アクション一覧

【とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)】でその幻想をぶち殺されたのでその幻想をぶち殺した週刊ゲーム日記

今週も「バーチャロン」で遊んでいました。ストーリーも終わったのでランクマッチの海へと乗り出しました。トランジションを含む新たなムーブ、ポイント制の導入された駆け引き、そしてブーストウェポンという問答無用の逆転要素。どこを見ても新しい要素ばかりのなか、ボクのような老兵が生き残ることはできるのでしょうか。

記事を読む

【とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)】でまずはストーリーを堪能した週刊ゲーム日記

まだまだ寒い日が続きますがチャロナーにとっては新しい季節が幕を開けました。ついに、ついに新作が出たんですよ! 生きててよかった…。発売日にはさっそく対戦やミッションを堪能して新作の喜びを噛みしめておりました。とはいえ、せっかくのコラボレーションタイトルですし、前の小説を読んだ身としてはストーリーも気になるところ。というわけで、まずはストーリーを最後まで遊んでみました。

記事を読む

【スーパーマリオ オデッセイ】寒さに震えてコントローラーを振り回せなかった週刊ゲーム日記

ここ数日の寒さに震えてゲームもままなりません。が、こんなときにこそSwicthの携帯機モードです。布団の中でぬくぬくゲームができます。しあわせ。『ゼルダBotW』もクリアできたので次は『マリオオデッセイ』を進めています。先月Swicth本体を買ったときにセットで付いてたヤツです。なので、めちゃくちゃやりたかったというわけでもないんですが、プレイしてみるとやっぱり楽しい。

記事を読む

【とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)】体験版インプレッション 「バーチャロン」だけどまったく新しくて、新しいけどバッチリ「バーチャロン」

その幻想が現実になりつつあります。「とある魔術の禁書目録」とのコラボレーションで遂に実現した「バーチャロン」シリーズの新作『とある魔術の電脳戦記(バーチャロン)』、体験版が配信されたのでさっそくプレイしてみました。今になって新作が出るというのはチャロナーにとって夢のような出来事でありますが、これは現実。しかも、きっちり「バーチャロン」してるのにバッチリ新しいときています。最高では。

記事を読む

【Shadow of War】ですべての城を攻め落としたけどまだ終わらなかった週刊ゲーム日記

引き続き『Shadow of War』でオークと戯れています。今作の目玉である攻城戦がストーリーにも大きく絡んでいるため、ずっと砦を攻めまくっていた気がします。敵の幹部を順番に1人ずつ沈めていって、外堀が埋まったところで砦へGO。ザコしか残っていない砦で大暴れしたら本陣でボスに大苦戦、という流れが毎度のパターンとなっております。たった1人で本陣に切り込んでは逃げ回りながら矢を射ているのがうちの大将です。勝てばよかろうなのだ。

記事を読む

【Shadow of War】で洗脳したオークに世話を焼かれた週刊ゲーム日記

先週から引き続き『Shadow of War』をプレイ中です。実はあんまり進んでいません。南極でヒホヒホしていたことが理由なんですが、それはそれとして。タリオンさんがようやくオークを手懐けられるようになったので、見かけたオークは片っ端から洗脳してまわっております。もう戦う必要はありません。話せばわかるのですから。いや、話す必要もなかった。にしても、最初に洗脳したボス格のオークさん、ちょっと世話焼きすぎじゃないですか?

記事を読む

【真・女神転生 シンクロニシティ プロローグ】レビュー ジャックフロスト&ランタンが挑むメガテン版メトロイドヴァニアはネタではない完成度だったホ

『真・女神転生 ディープストレンジジャーニー』のPVで嘘ネタとして挿入されていたジャックフロストとジャックランタンのアクションゲームが本当に遊べるゲームになってリリースされました。その名も『真・女神転生 シンクロニシティ プロローグ』。ネタにしては妙に出来がいいように見えましたけど、まさか本当に作っていたとは…。しかもこのゲーム、なんと無料です。初回特典とかクリア後のオマケとかではなく、正真正銘の無料。マジか。

記事を読む

【Shadow of War】でオークと戯れる生活を再開した週刊ゲーム日記

モルドールへ戻ってきました。『Shadow of War』は『Shadow of Mordor』の続編です。やることは前作と大体同じで、オープンワールドに溢れかえったオークたちを相手にステルスと弓と超カッコイイ殺陣で暴れまわるアクションゲームとなっております。主人公のタリオンさんはどんな壁でもよじ登り、どんな高さから落ちてもビクともしない超人なのは前からですが、今回は2段ジャンプや高速ダッシュを追加されたのでさらに快適に駆け回れるようになりました。テキトーに暴れていい世界って本当ステキ。

記事を読む

【RUINER】レビュー サイバーパンクとしては最高だがゲームとしてはなかなかパンク

サイバーパンクな見下ろし型シューター『RUINER』をレビュー。電脳にハッキングに義体にネオンの光が彩る雑踏。サイバーパンク120%のレンゴクシティを舞台に、兄を連れ去ったヤツらを相手に銃とブレードでバイオレンスに立ち回る内容となっております。バリバリ撃ちまくりながらビュンビュン避けていると音楽の効果も相まってトリップするような気持ちよさが体験できるのが本作最大の魅力。…ですが、ゲームとして難点がないわけでもなく、万人にはオススメしづらい感じかも。

記事を読む

【Fight'N Rage】レビュー ベルトスクロールアクション好きのベルトスクロールアクション好きによるベルトスクロールアクション好きのためのベルトスクロールアクション最新作!!!

2017年にしてベルトスクロールアクションの集大成ともいうべき新作がリリースされました。その名は『Fight'N Rage』。"Rage"といえば「Streets of Rage」、つまり「ベアナックル」を連想してしまいますが、どちらかといえば「ファイナルファイト」や「エイリアンVSプレデター」など、往年のカプコンタイトルを彷彿とさせる内容になっています。それどころか、「ストリートファイターZERO3」や「龍虎の拳」といった格闘ゲームの要素も入り乱れており、むしろ90年代のゲーセンを集約したような印象すらあります。それだけ数多くの要素がブチ込まれているにも関わらず、ベルトスクロールアクションとして真っ当に出来がよい。これはもう奇跡といっていいのでは。

記事を読む

【Fight'N Rage】でベルトスクロールアクションの愛に包まれた週刊ゲーム日記

先週から引き続き今週も『Fight'N Rage』をやってました。もうずっとやってます。だってさ、ベルトスクロールアクションの新作だぜ? しかもこんなにガッチリ作り込まれてる。往年のタイトルからのオマージュ詰め合わせ状態で開発者の"ベルトスクロールアクション愛"をヒシヒシと感じずにはいられないわけですから、こちらとしてはプレイで受け止めるしかないでしょう。

記事を読む

【Fight'N Rage】で往年のベルトスクロールアクションを懐かしんだ週刊ゲーム日記

ベルトスクロールアクションの新作が登場したと聞いて、さっそく『Fight'N Rage』をプレイ中です。ベルトスクロールアクションと聞くと「ファイナルファイト」をはじめとした往年のカプコンタイトルが思い起こされるところですが、そんな中でも本作は歴代ベルトスクロールアクションのあれやこれやが詰め込まれたリスペクトの塊みたいなゲームになっております。これはもはやリスペクトではなくラブではなかろうか。

記事を読む

【Brigador】で無意味に街を破壊しまくる傭兵になった週刊ゲーム日記

日本語に対応したとの情報から知った『Brigador』を一目惚れして即購入。SFな世界でロボットや戦車に乗ってドッカンドッカンするアクションシューティングです。クォータービューでミリタリーチックな雰囲気からどことなく「フロントミッション」を彷彿とさせますが、ストラテジーではなくアクションです。そう、このグラフィックでロボを動かせてしまうんです。なんたる喜び。

記事を読む

スポンサーリンク