30_1754_001_compressed.jpg

ゲームの中でゲームをする、なんて聞くと、真っ先に『女神転生Ⅱ』のデビルバスターが思い浮かぶのは世代の問題でしょうか。

公式サイト:Atum

上記の公式サイトでは、ブラウザ上で動作する体験版が公開されている。最初の読み込みが重たいけど、起動してしまえば問題なく遊ぶことができました。

『Atum』では、プレイヤーはPCの前に座る人物となり、目の前のPC上で動いているゲームをプレイする、という内容だ。ここで面白いのは、ただキーボードを叩くだけではなく、PC前におかれているさまざまな道具を活用することで、PC内のゲームを進めることにある。

たとえば、こんなふうに「暗くて前に進めない!」というときは…

2012-10-30_1751_compressed.jpg

ライターの火をかざすとこのとおり。暗闇が照らされ、前に進めるようになる。

2012-10-30_1751_001_compressed.jpg

他にも、監視カメラが邪魔をするときは…

2012-10-30_1752_compressed.jpg

タバコの煙をつかって監視カメラを邪魔してやればいい、というワケ。

2012-10-30_1752_001_compressed.jpg

電池を使って機械を動かしたり。

2012-10-30_1755_compressed.jpg

磁石を使って重たい箱を動かしたり。

2012-10-30_1758_compressed.jpg

PCの周りを見渡すこともできる。ゲームが進行すれば、もっと多くの道具が必要になるのかもしれない。

2012-10-30_1754_compressed.jpg

動画はこちら。『ブレードランナー』やフィリップ・K・ディックの『タイムスリップ』などにインスパイアされたというグラフィックも素敵。

Atum Trailer – YouTube

情報元:PCの前に座ったプレイヤーとなってゲームをプレイするユニークなインディーズ作品『Atum』 – Game*Spark

スポンサーリンク

フォローする