【新・世界樹の迷宮2】レビュー 遊びやすさ重視のダンジョン探索RPGは正当進化な続編だった

『新・世界樹の迷宮2』をクリアしたのでレビュー。前作からコンセプトを引き継ぎ、固定キャラクターによる賑やかなイベント満載、かつ、コアな迷宮探索とバトルを楽しめる古典的RPGになっています。新要素はどれもうまく機能していて、まさに正当進化を遂げたといえる続編でした。

新・世界樹の迷宮2 レビュー

ちびちび進めていた『新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士』、やっとクリアしました。クエストを消化しつつ進めていたのでクリア時のレベルは61前後、時間は50時間程度でした。6層?裏ボス?いえ、知らない話ですね…。

本作は「新・世界樹」シリーズの続編で、固定キャラクターによるストーリーを採用したリメイクというコンセプトを継承しています。イベントもバトルもボイス付きで賑やかになっていることも変わらず。

不便なところにこそ楽しみを見出だそうとする「世界樹」シリーズのコンセプトに半ば逆行する形で遊びやすさを追求した「新・世界樹」シリーズの中において、完成度重視で安定の続編、という印象です。コンセプトはそのままに、完成度を高める方向で作られている感じ。とはいえ、いくつかの新要素はどれもキレイに組み込まれているため、新鮮味もそこそこ。といっても概ね「世界樹」なので、堅実な続編でしたね。

新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 公式サイト

キレイに組み込まれた新要素たち

新・世界樹の迷宮2 フォースブースト

『新・世界樹2』の新要素は、グリモア関連の改善、料理と都市開発、フォースブースト、の3点。どれも大きくゲームの雰囲気を変えているわけではありませんが、「世界樹」っぽさを損なわない範囲で新しさを出せています。

この3つの新要素についてはすでに1stインプレッションでも書いていました。

【新・世界樹の迷宮2】1stインプレッション 新要素が生み出す途切れないプレイサイクルが新感覚
『新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士』はじめました。体験版からデータを引き継いだのでサクサク進んで現在2層の8階に到達。体験版では体験できなかった要素であるグリモアのトレードやリサイクル、そして都市開発や料理の宣伝など、やれることが一気に増えたことで、忙しくも楽しい内容になっています。

要約すると、元が煩雑だったグリモア周りはスッキリと整理され、料理と都市開発は投資による利益という新たな楽しみを生み出し、フォースブーストはボスバトルの流れを大きく変えています。

中でも特に新しさを感じるのはフォースブーストでしょうか。従来のブーストではゲージが溜まったら1ターンだけ強化、という扱いでした。しかし今回は強化状態が3ターン継続する上、自動追撃や支援スキルの全体化など追加効果も強力なため、戦術的に非常に重要なシステムになりました。ただの必殺システムというわけではなくなっているのです。それに合わせてボスも強力になっているため、戦いながらゲージを溜めて何度もブーストを狙うといった新たな戦い方が構築されています。こちらが強くなった分、相手も強くなっているので楽しいですね。

ゲームというものは、シリーズが長く続けば追加要素が増えていき、どんどん複雑かしていく傾向があるわけですが、「新・世界樹」シリーズは遊びやすさがコンセプトの1つに含まれるでしょうから、複雑化はコンセプトに反します。そこで『新・世界樹2』では、新要素を追加しつつも複雑化はしないくらいの絶妙なラインをうまく渡りきったように感じます。お見事。

そろそろパズル以外のスパイス求む

新・世界樹の迷宮2 ラスト直前

新要素がうまく新しさを与えている一方で、旧作からの要素がそろそろマンネリに突入していることも否めません。といっても、ゲームのコアであるダンジョン探索の部分やスキルメインのバトル、スキルツリー型の育成など、RPGのメインの部分に不満はありません。個人的に不満を感じるのはFOEとの鬼ごっこパズル。

たしかに、ダンジョンの探索とバトルだけでは単調になってしまうでしょうから、スパイスとしてパズル要素を加えるのはよい手法でしょう。ただ、『新・世界樹1』『ペルソナQ』そして今回『新・世界樹2』と、ずっとFOEとの鬼ごっこパズルをやっている印象です。それも毎フロアに何度も何度もあるので、さすがにやりすぎじゃないかと。後半になればなるほど難易度が上がり、一歩間違うだけでアリアドネの糸を使って帰還、ということの繰り返しに終始していると、なんともいえない感情が湧き上がってくるのが正直なところです。

もうパズル要素がスパイスの域を越えてメインディッシュになる勢い。パズルじゃなくてRPGがやりたいんです。というか、こんなに多くパズル要素をいれなくてもRPGの部分だけでも十分楽しいんですよ。もっとRPGの部分の出来のよさに自信をもっていただきたいところです。

完成度を高めた正当進化な続編

新・世界樹の迷宮2 いろいろあった

『新・世界樹2』は総じて正当進化な続編でした。新要素だけでなく、細かな改善点などを挙げるとキリがないほどで、前作『新・世界樹1』と比べても遊びやすくなっています。

新要素は上手に噛み合っているため、というか、上手に噛み合いすぎているため、まったくといっていいほど新鮮味を感じないかもしれません。なので、新しさや新鮮味を求めている人には向かないかもしれませんね。

とはいえ、完成度の高いRPGを求めているのであればオススメできる1本です。ダンジョンを探索し、少し油断すれば一瞬で全滅する可能性もあるバトルを潜り抜け、スキル構成に頭を悩ませ、万全の体制で挑んだボス戦であっけなくわからん殺し…。そんな「世界樹」を求めているなら間違いなく楽しめることでしょう。

新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 新・世界樹の迷宮2
アトラス (2014-11-27)
売り上げランキング: 433
スポンサーリンク

フォローする