【Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー】レビュー

シェアする

そこのアナタ、ちょっとライトセーバー振ってみたくありません? 振り回してみたいですよね? ですよね! いやー、人類ならライトセーバーをブォンブォン振り回してスペースチャンバラしたいと思うのは当然ですよねー。今日はそんなアナタに朗報があるんです。思う存分ライトセーバーを振り回せるゲームがあるんですよ。さらになんと今ならフォースの力までついちゃう! これはもうジェダイになるしかありませんね。

暗黒時代を生きたジェダイがまた1人

『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』は映画のエピソード3と4との間の時代が舞台となっています。帝国の粛清によってジェダイが表舞台から消えていた暗黒時代ですね。そんな中、かつてパダワンだった主人公のカル君がジェダイ・オーダーを復活させるため、星々を巡って冒険を繰り広げ、やがてジェダイトして覚醒していく…、というのが本作のストーリー。宇宙を股にかける冒険活劇であり、主人公の成長物語でもある、という王道な感じです。時代設定が時代設定なので結末がどうなるのかとハラハラさせられましたが…、結末は自分の目で確認してみてください。『ローグ・ワン』のような話ではないとだけ申し上げておきましょう。

随所に溢れる「Star Wars」っぽさ

本作は「Star Wars」のゲームですから全体的にすごく映画っぽいゲームになっています。といっても、カットシーンやQTEばっかりという意味ではありません。ダイナミックな映像と音楽の合わせ技によってまるで映画の主人公を操作しているような体験になっているという意味です。感覚的には「アンチャーテッド」シリーズが近いでしょうか。落下しそうになって壁に掴まったらその壁が崩れてきたので慌ててロープを掴んで隣の足場に飛び移る…、といった感じのアクロバティックなアクションですね。そこにフォースの力を使ったギミックも加わり、「Star Wars」の世界を冒険してる感が演出されているのです。プレイ中に何度も「うひゃー、Star Warsっぺえ~」ってなりました。やっぱりジェダイはぶら下がってナンボです。

ライトセーバー・チャンバラ・アクション

本作で特筆すべきはライトセーバーでのアクションでしょう。映画さながらのライトセーバーをブォンブォンできます。ストームトルーパーのブラスターなど感嘆に弾き返せますし、ライバルとの戦いでは火花を散らしてチャンバラが可能です。これですよこれ。これがやりたかった。最高。

しかし、カル君はジェダイではなくパダワン。帝国から逃げ隠れていた時期も長くブランクもある。だからなのかどうかはわかりませんが、接近戦用の装備をしたストームトルーパーに苦戦することも珍しくありません。特に多勢に無勢となると非常に厳しい。ジェダイも数には弱いですからパダワンなら尚のこと。自慢のライトセーバーでバッサバッサとはいきません。というのも奴ら、ガードが堅いんですよね。だからただライトセーバーを振り回すだけでは倒せないのです。攻略のカギを握るのはパリィです。パリィを信じよ。

本作のパリィはタイミングよくガードボタンを押すことで成立するため、リスクはそれほど高くありません。タイミングはシビアですが、決まれば勝負アリなので非常に強力。実は本作のパリィ、ゲームの難易度によってタイミングが変わる仕様になっています。難易度を下げれば受け付けはゆるく、上げれば厳しくなる、といった感じ。これはすごくいい調整ですね。なんにせよ、パリィを狙いながらディフェンシブに立ち回るスタイルが正統派の攻略となりそうです。オビ=ワンかな?

アナタのライトセーバーは何色?

ちなみに、ライトセーバーをカスタマイズできる要素もあります。性能には影響がなく、見た目の変更だけなのですが、色はもちろん束の上から下まで細かく変えることが可能。ゲーム中は刃の色以外あまり見えないとはいえ、自分だけのライトセーバーを組み立てている感じでテンション上がります。やはりジェダイたるもの、自分のライトセーバーは自分で作らなくては。

フォースと共にあれ

物語の中で「ジェダイとは何か? ライトセーバーを持っていることか?」などと問いかけられるのですが、当然そうではありません。フォースの力も忘れてはいけませんからね。いや、この問いへの答えはジェダイとしての心意気とかそういう話なんですけども。ともあれ、フォースの力は大事です。念力で押したり引いたりスローにしたりして戦いを有利に進められます。直接ダメージになるわけではありませんが、あるとないとでは大違い。ゲージを消費するだけあってどれも強力です。モリモリ使ってそこらのザコ兵と主人公との差を見せつけてやりましょう。

活路を開くのもやはりフォース

フォースの力は戦いだけでなく探索にも活用します。ブランクのせいでいろいろと忘れているカル君ですが、冒険の中でフォースの使い方を徐々に思い出していきます。フォースで押すこと思い出せば壁を壊せるようになり、引くことを思い出せば垂れ下がったロープを引き寄せられるようになり、だんだんと探索範囲が拡がっていく感じ。中には複数の能力を組み合わせて謎解きをする場面などもあります。ヒントは少なめなので戸惑うこともありましたが、フォースを信じれば道は拓けます。迷ったらフォース。ジェダイなんて、そんなんでいいんだよ。

探索はソウルライクな一面も

探索するマップは意外と入り組んでいて複雑。マップは高性能なのですが、それでもちょくちょく迷子になることも。ファストトラベルはなく基本は徒歩で、ショートカットを開通させながら探索を進めることになります。チェックポイントとなる「瞑想」できる場所では、体力の回復や回復アイテムの補充もできるものの、同時に敵が再配置されてしまう仕様になっています。なんというか、このあたりはすごくソウルライクですね。曲がり角から敵が不意打ちしてきたりすると、何もそこまでソウルライクにしなくても…、と思わなくもない。

ライトセーバーを振り回したいアナタへ

そんなわけで『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』はライトセーバーを振り回したい人や「Star Wars」の新たな物語を見たい人、それからあの世界を冒険したい人にオススメの1本です。これまでEP3~4の時代を舞台としたゲームといえば『Star Wars the Force Unleashed』があったわけですが、フォースの力で大暴れしたいなら『the Force Unleashed』、ライトセーバーでチャンバラしたいなら『ジェダイ:フォールン・オーダー』って感じでしょうか。どちらも良作なので、ジェダイを目指すならぜひプレイしておきたいところです。それでは、フォースと共にあらんことを。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク